「ノープレッシャー」(2024) – Netflixの映画: 伝統の心へ

「ノープレッシャー」は、アンナ・シマンチクアンナ・セニウクマテウシュ・ヤニツキアルトゥール・バーシシュ主演のポーランドのコメディ。監督はバルトシュ・プロコポヴィッチ

都会人が故郷に帰って人生を再発見する映画を見たことはありますか?映画業界とは関係ないお仕事でも、何度か見たことがあるでしょうし、もう1つの映画が単調に感じるかもしれません。

でも、クリスマスは毎年来て、大成功のようですね。

ノープレッシャー
ノープレッシャー

あらすじ

都会から出てきた少女が、祖母の葬式に出席するために故郷に戻る。しかし、祖母が死んでなくて、全ては彼女がたくさんの動物でいっぱいの家族の農場を引き継ぐように仕組まれたペテンだと発覚する。

映画について

少女が町に戻るとすぐに、イケメンの男と出会い、最初はあまり好きではないが、シーンが進むにつれ、田舎の素敵な感情である愛が心に芽生えるという流れはお馴染みでしょう。

そして、新生児のヤギ、犬、アヒル、そして生活をゆったりと楽しむ素朴な人々。

我々の主人公は農場での新生活に適応できるでしょうか?そんなサスペンスに心臓が止まるかもしれません(あるいは止まらないかもしれません)、しかし、確かなことは、「ノープレッシャー」は田舎の生活を都市の喧騒よりも高く評価する人々にとって完璧な映画で、事情がどんなに変わろうとも、人工知能がすら彼らの生活を変えることはないと信じている人々にとっては、伝統を親から子へと伝える習慣が変わらないのです。

「ノープレッシャー」は、登場人物の発展が少なく、ステレオタイプが多いために自己流に書かれた簡単な映画の1つで、入る価値がない。これはあるべき映画で、田舎の映画が次に来るべきだから生まれ、これらの映画はあまりお金をかけずに利益を得る。

オリジナルでなければならないわけではなく、伝統を変えてしまうと、映画はあまりにも洗練されすぎてしまうかもしれない。そして何よりも、それが”洗練されたもの”を少し馬鹿にしていると考える人々に気に入られたい映画でなければならない。

全ての人々に対して、今日の水曜日にNetflixが私たちに提供するこの映画は、少なくとも洗練されてはいません。

そして、伝統と自然への愛がたくさんあります。それも悪くないですよね。

お楽しみください!

「ノープレッシャー」の視聴場所

Netflix

アリス・ランゲ (Alice Lange)
アリス・ランゲ (Alice Lange)
アリス・ランゲは音楽に情熱を注いでいる。制作サイドでいくつかのバンドに所属してきたが、その経験をジャーナリズムの分野に生かすことにした。また、映画やテレビの批評をしたり、さまざまなイベントに参加したりしている。
(英語 連絡先: music (@) martincid (.) com
関連記事

返信を残す

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

最新記事