「神さまの言うとおり」(2014) – ジャパニーズホラー映画:脱出ルーム、コメディ、そしてグロい少し「ため息に乾杯」

神さまの言うとおり
マーティン・シド (Martin Cid)

「神さまの言うとおり」は、三池崇史監督、福士蒼汰山崎紘菜優希美青主演のホラー映画。原作は藤村明二金城宗幸の漫画。

ほんのちょっとのコメディで二重のアクション、そしてもちろん恐怖の「神さまの言うとおり」という映画の名前は、皆が予想した通りです。 それは2014年のジャーパニースホラー映画のアイデアが一部「スクイードゲーム」というヒットNetflixの映画から生まれたことをご存知でしょうか?

あらすじ

一組の学生が、ルールがわからないままに、一人ずつ殺されていく危険なゲームに巻き込まれます。 彼らはゲームが終わる前にゲームの意味を解明する必要があります。

しかし、生き残った人々は空中に浮かぶ大きなキューブに連れて行かれるとすべてが変わります。

この映画について

面白くてオリジナルで、公開以来ますます多くのファンを獲得してきた映画の一つです。「神さまの言うとおり」は、彼らが主役であり、彼らのために、彼らとともに若者を魅了する恐怖の映画で、すべての問題を解決しなければならないのは彼らです。

「神さまの言うとおり」は、ビデオゲームとホラーを組み合わせた映画で、いくつかの他の映画(たとえば「キューブ」)のアイデアを取り入れ、非常にオリジナルで楽しく魅力的な脚本を提供しています。 意外性に満ちた映画で、恐怖が好きでなくても、これが何なのかを解決するために残るでしょう:ここでは一体何が起こっているのか?

「神さまの言うとおり」は、常にインパクトを追求し、最初の爆発の後、完全には成功していませんが、新しい驚きを持ちながら常に興味を引くことを試みています。 より大人向けの観客には向いていない映画であり、これを少し「愚か」だと感じるかもしれません。そして、おそらく十代のための純粋なホラー映画に焦点を当てすぎているかもしれませんが、「神さまの言うとおり」は少なくともそれだけの価値があります:素晴らしいビジュアルの提案、成功した効果、そして素晴らしいセットデザインがあります。 さらに、オリジナリティという不可欠な美点を持っており、恐怖のジャンルでは「同じもの」ではありません。

私たちの意見

オリジナルで楽しくめずらしい映画で、少なくとも素晴らしいエンターテイメントを提供します。プロポーズは元気で驚きに満ちています。

神さまの言うとおり
神さまの言うとおり

映画予告編

タグ付き:
この記事を共有する
作家、パイプ愛煙家、MCM創設者
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です