ハーラン・コーベン

ハーラン・コーベンは推理小説やスリラーで知られるアメリカの作家である。彼の作品には、過去に起きた未解決または誤解された事件、殺人、死亡事故などの複雑なプロットがしばしば登場し、数々のどんでん返しで知られている。同じ主人公を主人公に、ニューヨークとニュージャージー周辺を舞台にした2つのシリーズを執筆。両方のシリーズに登場する人物もいる。

エドガー賞、シャマス賞、アンソニー賞といった権威ある賞を受賞しており、3賞すべてを受賞した最初の作家である。著書は43カ国語に翻訳され、6000万部以上を売り上げている。

ニュージャージー州ニューアークのユダヤ人家庭に生まれたコーベンはリビングストンで育ち、リビングストン高校を卒業。後にニュージャージー州知事となるクリス・クリスティとは幼なじみだった。コーベンはアマースト大学で政治学の学位を取得し、ダン・ブラウンとともにサイ・アップシロン友愛会に所属した。コーベンが執筆への情熱を自覚したのは大学4年の時だった。

1984年に卒業後、祖父の会社で旅行業に携わる。この時期に初めて書いたのが『Play Dead』というロマンチック・サスペンス・スリラーだった。この本はコーベンが26歳のときに出版が認められ、1990年に発売された。続いて1991年に『ミラクル・キュア』を発表した。その後、元バスケットボール選手からスポーツ・エージェントに転身したマイロン・ボリターが主人公のスリラー・シリーズの執筆を開始。

2001年、1995年にマイロン・ボリター・シリーズを始めて以来初の単独スリラー『Tell No One』を発表。この本はフランス語で映画化され、2006年に公開された。その後、コーベンはさらに9冊の単独小説を執筆。2008年に出版された『Hold Tight』はニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー・リストで初登場1位を獲得。

2003年、コーベンは1988年に59歳で心臓発作のため他界した父親についての短編小説『The Key to My Father』を発表。この物語は2003年6月15日の父の日にニューヨーク・タイムズ紙で紹介された。ニューヨーク・タイムズ紙のほか、『パレード』誌や『ブルームバーグ・ビューズ』誌にもエッセイやコラムが掲載されている。

Penelope H. Fritz
Penelope H. Fritz
ペネロープ・H・フリッツは、プロフィールや伝記を通して個人の本質をとらえる天賦の才能を持つ、熟練したプロのライターである。彼女の言葉は雄弁で洞察力に富み、対象人物を鮮やかに描き出し、読者を魅了する。
関連記事
最も人気のある記事