顕微鏡で見る悪行法医学はいかにして有名な真犯人事件を解明したか?

マルティン・シッド誌
マルティン・シッド誌

一見解決不可能に見える殺人事件の謎を、刑事たちがどうやって解いているのか不思議に思ったことはないだろうか。法医学者が小さな手がかりを発見し、ハイテク機器を駆使して悪人を捕まえるテレビ番組をたくさん見たことがあるだろう。娯楽として誇張されている部分もあるが、法医学は現実の有名な事件の数々を解明するのに役立ってきた。指紋やDNAの分析から犯罪現場の復元に至るまで、法医学の技術は、殺人罪から逃れられたと思っていた数々の悪の実行犯を特定するのに役立ってきた。この記事では、捜査官を困惑させ、危険な犯罪者を裁くことになった悪名高い実録犯罪事件の数々を解決する上で、法医学がいかに極めて重要であったかを探る。科学と探偵の仕事がどのように組み合わさって犯人を逮捕したのか、ゾッとするような詳細をお読みいただきたい。

トゥルー・クライムとは何か?

トゥルークライムは、実際の犯罪事件や出来事に焦点を当てたジャンルである。ミステリーやスリラーとは異なり、トゥルー・クライムは実際の犯罪、通常は殺人やその他の暴力行為を扱う。こうした現実の事件は、長い間、読者や視聴者を魅了してきた。

犯罪実話の有名な例としては、以下のようなものがある:

  1. 1888年に切り裂きジャックが犯した悪名高い殺人事件。ロンドンのホワイトチャペル地区で複数の女性を惨殺した連続殺人犯の未解決事件は、今日でも人々の興味をそそる。
  2. 有名な飛行家チャールズ・リンドバーグの生後20ヶ月の息子チャールズ・リンドバーグ・ジュニアが1932年に誘拐・殺害された衝撃的な事件。世紀の裁判」は、この恐ろしい犯罪で有罪判決を受けたブルーノ・ハウプトマンの処刑につながった。
  3. 1994年に起きた悪名高いニコール・ブラウン・シンプソンとロン・ゴールドマンの殺人事件。この殺人事件の第一容疑者であり、ブラウン・シンプソンの元夫であるO.J.シンプソンの裁判は、世界中の注目を集めた。
  4. 1996年に起きた未解決の美少女殺人事件、ジョン・ベネ・ラムジー。歳の少女がコロラド州の自宅で謎の死を遂げた事件は、犯人について多くの説を生んだ。

実録犯罪物語は何世紀にもわたって人気を博し、今日も私たちを魅了し続けている。本であれ、映画であれ、テレビ番組であれ、ポッドキャストであれ、謎や殺人、人間の心理を描いたドラマチックで不穏な物語に、人々は飽きることがないようだ。このジャンルはいつまでも衰える気配がない。

全米に衝撃を与えた有名な真犯人事件

最も有名な実録犯罪事件のいくつかは、法医学のおかげで解決された。これらの衝撃的な事件は、血なまぐさい詳細やねじれが明らかになるにつれて、全米の度肝を抜いた。

リンドバーグ誘拐事件

1932年、有名な飛行家チャールズ・リンドバーグの男児が誘拐され、後に遺体で発見された。誘拐犯は身代金のメモを残しており、そのメモは赤ん坊がまだ生きているという希望を捜査当局に与えた。犯行現場に残されたはしごに使われた木材を追跡し、身代金メモの筆跡鑑定を行った結果、捜査当局はブルーノ・ハウプトマンを誘拐犯として起訴した。彼は後に有罪判決を受け、死刑が執行された。

ゾディアック・キラー

1960年代後半から1970年代初頭にかけて、ゾディアック・キラーはサンフランシスコを恐怖に陥れた。彼は少なくとも5人を殺害し、不可解なメモや暗号で警察を愚弄した。犯人は逮捕されなかったが、切手の唾液からDNAプロファイルが得られた可能性がある。また、筆跡鑑定から、犯人は自己中心的な性格の持ち主であることが示唆された。ゾディアック殺人事件が未解決に終わったのは、当時の科学捜査技術の欠如が原因だという説もある。

ユナボマー事件

ユナボマーとして知られるテッド・カジンスキーは、1978年から1995年にかけて、現代技術に関連する人々を標的にした。彼の爆弾で3人が死亡、23人が負傷した。FBIは、誰かが彼の文体に気づくことを期待して、彼のマニフェストを公表した。彼の弟は、自分が受け取った手紙と一致するフレーズを認識し、名乗り出た。捜査当局はカジンスキーの小屋から、同時多発テロで使用された装置と一致する爆弾材料などの証拠を発見した。カジンスキーは有罪を認め、現在仮釈放なしで終身刑に服している。

法医学は、最も悪名高い犯罪の解決に役立ってきた。残酷な事件ではあるが、これらの事件は、真実を突き止めるために証拠を用いることがいかに進歩しているかを示している。

法医学はいかにしてゾディアック殺人事件の解明に貢献したか

ゾディアック・キラー事件は、アメリカ史上最も悪名高い未解決連続殺人事件のひとつである。何年もの間、ゾディアックは不可解な手紙や暗号で警察やメディアを翻弄した。しかし、法医学のおかげで、捜査官は犯人のメッセージや犯行現場から重要な手がかりを得ることができた。

1969年、ゾディアック・キラーはカリフォルニア州バレホの人里離れた場所で2人の大学生を襲った。警察は血まみれの犯行現場を発見したが、被害者の女性は生き残り、加害者の特徴を語った。しかし、被害者の男性は傷で倒れた。犯人は犯行中、高価な腕時計の破片を紛失した。専門家はその時計の破片を分析し、数百個しかない可能性のある時計の破片であることを突き止めた。

犯人は警察や新聞社に暗号文を送り始め、十字の丸印で署名した。その中には、殺人の責任を主張し、また殺すと脅し、警察に暗号を解読するよう挑発する内容もあった。暗号解読者たちは何日もかかってようやくそのメッセージを解読したが、有益な情報はほとんど得られなかった。それでも、筆跡と言語様式から、犯人の背景を知る手がかりは増えた。

さらなる襲撃の後、ゾディアックは血まみれのシャツの切れ端が入った別の手紙を送ってきた。当時は原始的なものであったが、DNA鑑定の結果、血液型が被害者のものと一致し、手紙の信憑性が確認された。2002年、このシャツは最新のDNA技術で再検査され、ゾディアック殺人犯のDNAプロファイルの一部が得られた。しかし、犯罪データベースには一致するものはなかった。

事件は未解決のままだが、法医学がなければ、ゾディアック殺人犯についてほとんど知られていなかっただろう。暗号解読、筆跡鑑定、指紋鑑定、DNA鑑定……それぞれの技術がパズルの新たなピースを提供した。時計の破片、血まみれのシャツのスワッチ、DNAプロファイルなど、興味をそそる手がかりは、いつかこの未解決事件が大きく解明されるかもしれないという希望を与え続けている。犯人は恐怖の支配の中で警察の裏をかいたかもしれないが、法医学者のたゆまぬ努力のおかげで、犯人の身元はまだつかめるかもしれない。

DNA鑑定とゴールデン・ステート・キラーの逮捕

DNA鑑定は犯罪捜査に革命をもたらした。このことは、1970年代から80年代にかけてカリフォルニア州を恐怖に陥れた連続捕食者、ゴールデン・ステート・キラーの事件ほど明らかなものはない。何十年もの間、彼の正体は謎のままだった。科学が彼に追いつくまでは。

2018年、当局は72歳のジョセフ・ジェームズ・デアンジェロをゴールデン・ステート・キラーの犯行で逮捕した。犯罪現場から採取したDNAと系図サイトを組み合わせる新しい手法によって、ディアンジェロを特定することができたのだ。捜査官は犯罪現場から採取したDNAサンプルをGEDmatchという公開系図データベースにアップロードした。その結果、ディアンジェロが容疑者であることが判明した。

ディアンジェロを捕まえると、捜査官たちは彼の行動を追跡し、彼がよく行くレストランなどからDNAサンプルを採取した。そのサンプルをゴールデン・ステート・キラーの犯罪の証拠と照合し、犯人を突き止めた。ディアンジェロの逮捕は、数個のDNA細胞と巧みな系図作成技術によって、どんなに未解決の事件でも解明できることを示している。

デアンジェロは2020年、13件の殺人と13件のレイプ関連の罪を認め、自分が被害者をつけ回し、神聖な自宅で襲うサディスティックなゴールデン・ステート・キラーであることを認めた。彼の犯罪はカリフォルニア州の一部で少なくとも10年に及び、科学がついに彼を追いつめるまで、米国史上最も多発した未確認犯罪者の1人となった。

ゴールデンステート・キラー事件は、法医学の進歩を浮き彫りにしている。少し前までは、DNAや系図サイトがなければ、デアンジェロのような怪物は無表情で正義から逃れることができた。現代の方法のおかげで、何十年も影に潜んでいた殺人犯でさえ、その悪行が明るみに出る可能性がある。正体不明の黒幕の時代は終わりを告げようとしているようだ。どんなに堕落した人間であっても、科学技術を永遠に追い抜くことはできない。

OJシンプソン裁判における血痕分析

1995年のO.J.シンプソン殺人事件の裁判は、全米を魅了したメディアサーカスだった。検察側にとって決定的な証拠となったのは、事件現場で発見された血痕だった。血痕分析は、血のしずくの大きさ、形、パターンを使って事件を再現する法医学的手法で、不利なストーリーを語っているように思われた。

血塗られた足跡

刑事たちは事件現場で、O.J.の靴のサイズと一致する血まみれの足跡を発見した。検察側は、その足跡はO.J.がニコール・ブラウン・シンプソンとロン・ゴールドマンを殺害した後、血だまりの中を歩いたときについたものだと主張した。しかし、O.J.の弁護団は、その足跡は警察関係者が犯行現場を踏み荒らし、証拠を汚染したために残された可能性があると主張した。

血の軌跡

血痕は遺体から離れ、ニコールのマンションの通路を通り、O.J.の車へと続いていた。検察側は、これはO.J.が殺人後、靴と手に血をつけたまま車まで歩いたことを示していると述べた。しかし弁護側は、その血は警察が仕組んだものか、汚染されたものだと主張した。

グローブの血

現場から血のついた手袋が発見され、O.J.の家の近くでもその手袋が見つかった。DNA鑑定の結果、手袋に付着していた血液はニコール、ロン、O.J.と一致した。しかし、O.J.が法廷で手袋をはめてみたところ、サイズが合わないようで、疑念が生じた。検察側は、手袋は血液に浸かって縮んだに違いないと主張し、弁護側は、これは証拠が危ういことを証明するものだと述べた。

血まみれの足跡、血の跡、血まみれの手袋は、O.J.の有罪を証明するかのように見えた。しかし、証拠隠滅の可能性、警察の不正行為、手袋の不適合といった問題が陪審員に合理的な疑念を与えた。わずか4時間の審議の後、O.J.はすべての容疑から無罪となったが、後に民事裁判で死亡に対する責任が認められた。O.J.シンプソンの裁判は、法医学は強力な証拠を提供することができるが、法廷に立つためには適切に扱われなければならないことを示した。

フィンガープリンティングとBTKキラー

指紋鑑定は、悪名高い犯罪者を特定し、逮捕する上で極めて重要である。指紋の証拠が極めて重要であった最も有名な事件のひとつは、BTKキラー、デニス・レーダーの事件である。

ウィチタを恐怖に陥れるBTKキラー

1974年から1991年にかけて、BTKキラー(”Bind, Torture, Kill “の略)はカンザス州ウィチタ地区で10人を殺害した。彼は家に押し入り、被害者を縛り、絞め殺した後、死体で不穏な儀式にふけった。犯人は警察やメディアに嘲笑の手紙を送ったが、常に逮捕を免れていた。

2004年、レーダーは手紙の送付を再開し、最終的に逮捕に至った。警察は手紙からいくつかの部分指紋を採取し、コンプライアンス・オフィサーとして働いていたレーダーの登録指紋と照合することができた。尋問の結果、レーダーはBTK殺人事件を自白した。

レイダーは1989年、定期的な身辺調査で指紋を採取されていた。当時、指紋照合は手作業で行われ、何時間もかかった。2004年になると、自動指紋識別システムにより、捜査官は何千もの指紋から素早く一致するものを探し出すことができるようになった。

レーダーの過去は地味で、妻と2人の子供がいる一見普通の生活をしていた。この事件は、見かけだけで決めつけることがいかに危険かを浮き彫りにした。

指紋の証拠は、30年以上にわたって正義から逃れてきたこの凶悪な殺人犯を特定し、阻止するのに役立った。テクノロジーと科学捜査の進歩は、ウィチタを恐怖に陥れた彼の時代がついに終わったことを意味した。BTK事件は、どんなに未解決の事件でも解決できる科学の力と忍耐力を示した。特に指紋は、犯人を特定し、裁判にかけるための貴重なツールとなった。

ジョンベネ・ラムジー殺害事件における毒物検査

歳のジョンベネ・ラムジーちゃん殺害事件を解決する上で、毒物検査は極めて重要であった。1996年12月26日、ジョンベネちゃんはコロラド州ボルダーにある実家の地下室で死んでいるのが発見された。死因は絞殺による窒息死で、頭蓋骨骨折も併発していた。筆跡の専門家は現場に残された珍しい身代金メモを分析したが、DNAと指紋は一致しなかった。

捜査当局は手がかりを見つけるために法医学的毒物学に目を向けた。ジョンベネちゃんの遺体には争った形跡がなかった。毒物報告では、彼女の体内からアルコール、一般的なデートレイプドラッグ、麻薬は検出されなかった。しかし、検視官は殺鼠剤に使われるブロメタリンと呼ばれる市販薬の代謝物の存在を検出した。

ブロメタリンは神経毒で、脳の腫れ、頭痛、吐き気、呼吸不全を引き起こす。高用量では昏睡状態に陥り、死に至ることもある。ジョンベネの体内から検出された量は、彼女のような体格の子供にとっては致死量となりうる量であった。

ブロメタリンの発見は画期的だった。誰かがジョンベネを鎮静させるために、この毒物を与えたか投与したのだ。誘拐犯は当初、彼女を殺すつもりはなかったと思われるが、彼女の死はこの毒物の過剰摂取による悲劇的な結果であった。

この毒物学的証拠から、捜査官は一連の事件の可能性を推測することができた。誘拐犯はジョンベネを気絶させるためにブロメタリンを飲ませ、それから身代金のメモを作成し、犯行現場を演出し始めた。誘拐犯がジョンベネちゃんの呼吸が止まっていることに気づいたときには遅すぎた。パニックに陥った誘拐犯は、その後ジョンベネを絞殺し、暴行を加えて、あたかも手際の悪い誘拐で殺されたかのように見せかけた。

今日に至るまで、ジョンベネ殺害事件は未解決のままである。しかし、毒物検査は、パズルの重要なピースを明らかにし、犯人が鎮静剤を使用した可能性が高いことを捜査当局に示す上で極めて重要であった。法医学は、もはや話すことのできない被害者に声を与え、邪悪な行為の背後にある不吉な真実を暴く手助けをしたのである。

デジタル・フォレンジックとポール・ベルナルドの有罪判決

カナダの連続殺人犯ポール・ベルナルドの有罪判決で、デジタル・フォレンジックが重要な役割を果たした。スカボローのレイプ魔」の異名を持つベルナルドは、1980年代後半から1990年代前半にかけてオンタリオ州南部を恐怖に陥れ、妻のカーラ・ホモルカとともに残忍なレイプと殺人を十数件も犯した。

捜査官たちは、犯行現場から同じ未知の男性を示すDNA証拠を集めていた。しかし、ベルナルドのDNAサンプルが得られたのは、1993年、彼が10代の少女2人を誘拐・殺害した容疑で捜査されたときであった。法医学的検査により、ベルナルドのDNAがスカボローのレイプ事件のサンプルと一致することが確認された。

ベルナルドの自宅のコンピューターも決定的な証拠となった。デジタル・フォレンジック検査官は、ベルナルドがテロの前に被害者について調べていたことを示す削除されたファイルを復元することができた。被害者が住み、働いていた地域の地図がダウンロードされていた。インターネットの履歴から、ベルナルドは掲示板やチャットルームに頻繁に出入りし、暴力的な性的妄想、特に10代の少女が関係する妄想について話し合っていたことがわかった。

最も不利だったのは、ベルナルドが意識のない若い女性とポーズをとっているデジタル写真だった。当初、ホモルカはこの写真には合意の上での性行為が写っていると主張した。しかし、デジタルのタイムスタンプ分析により、写真は殺人事件の被害者の一人であるレスリー・マハフィが自宅に監禁されていた時間帯に撮影されたことが証明された。このことが判明したため、ホモルカはベルナルドに不利な証言をする代わりに司法取引に応じた。

法医学の進歩により、捜査当局はDNA鑑定によってベルナルドとスカボローのレイプ事件との関連を決定的にすることができた。デジタル鑑識はさらに、ベルナルドと誘拐と殺人を結びつけ、ベルナルドがターゲットをつけ狙い、被害者になることを計画していたことを証明した。電子的証拠とホモルカの証言が相まって、ベルナルドは殺人、誘拐、加重性暴行の複数の罪状で確実に有罪となった。彼は終身刑を受け、無期限に刑務所に収監されることになった。

真実の犯罪FAQあなたの疑問にお答えします

実録犯罪は人気のあるジャンルだが、多くの疑問が生じることもある。ここでは、実録犯罪に関するよくある質問にお答えします。

真実の犯罪」とは一体何なのか?

トゥルークライムとは、実際に起きた刑事事件のノンフィクションを指す。書籍、ポッドキャスト、テレビ番組、ドキュメンタリーなどが含まれる。トゥルークライムは、実際の殺人事件や未解決事件、その他の不法行為を探求することを目的としている。人気のある例としては、『シリアル』、『メイキング・ア・マーダー』、『マイ・フェイバリット・マーダー』などがある。

実録小説家は悲劇から利益を得ているのか?

これは賛否両論ある複雑な問題である。真実の犯罪を、エンターテインメントのために被害者やその家族を搾取していると見る人もいれば、冤罪や警察の不祥事といった重要な社会問題への関心を高めていると見る人もいる。どのジャンルにも言えることだが、題材をいかに責任と倫理を持って扱うかにかかっている。多くのクリエイターは、関係者全員の人間性に焦点を当てることで、繊細なストーリーを伝えることを目指している。

犯罪実話は暴力を美化するのか?

これもまた微妙な議論である。暴力的なメディアの消費と攻撃性の増加との関連性を発見した研究もあるが、その証拠はまちまちである。グロテスクなディテールにこだわったり、暴力を軽く扱ったりする実録犯罪は、危害を常態化させる可能性がある。しかし、専門家の多くは、実録犯罪が責任を持って行われるのであれば、暴力を美化する必要はないという意見で一致している。このジャンルは、家庭内虐待や法制度の欠点といった問題に気づきをもたらすことができる。関係者全員の人間性に焦点を当て、被害者を尊厳をもって扱い、暴力行為を非難することは、美化を防ぐのに役立つ。

なぜ人々はこれほどまでに真実の犯罪に魅了されるのか?

実録犯罪の魅力にはいくつかの理由がある:

-病的な好奇心。ぞっとするような行為を知ることは、たとえ不快であっても、私たちの病的な好奇心をかき立てる。

-謎解き。捜査官と一緒に謎を解こうとするのは説得力がある。私たちは犯人を突き止めたいのだ。

-さまざまなスリル。恐怖やサスペンスを二次体験することで、本当の危険がなくてもアドレナリンが分泌される。

-人間の本性への洞察。真実の犯罪は、人間の善と悪の両方を垣間見せてくれる。心理学や、何が特定の行動を駆り立てるのかを洞察することができる。

-正義を求める。有罪判決であれ、正当性を主張するものであれ、事件が解決するまで追いかけることは、正義と公正さを求める私たちの生来の欲求を満たす。私たちは真実が明らかになるのを見たいのだ。

-安全への感謝。人命を脅かす脅威について学ぶことは、たとえそれが不穏なものであったとしても、自分たちの生活の安全と安心に対する感謝の念を育む。悲劇が自分や愛する人の身に起こらなかったことに安堵する。

法医学者と捜査官の綿密な作業のおかげで、最も悪名高い殺人者や犯罪者が裁かれたのだ。これらの悪行は私たちに衝撃を与え、魅了し続けるだろうが、少なくとも私たちは、科学と正義が勝利したことを知って安心することができる。本であれ、ポッドキャストであれ、ネットフリックスであれ、次に実録犯罪の物語に触れるときは、事件解決に費やされた骨の折れる仕事に感謝しよう。そして、私たちが犯人たちの邪悪な心に魅了されるのと同じくらい、真実を明らかにするために舞台裏で働く献身的な科学者がいる限り、善は常に悪に勝利することを忘れないでほしい。良い夢を!

この記事を共有する
フォローする:
マルタン・シド・マガジン(MCM)は、エンターテインメント、アート、ショーに関する文化雑誌である。
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です