「スルー・マイ・ウィンドウ3: 瞳を見つめて」(2024) Netflix映画:愛はすべてを変える。特に思春期に

Through My Window: Looking at You
ベロニカ・ループ
ベロニカ・ループ

「スルー・マイ・ウィンドウ3: 瞳を見つめて」は、クララ・ガレフリオ・ペーニャ主演のマルサル・フォレス監督映画である。

約束通り、この青春物語で幕を閉じるサーガの第3弾。前2作の長所を生かし、現在は本の出版に専念するラケルの物語を完結させる。

この映画は自分の限界を完璧に理解し、ターゲットとする観客を理解している。

小説は、10代の読者で知られる人気プラットフォーム「ワットパッド」で出版したベネズエラ人作家、アリアナ・ゴドイによって書かれた。

プロット

ラケルとアレスはクリスマス休暇中に関係を修復し、彼女は自分の人生を綴った小説の出版を待ちながら、出版の成功が確実視される続編の準備をする。

映画について

大人には理解できないが、ティーンエイジャーやヤングアダルトには好まれるサーガのひとつ。なぜなら、彼らが求めるもの、すなわち、ほどよいセンチメンタルさ、興味をそそるストーリーやシチュエーション、同じようなシチュエーションを経験する実在の人物、そして、このサーガにスパイスを加えるかのような、いたずら心やエロティックなシーンを伴っているからだ。

「スルー・マイ・ウィンドウ3: 瞳を見つめて」は、主人公たちとともに成長した完結編であり、そのユニークな特徴である、スパイシーなシーンと、とりわけ、ティーンエイジャーらしいドラマチックでロマンチックなタッチを保っている。

技術的には悪くはないが、この点でも際立とうとはしていない。美学という点では何も失いたくない映画だ。発想、設定、登場人物の扱いにおいて伝統的である。現代的なタッチも多いが、伝統的なロマンチック・ストーリーであることに満足し、このジャンルのルールに固執している。

前2作と比べて新しいものは何もない第3弾であり、ラケルとアレスという登場人物に別れを告げる作品である。

作家はきっと新しいストーリーと同じくらいロマンチックなキャラクターを生み出してくれるだろうが。

私たちの意見

準備され、考え抜かれ、書かれ、若い観客に向けられた。彼らはこの作品が大好きで、心に響き、親しみやすい物語に熱中する。

もしあなたがティーンエイジャーでなく、ホルモン分泌が激しくないなら、近づかない方がいい。

「スルー・マイ・ウィンドウ3: 瞳を見つめて」の視聴場所

Netflix

タグ付き:
この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です