「ミアの事件簿: 疑惑のアーティスト」(2024) – Netflix映画:優れた脚本の陰謀スリラー

Mea Culpa
ベロニカ・ループ
ベロニカ・ループ

「ミアの事件簿: 疑惑のアーティスト」は、タイラー・ペリーが脚本・監督を務めた映画。主演はケリー・ローランドトレヴァンテ・ローズ

タイラー・ペリーは才能ある俳優であり、脚本家であり、監督である。彼はそのすべてを兼ね備えており、この古典的なスリラーを世に送り出すために、この2つの役割(監督と脚本)でその手腕を発揮している。完全に脚本と演技に牽引され、ヒッチコック・スタイルの陰謀を完璧な演出で見せてくれる。

素晴らしいサスペンス、力強い演技、確かな台詞、このジャンルのガイドラインに忠実な非の打ちどころのない演出。

意外だろうか?全然。

筋書き

夫婦関係に問題を抱えた弁護士が、殺人罪に問われた有名画家の弁護を引き受けることになる。夫の家族、そして事件における利害の対立が明らかになり、状況は複雑になる。彼女は有名で魅力的な依頼人と親しくなり始め、事件は彼女個人にも影響を及ぼし始める。

映画について

金曜日の夜にぴったりの映画で、ケリー・ローランドがこの映画の絶対的スターとして際立っている。ヒロインであり、オスカーに値するような役柄ではないものの、彼女を輝かせる素晴らしい脚本は、すべてのツボを押さえており、サスペンス映画としての完成度は高いが、残念ながら観る者の印象に残る作品にはなっていない。

古典的で伝統的に作られたストーリーであるにもかかわらず、私たちが待ち望むオリジナリティが感じられないのだ。

この作品は素晴らしく、自分のペースをわきまえている。ゆっくりとしたリズムがあり、芸術家と弁護士の関係には時間がかかる。しかし、すべてがあまりに古典的(そして予測可能)であるため、優れた技術的な作品はその魅力の多くを失っている。

脇役に肉付けをし、すべての動きが完璧で、完璧に調和している脚本の筋書きの中で、彼ら全員に理由を与えるという点では良い仕事をしているが、私たちが見てきた何千本ものほとんど同じようなスリラーの中で、この映画を驚かせたり際立たせたりすることはない。

緊張感は台詞の中にあり、登場人物の進化にあり、筋書きと陰謀がどのように彼らを蝕んでいくかにある。

チェイスや危険なシーン、冒険はなく、常に心理的要素に頼った映画である。

「ミアの事件簿: 疑惑のアーティスト」は、スリラーの規範を満たすことだけに限定しているようで、あらゆる面で良い仕事をしているが、意識的に目立とうとはしていないようだ。

我々の意見

完璧に仕上げられた伝統的な映画。優れた脚本、力強い演技、一貫したプロットとセリフ。驚きを与えず、目立たず、印象に残らない。

「ミアの事件簿: 疑惑のアーティスト」の視聴場所

Netflix

この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です