ダニー・カソラロの謎の死:政治的陰謀を解き明かす

Danny Casolaro. By unknown - http://survivethejivealive.blogspot.com/2010/06/death-of-reporter-danny-casolaro.html, http://www.newsmakingnews.com, http://nationalcorruptionindex.org/pages/profile.php?profile_id=264, Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=18893679
マーティン・シド
マーティン・シド

1991年夏、調査報道ジャーナリスト、ダニー・カソラロの不可解な死に世界中が震撼した。ウェストバージニア州マーティンスバーグのホテルのバスタブで死体となって発見されたカソラロの死は、政治的隠蔽工作の可能性について疑問を投げかけた。彼が殺されたのは、極めて微妙な政治的陰謀を暴こうとしていたからなのか?

生い立ちとキャリア

ダニー・カソラロは1947年6月16日、バージニア州マクリーン生まれ。カトリックの家庭に育ち、若い頃から執筆と調査報道への情熱を燃やした。プロビデンス・カレッジで学んだ後、アマチュア・ボクシング、詩や短編小説の執筆、純血種のアラビア馬の飼育などのキャリアを積んだ。カソラロはまたジャーナリズムにも手を出し、キューバにおけるソ連海軍の駐留や、中国共産党組織による米国へのアヘン密輸などのテーマを探求した。

1970年代末、カソラロはコンピュータ業界に焦点を移し、コンピュータ業界の業界誌を次々と買収した。しかし、1990年代初頭にジャーナリズムに戻ることを決意し、米司法省が関与したソフトウェア・スキャンダル、インスロー事件に関心を持つようになった。

インスロー事件

インスロー事件は、PROMIS(検察官管理情報システム)と呼ばれるプログラムを開発したインスロー社というソフトウェア会社をめぐるものだった。PROMISは、法執行機関の事件管理を合理化するために設計された。1980年、米司法省はインスロー社の主要顧客となったが、関係はすぐに悪化した。

インスローの創業者であるウィリアム・ハミルトンによると、司法省はインスローからの支払いを差し控えるようになり、同社は倒産に追い込まれた。その後、カナダ政府もインスローのソフトウェアを適正な支払いなしに使用していたことが発覚した。このため、インスローと司法省の間で、盗まれたソフトウェアと財務上の不正の疑いで法廷闘争が始まった。

ダニー・カソラロの調査

ダニー・カソラロは、インスロー事件は氷山の一角に過ぎないと考えていた。彼は、この事件はアメリカの腐敗した役人、組織犯罪、諜報機関が関与する、より大規模で相互に結びついた陰謀の一部だと考えていた。カソラロはこの巨大なネットワークを “タコ “と呼んだ。

カソラロは調査によって、インスロー社のオーナーであるビルとナンシー・ハミルトンに話を聞くことになった。彼はCIAに勤務しており、インスロー社のソフトウェアの販売に関する違法行為を知っていると主張した。Riconosciutoは、ソフトウェアの販売で得た資金がニカラグア、中央アメリカ、中東での秘密活動の資金源になっていると主張した。

インスローのスキャンダルが広まるにつれ、議会も注目し始めた。1989年8月、下院司法委員会は正式な調査を開始した。カソラロは真実を暴く好機と捉え、証拠集めと聞き取り調査を開始した。しかし、マイケル・リコノスキートが委員会の調査員に自分の話をした直後に麻薬容疑で逮捕されたことで、彼の調査は暗転した。

それでもカソラロは調査を続け、リチャード・ニクソン大統領時代の元司法長官エリオット・リチャードソンと面会した。リチャードソンは、インスローの事件はウォーターゲート事件で明らかになったどの事件よりも不吉な陰謀をめぐるものであり、その影響は広範囲に及ぶと考えていた。

ダニー・カソラロの死

1991年8月10日、ダニー・カソラロはウェストバージニア州マーティンズバーグのシェラトン・ホテルの浴槽で死んでいるのが発見された。正式な死因は検死官によって自殺と断定された。しかし、カソラロの家族や友人たちはこの結論に懐疑的で、悪事を疑った。

警察の報告書によると、バスタブからは遺書と剃刀が1本見つかった。カソラロの手首には12カ所の深い切り傷があり、左手首に8カ所、右手首に4カ所あった。そのうちのひとつは腱を切断するほどひどい切り傷だった。カソラロが書いたとされる遺書は、答えよりも多くの疑問を投げかけた。

カソラロの最愛の人たちは、彼が自ら命を絶つのは常軌を逸しているとして、遺書の信憑性に疑問を呈した。さらに、彼が死の直前まで殺害予告を受けていたことを指摘し、身の危険を訴えた。書類の紛失や原因不明のあざなど、彼の死を取り巻く状況から、隠蔽工作の可能性が疑われた。

調査と隠蔽工作

カソラロの死後、ウェストバージニア州当局は正式な捜査を開始したが、その捜査は不十分でプロフェッショナリズムに欠けていたと多くの人が考えている。犯行現場は不適切に処理され、重要な証拠が隠滅される可能性があった。さらに、警察は周囲の部屋を徹底的に調べ、目撃者になりそうな人物に話を聞くことも怠った。

インスロー事件の著名人であるエリオット・リチャードソンは、不正行為を示唆するに十分な証拠があると考えた。彼は、カソラロの死について包括的な調査がなされなかったこと、そしてその後の政府高官による隠蔽工作を批判した。リチャードソンの意見は、真実が隠されていると感じていたカソラロの家族や友人たちにも共有された。

ダニー・カソラロの遺産

ダニー・カソラロの死は、答えのない疑問と現在進行形の憶測という遺産を残した。巨大な政治的陰謀に立ち向かい、真実と正義を執拗に追い求めた彼の姿は、多くの人々の心をとらえた。時の経過にもかかわらず、事件は未解決のままであり、「オクトパス」の陰謀が本当に存在するとしても、その全容は捜査当局から解明されないままである。

ダニー・カソラロの謎めいた死は、政治的隠蔽の疑惑と答えのない疑問に包まれ、いまだに謎のままである。インスロー事件の捜査と “タコ “の陰謀をめぐる真実の追求が、彼の早すぎる死につながった。カソラロの死が自殺であったのか、それとも周到に仕組まれた殺人であったのか、真相が完全に明らかになることはないかもしれない。ダニー・カソラロの追悼は、調査報道が直面するリスクと、どんな結果になろうとも真実を明らかにすることの重要性を思い起こさせるものである。

タグ付き:
この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です