アルネ・シャイアン・ジョンソンの裁判:悪魔が彼にそうさせた

アルネ・シャイアン・ジョンソンの裁判:悪魔が彼にそうさせた
History Martin Cid Magazine
History Martin Cid Magazine

悪魔が私にやらせた」事件としても知られるアルネ・シャイアン・ジョンソンの裁判は、アメリカ史上最も興味をそそられ、物議を醸した訴訟手続きのひとつである。この画期的な裁判は1981年にコネチカット州ブルックフィールドで行われ、悪魔憑きの主張に基づいて弁護側が無実を証明しようとした最初の裁判となった。ジョンソンの家主であるアラン・ボノが殺害されるという衝撃的な事件と、それに続く悪魔憑きの主張は全米を魅了し、邪悪な力の存在とそれが人間の行動に及ぼす影響について深い疑問を投げかけた。

呪いと悪魔祓い

裁判に至るまでの出来事は、グラッツェル一家とその恐ろしい試練から始まった。8歳のデビッド・グラッツェルは、一連の不吉な出来事を引き起こした悪意ある悪魔を宿主にしていたとされる。息子の悲惨な体験を目の当たりにしたグラッツェル一家は、有名な超常現象捜査官エド・ウォーレンとロレイン・ウォーレンの助けを借りた。

解決策を必死に探そうとしたグラッツェル家とウォーレン家は、カトリック教会の介入を求め、デイビッドの正式な悪魔祓いを依頼した。この悪魔祓いには複数の神父が参加し、数日間続いた。目撃者によると、悪魔は最終的にデイビッドの体を離れ、アルン・シャイアン・ジョンソンの中に住み着いたようだ。これらの信じがたい出来事は、ジェラルド・ブリトルの著書『The Devil In Connecticut』に記されている。

殺人事件とジョンソンの弁護

悪魔祓いから数ヵ月後、アルネ・シャイアン・ジョンソンが激しい口論中に家主のアラン・ボノを刺殺するという悲劇が起こった。ジョンソンの弁護人であるマーティン・ミネラは、殺人当時、依頼人は自分の行動をコントロールできていなかったと大胆な主張を展開した。彼は、ジョンソンはデイヴィッド・グラッツェルを苦しめたのと同じ悪魔に取り憑かれていたと主張した。

ミネラは、悪魔の憑依を理由とする無罪の抗弁を提出しようとした。彼は、そのような抗弁を認めたイギリスの2つの判例を引用した。しかし、ロバート・キャラハン判事は、悪魔憑きの存在は科学的にも客観的にも証明できないとして、この答弁を却下した。弁護側は憑依に関連する証拠を提出することを禁じられ、ジョンソンの裁判は別の展開を見せた。

裁判とメディア・センセーション

アルネ・シャイアン・ジョンソンの裁判は、国内外を問わず広くメディアの注目を集めた。悪魔憑きの影響下で殺人を犯す人間がいるという考え方は、大衆を魅了し、激しい議論を巻き起こした。裁判を取り巻くメディアの熱狂は、ウォーレン夫妻と彼らの主張する超自然現象を中心に、センセーショナルな法廷劇を描いた。

所持の抗弁が排除されたにもかかわらず、裁判は正当防衛を主張して続けられた。陪審は1981年11月24日、最終的にジョンソンに第一級過失致死罪の有罪判決を下した。懲役10年から20年の判決を受けたが、善行により服役は5年にとどまった。

論争と批判

アーネ・シャイアン・ジョンソンの裁判は、論争と憶測の話題であり続けている。ジョンソンは純粋に憑依されていたのであり、自分の行動に責任はないと考える者がいる一方で、この話全体をデマや捏造だと否定する者もいる。

批評家たちは、超常現象調査で知られるウォーレン夫妻の関与がこの事件を汚し、メディアの見世物に変えたと主張する。彼らは、悪魔憑きの擁護は注目と金銭的利益のための策略にすぎなかったと主張する。グラッツェル家自体も長年にわたって分裂しており、超常現象の主張に異議を唱えたり、ウォーレン一家が自分たちの状況を利用していると非難したりするメンバーもいる。

文化的影響と遺産

この裁判とその超自然的要素は、大衆文化に永続的な影響を残した。この事件は、ジェラルド・ブリトル著の『コネティカットの悪魔』に影響を与え、後に復刊されて再び注目を集めた。この物語は、テレビ映画悪魔の殺人事件の原作にもなった。

最近では、アルネ・シャイアン・ジョンソンの裁判がThe Conjuringというタイトルで映画化された:The Devil Made Me Do Itというタイトルで映画化された。2021年に公開されるこの映画は、事件の超自然的な側面をさらに探求し、憑依とその結果の複雑さを掘り下げている。

答えのない質問

裁判から数十年経った今でも、アルネ・シャイアン・ジョンソンは本当に憑依されていたのか、それとも単に防衛戦術を使っただけなのかという疑問は解けないままだ。懐疑論者は、超自然的な主張は根拠がなく、ジョンソンの暴力的な行動には他の要因があったに違いないと主張する。

アルネ・シャイアン・ジョンソンの裁判は、個人の責任の限界と、人間の行動に対する外的な力の影響について、哲学的かつ法的な深遠な問題を提起している。超自然的なものに対する私たちの理解に挑戦し、私たちの理解を超えたところに横たわる謎に直面させる。

信条や懐疑心にかかわらず、アルネ・シャイアン・ジョンソンの裁判は、私たちに自然と超自然、人間と悪魔の間の細い線への不朽の魅力を残し、魅了し、興味をそそる。

[ruby_related total=5 layout=5]

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です