「ブラッド・オブ・ホープ」は、ナイジェリアのスリラー映画であり、映画以上の社会的な訴えとして機能しています。

ブラッド・オブ・ホープ
ベロニカ・ループ
ベロニカ・ループ

「ブラッド・オブ・ホープ」はモーゼス・インワング監督、ムーサ・ジェフェリー・デイヴィッド脚本による映画。主演はディボール・アダオビ、デヴィッド・エゼキエル、レヴィ・チケレ。

この映画は、一部の合意を履行しなかった石油会社による漁業の破壊と不正義をテーマにした作品です。

不正義と善良な人々が善意を持って困難に立ち向かう様子が描かれた、良く出来たキャラクターたちが利用されています。

映画全体を通して、達成すべき目標は映画制作以上に社会的な要素に焦点を当てています。

技術的にも悪くない映画であり、特に夜の風景などいくつかの良いシークエンスがあります。

ただし、これは単に映画作りそのものではなく、他の側面に挑戦することを望んでいます。

感情的な効果と効率的な演技によって、キャラクターたちは社会的なメッセージを達成するために明確な役割を果たしています。

あらすじ

ひょんなことから集まった6人のグループが、石油汚染で荒廃した町から避難しようとする。彼らはその前に待ち受ける危険も知らずに、謎の船で危険な旅に出る。

映画の批評

最初に言っておきますが、政治的な意図や社会的な訴えとは関係なく、映画作品のみに焦点を当てることを望んでいましたが、時には映画自体以上の目的で不正な状況を訴えるための手段として機能する映画について話す必要があります。このように、フィクションを通じた言説によって、フィクション自体が現実を超えていくことができます。

フィクションに限定されることを考慮すれば、「ブラッド・オブ・ホープ」は予算の限られた映画でありながら、持ち合わせた価値あるアイデアを十分に達成しています。演技、編集、音響の面で特筆すべきものはありませんが、古典的な方法で物語性を語っています。

もしもこれが現実とは関係ない物語ならば、私たちは印象的ではない映画として、ドラマチックなパートの強調と劇的なストーリーテリングを通じて効果的な悲劇を伝えるものと言えるでしょう。

ただし、予算が制約されているため、ハリウッドの製作とは異なり、映像の派手さよりも物語のドラマを追求することが必要とされています。

私たちの意見

この映画は映画としては目立ちませんし、映画史に名を刻みたいとも思っていません。映画以外の要素に重点を置いており、非常に立派で称賛に値しますが、現実から逃れて単にフィクションの作品で楽しむことを望む多くの観客からは遠ざかるかもしれません。ただし、意識的に我々に語られるフィクションを超えたものを追求している映画です。

発売日

2023年12月8日

「ブラッド・オブ・ホープ」の視聴場所

Netflix

この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です