パトリシア・ハイスミス見知らぬ乗客」と「リプリーの才能」を支えた暗黒の天才

パトリシア・ハイスミスはアメリカの小説家、短編作家で、サイコスリラーやサスペンス小説で知られる。1921年1月19日にテキサス州フォートワースで生まれ、ニューヨークで育つ。バーナード・カレッジとコロンビア大学で学んだ後、作家活動に入る。デビュー作 “Strangers on a Train “で広く知られるようになり、後にアルフレッド・ヒッチコックによって映画化され人気を博した。

ハイスミスはそのキャリアを通じて20作以上の小説と多数の短編小説を執筆し、多くの作品が映画やテレビシリーズになった。彼女の最も有名な作品はトム・リプリーというキャラクターで、知的で魅力的な社会病質者で、彼女の小説のうち5作に登場する。ハイスミスの作風は、しばしば人間のダークサイドを追求し、強迫観念、罪悪感、アイデンティティといったテーマを掘り下げている。

ハイスミスは執筆活動で高い評価を得たにもかかわらず、アルコール依存症やうつ病といった個人的な問題に生涯苦しみ続けた。フランス、イギリス、スイス、イタリアなど様々な国で暮らした後、スイスに定住し、1995年2月4日に74歳でこの世を去った。

今日、パトリシア・ハイスミスは20世紀最大の犯罪作家の一人とされ、その手に汗握るサスペンスフルなストーリーテリングで現代の作家たちに影響を与え続けている。彼女の作品は多言語に翻訳され、世界中の読者からカルト的な支持を得ている。

Patricia Highsmith
Patricia Highsmith. By Open Media Ltd – Open Media Ltd, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=24443239

生い立ち

パトリシア・ハイスミスは1921年1月19日、テキサス州フォートワースでメアリー・パトリシア・プラングマンとして生まれた。母はイラストレーター、父は広告業界で働くグラフィック・アーティスト。二人は彼女が生まれる前に離婚し、彼女は主にニューヨークの母方の祖母に育てられた。

ハイスミスは孤独な幼少期を過ごし、幼い頃から性的アイデンティティに悩んだ。他の子供たちよりもカタツムリや猫との付き合いを好む変わった子供と見られていた。後にハイスミスは、その曖昧なセクシュアリティと芸術家気質から、子供の頃は居場所がないと感じていた不適合者だったと自らを語っている。12歳の頃から詩のノートをつけ、自分で創り出した空想の世界に生きていた。その孤独な傾向にもかかわらず、母親や祖母とは親密な絆で結ばれていた。

教育

パトリシア・ハイスミスはニューヨークのバーナード・カレッジで英語、ラテン語、ギリシャ語を学んだ。バーナードでは学生文芸誌に参加。1942年に卒業後、コロンビア大学の大学院に進学し、小説執筆と短編作文を学ぶ。コロンビア大学在学中も短編小説を書き続け、出版した。ハイスミスは大学院を修了せず、1940年代にコミック作家としてのキャリアを追求した。後に彼女は、大学で文学と創作を学んだことは、彼女の独特な文体と声の発達に役立ったと語っている。

初期の執筆活動

1942年にバーナード・カレッジを卒業した後、パトリシア・ハイスミスは執筆活動の出版に奮闘した。彼女はハーパース・バザーニューヨーカーなどの雑誌に短編小説を投稿したが、拒絶され続けた。自活するため、ハイスミスは人形工場やブルーミングデールズ・デパートの子供向け売り場の販売員など、さまざまな仕事に就いた。

出版界に不満を抱いていたハイスミスは、1940年代後半から1950年代前半にかけてコミック本の執筆に転向した。クレストウッド/プライズ・コミックスから出版された『ロマンス・コミック』シリーズの多くのタイトルで脚本を担当した。彼女はそれを “ハック・ワーク “と考えたが、コミック本の執筆は安定した給料をもたらした。この間、彼女は雑誌に短編を投稿し続け、1945年、ついに最初の物語 “The Heroine “がHarper’s Bazaarに掲載された。

ハイスミスの処女作『見知らぬ乗客』は、出版社ハーパー・アンド・ブラザーズに拒絶された。それでもハイスミスは粘り強く、その技巧とスタイルを磨き続けた。彼女の短編小説は、1950年代初頭にエラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジンに掲載され始めた。ハイスミスの2作目の小説『The Price of Salt』は、レズビアンをテーマにしていたため、クレア・モーガンというペンネームで1952年に出版された。彼女はまだ困難に直面していたが、ハイスミスは短編小説を通して出版界で認知され始めていた。

電車で見知らぬ人とブレイクアウトの成功

1950年の小説『見知らぬ乗客』は、ハイスミスの作家としての大ブレイク作となった。この小説はハーパー&ブラザーズから出版され、最初の半年で5万部近くを売り上げた。

見知らぬ乗客』は、チャールズ・ブルーノとガイ・ヘインズという2人の男が列車内で偶然出会う。ブルーノは「殺人の交換」を提案する。つまり、ガイがブルーノの父親を殺せば、ブルーノがガイの別居中の妻を殺すということだ。ガイはブルーノを本気にしなかったが、ブルーノはガイの妻を殺害する。ブルーノはガイの妻を殺し、ガイは道徳的ジレンマに陥る。

この小説は批評家に好評を博し、知的な心理スリラーを作るというハイスミスの名声を確固たるものにした。登場人物のモラルの曖昧さ、罪悪感や二重性の探求は、そうでなければありふれた殺人プロットに深みを与えたと評価された。殺人そのものの詳細よりも、殺人者の心理に焦点を当てたこの小説は、当時のジャンルとしては比較的革新的だった。

1951年に『見知らぬ乗客』がアルフレッド・ヒッチコック監督によって映画化され成功を収めたことで、ハイスミスの作品はさらに広く知られるようになり、人気を博した。彼女は『見知らぬ乗客』の続編を書かなかったが、この小説の批評的・商業的成功は、ハイスミスに、より自由な創作活動を追求する自信と手段を与えた。

才能あるリプリー氏とその他の小説

パトリシア・ハイスミスの最も有名な作品は、1955年に発表された心理スリラー『The Talented Mr.この小説は、金持ちの知人を殺害して彼になりすます若い詐欺師、トム・リプリーをアンチヒーローとして登場させた。The Talented Mr. Ripley』は、後にハイスミスの小説の特徴になる、強迫観念、二枚舌、アイデンティティの流動性といったテーマを探求している。ヨーロッパを舞台にしたこの作品は、国際謀略小説家としての彼女の名声を確立した。

The Talented Mr. Ripley』には4つの続編があり、それぞれがトム・リプリーの不道徳な逃避行を描いている。ハイスミスのリプリー小説は時を経るごとに風刺を強め、上流階級の気取りを串刺しにした。彼女の文体もまた進化し、1作目のノワールな雰囲気からブラック・コメディへと移行していった。

リプリーのシリーズに加え、ハイスミスは犯罪者、詐欺師、歪んだ人間関係に焦点を当てた心理サスペンス小説を多く書いた。The Cry of the Owl』、『This Sweet Sickness』、『The Two Faces of January』などの作品は、強迫観念、アイデンティティの混乱、道徳的曖昧さを扱っている。ハイスミスは数多くの短編小説も書いており、その多くは彼女の小説に見られる不穏なトーンや異常心理のテーマを共有している。彼女はアクション主体のプロットよりも、親密な個人的ドラマに焦点を当てることを好んだ。

執筆プロセスと影響

パトリシア・ハイスミスには独特の執筆習慣があり、さまざまな文学的影響からインスピレーションを得ていた。自宅の庭でカタツムリに囲まれながら執筆することも多く、カタツムリを連れて旅行に出かけることもあった。ハイスミスはまた、執筆中も定期的に酒を飲み、タイプライターのそばにウイスキーやジンのグラスを置いていた。

ハイスミスの文体やテーマに大きな影響を与えた作家は何人かいる。彼女はドストエフスキーの熱心な読者で、彼が登場人物の心理的な側面を掘り下げていく方法を賞賛していた。また、人間の矛盾をとらえるオスカー・ワイルドの才能も高く評価した。パトリック・ハミルトンの戯曲『ロープ』は、単にスリルを味わうために殺人を犯す2人の若者を主人公にしたもので、『見知らぬ乗客』のプロットにインスピレーションを与えた。

ハイスミスは、登場人物の内面を通してサスペンスを構築する能力で知られるようになった。彼女は、暗い衝動や犯罪への転落を合理化する主人公たちのモラルの低下に焦点を当てた。この心理的緊張感が彼女のサスペンス手法の特徴である。暴力やアクション、意表を突く展開に頼るのではなく、ハイスミスは殺人者や詐欺師の道徳的に曖昧な心を通して陰謀を構築した。このような登場人物の頭の中に入り込み、彼らのひねくれた理屈を理解する彼女の能力は、他の多くの作家に感銘を与えた。

私生活

パトリシア・ハイスミスは、しばしば物議を醸す型破りな私生活を送っていた。作家のマーク・ブランデルと短期間交際したものの、ハイスミスは結婚も出産もしなかった。同性愛がタブー視され、多くの場所で違法とされていた時代に、彼女はレズビアンであることを公言していた。

ハイスミスは生涯を通じて数多くの女性と浮名を流した。最も重要な関係のひとつは、1940年代にアーティストのキャロル・プラントと交際したことである。1950年代初めには、当時既婚者だった社会学者のエレン・ブルメンタール・ヒルと恋愛関係になった。二人の関係は数年後に苦い結末を迎えた。

1966年、ハイスミスは作家のマリジェーン・ミーカーと交際を始め、2年間続いた。また、アーティストのキャロライン・ベスターマンとも数十年にわたる激しいオン・オフ・ロマンスを繰り広げた。ハイスミスは当初、恋人に夢中になり、やがて興味を失う傾向があった。

ハイスミスは生涯を通じてヨーロッパ中を旅し、イギリス、フランス、イタリア、スイスに長く住んだ。彼女はフランス語に堪能で、ヨーロッパの文化に憧れていた。しかし、海外でゲイであることを公言しているアメリカ人女性として、差別や敵意に直面することもあった。

ハイスミスは社会的、政治的問題に深く関心を寄せ、動物の権利を支持し、暴力に反対した。彼女は自分の心に近い多くの大義に金銭的な貢献をした。しかし、彼女の強い意見ととげとげしい性格は、しばしばトラブルに巻き込まれた。彼女の激しさ、引っ込み思案、人間性のダークサイドへの関心の高さで知られている。

その後のキャリアと死

その後のキャリアにおいて、ハイスミスは文学への多大な貢献を認められ、数々の賞を受賞した。1980年、短編小説 “The Snail Watcher “でO・ヘンリー賞を受賞。また、1964年と1975年に犯罪作家協会シルバー・ダガー賞を受賞。

ハイスミスの晩年は、1960年代初頭から住んでいたスイスで過ごした。晩年は執筆のペースが落ちたものの、新しい小説や物語の執筆と出版を続けた。貧血、糖尿病、過度のアルコール摂取による肝臓障害が重なり、健康状態は悪化した。1995年、スイスのロカルノで74歳で死去。

彼女の死後も、ハイスミスは死後の評価と批評家による再評価を受け続けた。彼女の小説の多くは映画化され、新たな読者に彼女の作品を紹介した。2009年、アメリカ推理作家協会より20世紀最優秀推理作家賞を受賞。20世紀で最も才能があり、影響力のある犯罪作家の一人としての彼女の評価は、時が経つにつれ高まるばかりである。

レガシー

パトリシア・ハイスミスは、サスペンスとスリラーというジャンルに、今日でも感じられるほどの大きな影響を残した。彼女のサイコ・スリラーは、よりダークで複雑なキャラクターとテーマを登場させ、ミステリーの常識を覆した。彼女は前例のない方法で、人間心理の道徳的曖昧さを探求した。

ハイスミスは、犯罪者の心に入り込み、読者としばしば非道徳的な主人公との間に居心地の悪い親密さを作り出す能力で、数え切れないほどの作家たちにインスピレーションを与えた。ルース・レンデルやジリアン・フリンのような作家は、ハイスミスが自身の心理的に複雑な犯罪小説に大きな影響を与えたとしている。特に彼女のトム・リプリーのキャラクターは、魅力的で聡明なサイコパス・アンチヒーローの雛形を確立し、今でも多くのスリラー小説に登場している。

ハイスミスの作品は文学的な意義だけでなく、文化的な足跡も残している。彼女の1955年の小説『The Talented Mr.Ripley』は1999年にマット・デイモン主演で映画化され、彼女のひねくれたキャラクターが新たな観客に紹介された。ジョン・マルコヴィッチやバリー・ペッパーといった俳優が、後の映画化でこの役を演じている。彼女の他の小説を原作とした映画、特に『見知らぬ乗客』は名作とされている。

ハイスミスはアガサ・クリスティのような有名人ではないかもしれないが、彼女のダークで心理をえぐるような物語はスリラーというジャンルを進化させ、今なお観客の共感を呼んでいる。彼女はミステリー小説の境界を広げ、現代のサスペンス作家がその上に築き続ける遺産を残した。

注目の名言

パトリシア・ハイスミスは、執筆、人生、人間性についての洞察に満ちた見解で知られている。ここでは、彼女の最も示唆に富む名言をいくつか紹介しよう:

執筆について

“書く “という行為によって、思考が修正されることを実感するのは、素晴らしい安心感だ。

“書くのは難しくないが、始めるのはとても難しい”

人生について:

“人々を小説に惹きつけるのは、感情的な刺激の可能性である”

「創造的な芸術家は、中立の場では決して出会うことのできない、ほとんど唯一の種類の人間のようだ。芸術家としてしか会うことができない。彼は客観的には何も見ていない。なぜなら、すべての絵の前景には常に彼自身のエゴがあるからだ”

人間の本質について:

「ほとんどの小説家は、たった一人のキャラクターを持ち、そのキャラクターを熟知しているので、どんな状況でも、どんな本を書いていても、そのキャラクターを適応させることができる。

「私の小説の謎が解けただけでなく、犯罪そのものの “理由 “が心理学的にわかったという読者からの手紙をよくもらう。犯人の動機がわかったというのだ。しかし、実際のところ、私にもわからない。犯人の動機にはあまり興味がない。私の関心は、他の人々に与える影響なのです」。

ハイスミスの名言は、執筆、人生、そして人間性についての彼女の洞察に満ちた視点を明らかにし、高名な小説家としての彼女の遺産に貢献した。

マタ・ルーカス(Martha Lucas)
マタ・ルーカス(Martha Lucas)https://www.goodreads.com/user/show/178194854-martha-lucas
マーサ・ルーカスは映画と文学に情熱を注ぐ。初の小説を執筆中で、記事も書いている。MCMでは演劇と書籍のセクションを担当している。スペイン、セビリア。連絡先:martalucas (@) martincid (.) com
関連記事

返信を残す

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

最新記事