認知的是正療法は、社会的スキルと精神的健康問題を結びつける

認知的是正療法は、社会的スキルと精神的健康問題を結びつける
Andrea Ramirez
Andrea Ramirez

精神的な問題と記憶力にはしばしば関連性があり、これは残念ながら精神的な問題に苦しむ個人に深く影響することがあります。

認知的再認識療法とは何ですか?

CRT(Cognitive Remediation Therapy)とは、記憶力や認知能力の向上を目的とした治療のことです。記憶力や知的能力の向上、機能的思考の啓発を目的とし、統合失調症患者の治療として開発されたのが始まりです。

認知的思考に関する問題は、軽度のものであったり、最初は軽度であったりします。しかし、日常生活に支障をきたすようになったり、徐々に悪化したりする場合は、必要に応じて介入し、監視し、治療することが重要です。

CRTエクササイズの例としては、どのようなものがありますか?

スペシャリストは、コンピュータを使った治療計画、紙とペンを使った治療計画、あるいはその両方を組み合わせて、クライアントと一緒にCRTエクササイズを実施します。これらのエクササイズは、記憶力、計画性、集中力を高めることを目的としています。多くの場合、これらのエクササイズは繰り返し行われ、徐々に難易度を上げていくことで、慣れと復習の機会を与えています。

記憶や情報処理に加え、計画、整理、問題解決に関連するスキルの改善や作業を支援します。特に統合失調症の方に有効です。

様々な治療法には、エラーレスラーニングとターゲット強化エクササイズがあり、どちらも記憶と集中力に効果があります。視覚的な読書タスクは、記憶に役立ち、学習パターンを強化します。

これらの治療法は、個人の目標に向かって具体的に的を絞ることが重要です。個人的な治療計画には、クライアントと専門家の効果的なコミュニケーション、一貫した観察、そして必要に応じて治療計画を更新または適応するための必要な介入が含まれます。

認知能力とソーシャルスキルの関連性とは?

社会的スキルは様々なものに影響されます。伝統的な環境や刺激的な環境の欠如、あるいはポジティブなロールモデルが社会的スキルの妨げになることもあります。残念ながら、精神的な問題を抱えることでさえ、社会性に悪影響を及ぼすことがあります。

CRTは記憶力や集中力を高めるだけでなく、個人の社会性を高めるのにも有効です。

幼児を対象とした研究では、ある種の身体的傾向が社会的スキルに関連していることが示されています。具体的には、目のような刺激に関わるもので、頭と目の向きと社会的世界の理解には強い関連性があることが分かっています。

したがって、身体的指向と社会的スキルの間には、原始的で深層的なつながりがあります。したがって、最適な社会的スキルのために、クライアントの身体的傾向が精神的な問題によって何らかの形で阻害されないようにすることが重要である。認知能力と社会的スキルの間に強い関連性があることは、研究や実施された演習で実証されています。

CRTは、精神的な問題を抱える人々にとって、適切な社会的反応や認知能力を維持するために有益であることは間違いないでしょう。

[ruby_related total=5 layout=5]

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です