アンバー・ハード

アンバー・ハード Depostiphotos
モリー・セギョン
モリー・セギョン

アンバー・ハードは、アメリカの女優、モデル、活動家である。映画「ラム・ダイアリー」「マジック・マイクXXL」「アクアマン」「ザック・スナイダー監督ジャスティス・リーグ」などで知られる。また、「ドライブ・アングリー」や「オール・マイ・チルドレン」などのテレビシリーズにも出演している。

2008年、セス・ローゲンとともに『パイナップル・エクスプレス』に出演したことが、彼女の名声を高めるきっかけとなりました。それ以来、彼女はハリウッドで最も有名な顔の1つとなり、またそれ以上の存在となっている。

アンバー・ハードは、LGBTQ+の権利のための率直な活動家であり、世界中の多くの人々にとってインスピレーションを与えるロールモデルとなっている。また、ファッションショーや雑誌の表紙を飾るなど、スタイリッシュなアイコンとしても知られています。

このブログでは、アンバー・ハードのキャリア、活動、スタイルなど、アンバー・ハードについて知っておくべきことを詳しく説明します。

アンバー・ハードのキャリアを紹介

Amber Heard
アンバー・ハード Depostiphotos

アンバー・ハードは、インディーズ映画から『アクアマン』のような超大作プロジェクトまで、さまざまなジャンルで活躍するアメリカの女優であり活動家である。彼女は、『All The Boys Love Mandy Lane』(2006年)と『Magic Mike XXL』(2015年)の演技で、サターン賞、GLAADのOutstanding Performance Award、London Critics Circle Awardsなどの賞にノミネートされたことがある。彼女の活動は、ACLU、The Art of Elysium、Children’s Hospital Los Angelesなど、数多くの組織やプロジェクトに及んでいる。

ハードは2004年にテレビデビューし、それ以来、数え切れないほどの映画、テレビ番組、ミュージックビデオ、ウェブシリーズなどに出演しています。代表的な役柄としては、『ドライブ・アングリー』(2011)のリズ・ドネリー、『マチェーテ・キルズ』(2013)のカルメン・エジョゴ、『アクアマン』(2018)のメラ、『ジャスティス・リーグ』(2017)のダイナ・ランス/ブラック・カナリー、ハーレー・クイン役のマーゴット・ロビーと並ぶ『バーズ・オブ・プレイ(2020)』がある。

元夫のジョニー・デップから受けた家庭内暴力について名乗り出た彼女の勇気は、世界的な話題となりました。虐待を受けた人への支援は、世界中の多くの人に勇気を与える存在となっている。

アンバー・ハードの出演作品

アンバー・ハードといえば、「アクアマン」の海の女王メラ役、あるいは「ラム・ダイアリー」「ザ・デイニッシュ・ガール」「ドライブ・アングリー」などの作品に出演していることで、すでにご存知かもしれませんね。興行的に成功した作品からロマンティックコメディ、ホラー映画まで、アンバー・ハードは様々な作品に出演しています。

しかし、銀幕のアンバー・ハードの世界をさらに掘り下げたい人のために、彼女の必見作品をいくつか紹介しよう:

  • ラム・ダイアリー』ジョニー・デップ主演のラブコメ・ドラマで、アンバー・ハードが恋敵のシェノーを演じています。
  • 3 Days to Kill – Kevin CostnerとHailee Steinfeldが共演したアクション映画で、HeardはCIA工作員のZoeyを演じている。
  • マチェーテ・キルズ – ロバート・ロドリゲス監督の続編で、マチェーテ役のダニー・トレホは、彼を捕らえるために派遣された2人のエージェントのうちの1人だと聞いています。
  • リバー・ホワイ』-本当の自分を見つけるために故郷を離れた青年を描いたデヴィッド・ジェイムズ・ダンカンの小説を原作とする感動的なインディペンデント映画です。ハードはエディ役でズーイー・デシャネル、ウィリアム・ハートと共演。

アクション満載のドラマ、コメディ満載のロマンス、手に汗握るインディペンデント映画など、映画の好みに関わらず、アンバー・ハードがあなたをサポートしてくれることは間違いない!

アクアマン』役

Amber Heard
アンバー・ハード Depostiphotos

DCコミックのスーパーヒーロー映画で、アトランティスの女王であり、ジェイソン・モモア演じるアクアマンの恋敵であるメラを演じたアンバー・ハードは、多くのファンの支持を集めています。実際、『アクアマン』での彼女の演技は非常に高く評価され、その2つの続編で再演することが決まっています。

メラは手強い戦士であり、ハードはキャラクターになりきるために集中的なトレーニングプログラムを受けなければならなかった。彼女は約3カ月間、カンフーと武術を学び、その後6週間、長時間宙に浮くことができるワイヤーワークを行った。さらに、水泳と水中でのスタントワークの講習を4週間受けた。

また、ジェームズ・ワン監督やチームのムーブメントコーチと緊密に連携し、メラが本物のアトランティス人のように優雅に動き、かつ力強く見えるようにしました。彼女の努力は実を結び、メラを演じたハードは、観客や批評家から絶賛されることになりました!

アンバー・ハードのアクティビズム

アンバー・ハードは、自分の才能と同じくらい、世界をより良い場所にすることに情熱を注いでいます。特に、あらゆるメディアにおける女性の声を増幅するためのイニシアチブである「#GirlGaze Project」の共同設立に尽力しています。

ハードはまた、長年にわたりLGBTQの権利を擁護し、差別や暴力に対して声を上げてきました。彼女は2016年からヒューマン・ライツ・キャンペーンのアンバサダーを務めており、結婚の不平等に対して声を上げ、人々に行動を起こして変化のための戦いに参加するよう呼びかけています。

また、ロサンゼルス小児病院、The Art of Elysium、The Humane Society of the United States、Global Green USAなど、数多くの慈善団体に時間を割いています。2015年にはUN Women親善大使に任命され、自身のプラットフォームを利用して世界中のジェンダー平等と人権を提唱しています。

Amber Heard
アンバー・ハード Depostiphotos

アンバー・ハードのパーソナルスタイル

アンバー・ハードのパーソナルスタイルは、時代を超越し、ファッションフォワードで、常にエフォートレスであると言われています。ヴィンテージ風のワードローブでも、明るい色使いでも、彼女はいつも洗練され、きちんとした印象を与えます。

ハードは、主張のあるワードローブを選ぶコツを心得ています。ドレッシーなスタイルとカジュアルなルックを組み合わせて、パターンやテクスチャーをユニークな方法でミックスするのが好きです。アクセサリーは彼女のワードローブの重要な部分であり、ジュエリー、スカーフ、帽子でポップな色を加えるのが好きです。

ブルージーンズやジャケットなど、デニムの大ファンでもあるハードは、彼女のルックにストリートスタイルのエッジを与えています。また、オーバーサイズのセーターも大好きで、体にフィットしたボトムスと合わせて、クラシックなコーデを現代風にアレンジしています。ミニマルな服装でも、大胆なプリントでも、Heardはいつも自分のファッションでインパクトを与える方法を知っています。

アンバー・ハードの今後について

俳優、プロデューサー、活動家、そしてハリウッドのオールラウンドなパワーハウスとして、アンバー・ハードはまだ始まったばかりだと言ってよいでしょう。アクアマン』や『ラム・ダイアリー』のようなプロジェクトですでに有名になり、男女平等やLGBTQ+の権利運動のための活動も行っています。

しかし、彼女の未来はどうなっているのでしょうか?ここでは、ハードが控えているプロジェクトをいくつかご紹介します:

  1. ロスト・シティ・オブ・D』:このロマンティック・コメディは2021年中に公開予定で、ハードはクリステン・ウィグ、アーミー・ハマーらと共演する。
  2. 水俣: ハードがジョニー・デップと共演し、日本の水銀中毒による環境破壊をめぐる実話に基づいたドラマです。
  3. ザ・スタンドスティーブン・キングの同名ポストアポカリプス小説のリミテッドシリーズで、ウーピー・ゴールドバーグ、アレキサンダー・スカルスガルドと共演する予定である。

アンバー・ハードは、その芸術性、活動性、そしてソーシャルメディアにおけるインパクトのある存在感で、世界中の観客にインスピレーションを与え続けることでしょう。

Amber Heard Johnny Depp
アンバー・ハードとジョニー・デップDepostiphotos

アンバー・ハードは、明らかに多くの才能を持った女性です。独立系映画からメジャースタジオのプロジェクトまで、さまざまな役をこなす演技力を備えている。また、ACLUやアムネスティ・インターナショナルなどの組織と協力し、さまざまな活動への賛同者としても高く評価されています。逆境に直面したときの彼女の粘り強さと個人的な強さは、多くの人にインスピレーションを与え、自己決定の力の見本となっています。アンバー・ハードは、その素晴らしいキャリア、力強い活動、そして他人を助けることへの献身的な姿勢から、エンターテインメント業界において真の傑物であると言えます。

ジョニー・デップ vs アンバー・ハード裁判(最も楽しい瞬間)

この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です