「パレード」Netflixで配信中の映画:とても魅力的で、ノスタルジックで、美しい…死についての映画

パレード」は、藤井道人が脚本・監督し、長澤まさみ坂口健太郎横浜流星森七菜が出演する映画である。

日本発の「パレード」は、人間の感情の深みと死という普遍的な問題に直接語りかける心温まる映画だ。死を出発点として、徐々に生と対比させ、最終的には生そのものを賛美する。この映画には感傷と郷愁、そして希望と活力が満ちている。

筋書きは、地震の後、息子を探そうとして混乱し、呆然としている女性の姿を描いている。見知らぬ男が彼女をキャンプに連れて行き、そこで彼は真実を明かす:彼女は死んでおり、あの世に進むためにはやり残したことを解決する必要があるのだ。

ネットフリックスは、「死」という一見暗く陰鬱なテーマに対して、詩的で人間的なアプローチを選んだ。死に生を吹き込み、より明るく、自然で、驚くほど希望に満ちたものにしている。「パレード」には、優しく魅力的な瞬間、心に響く特別な瞬間があふれている。人生の風刺的な側面はさておき、この映画にどっぷり浸かるのが一番だ。美的に楽しいシーンがたくさんあり、愛すべきキャラクターが登場し、希望の物語を楽しむに値するのだから。

「パレード」は悲しくメランコリックでありながら、喜びに満ちている。スローペースではあるが、最初のインパクトの後も停滞することなく、ただ最初のアイデアに流されていく。この映画は、非常に厳しく、深く、実存的なものから始まるが、よく練られたキャラクター、状況、美学で物語を展開させることに成功している。その根底にある映画的コンセプトが、この映画にさらなる面白さを加えている。

我々の意見

「パレード」は、深遠で実存的なものを掘り下げることを厭わない人にとっては魅力的な映画である。生と死が喜びと美学に満ちた魅惑的な映画へと収束していく、内省を超えた詩的な旅だ。

「パレード」の視聴場所

Netflix

モリー・セギョン
モリー・セギョン
モリー・セギョンは小説家、映画・テレビ評論家。スタイル欄も担当。
連絡先:molly (@) martincid (.) com
関連記事

返信を残す

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

最新記事