アーセナル 2 – 1 ノッティンガム・フォレスト

Sports Martin Cid Magazine
Sports Martin Cid Magazine

アーセナルは土曜日、ホームでノッティンガム・フォレストと対戦し、2-1で勝利した。前半にエディ・ンケティアとブカヨ・サカが決めたゴールは、後半にタイウォ・アウォニイに取り消されたものの、この勝利で昨シーズン準優勝のアーセナルは、金曜日にバーンリーに3-0で勝利した首位マンチェスター・シティと同じ勝ち点1に浮上した。エミレーツ・スタジアムの改札口でトラブルが発生したため、キックオフまで30分の中断があったが、試合が始まるとアーセナルはすぐにトップに立ち、ポゼッションの大半を握り、フォレストのディフェンスをかわしていった。これは、ブレナン ジョンソンにシュートチャンスがあったが、彼は監督のスティーブ クーパーの頭に手を置いて、オーバー送信されたときに示されました。アーセナルは、ガブリエル・マルティネッリがピルエットで2人のディフェンダーを翻弄し、マット・ターナー(以前はアーセナルに所属)をかわしてンキェティアがゴールを決めた。その6分後、サカがボックス手前からシュートを放ち、ターナーにセーブのチャンスを与えず、リードを広げた。後半、アーセナルの新戦力、ジュリエン・ティンバーが直前で倒れ、退場となった。アーセナル史上最高額の移籍金で加入したデクラン・ライスは、その後何度かゴールを狙ったが、いずれもターナーに阻まれた。フォレストはその後、アーセナルのセットプレーからカウンター攻撃を仕掛け、アンソニー・エランガがボックス内でアウォニイにフィードし、2-1とした。最後の数分間は、両チームとも熱狂的な展開となったが、最終的にはホームチームが勝点3を守り切った。「我々は本当によく守り、勝点3に値した。

この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です