サム・ロックウェル

Sam Rockwell. By Rhododendrites - Own work, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=76181853
スーザン・ヒル (Susan Hill)

1968年11月5日、カリフォルニア州デイリーシティ生まれのサム・ロックウェルは、その多才さと卓越した演技で知られるアメリカの俳優である。40年以上のキャリアを持つロックウェルは、さまざまな映画や舞台作品に出演し、批評家から高い評価と数々の賞賛を集めてきた。複雑なキャラクターを演じ分けることから、コミカルなタイミングを披露することまで、彼は業界で最も才能ある俳優の一人としての地位を確立している。

サム・ロックウェルは1968年11月5日、俳優のピート・ロックウェルとペニー・ヘスの間に生まれた。5歳のときに両親が離婚し、主にサンフランシスコで父親に育てられた。しかし、夏は母親とニューヨークで過ごした。ロックウェルは幼い頃から演技に興味を持ち、イースト・ヴィレッジの即興コメディ・スケッチで母親と一緒にハンフリー・ボガートを演じて短い舞台に立ったこともある。

高校時代はサンフランシスコ芸術学校に通ったが、最終的にはオルタナティブ・スクールであるアーバン・パイオニアーズで卒業資格を得た。ロックウェルは後に、この学校が演技への情熱を再燃させたと語っている。高校3年生のときに自主映画に出演した後、俳優のキャリアを追求することを決意し、ニューヨークに移った。ウィリアム・エスパー・スタジオのプロフェッショナル・アクター・トレーニング・プログラムに入学し、さらに腕を磨いた。

キャリアハイライト

初期の映画

ロックウェルのキャリアは1990年代初頭に勢いを増し、TVシリーズと映画の両方に出演。ホラー映画『Clownhouse』(1989年)でデビューを飾った後、ウィリアム・エスパー・スタジオで修行するためニューヨークに移住。イコライザー』、『NYPDブルー』、『LAW & ORDER』などの人気番組にゲスト出演する一方、『ブルックリンへの最終出口』や『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』などの映画にも出演した。

ロックウェルのブレイクのきっかけとなった役柄のひとつが、トム・ディシロ監督の映画『月光の箱』(1996年)である。孤立した移動住宅に住む風変わりな男の子供を演じた彼は、批評家から絶賛され、インディペンデント映画の地図に名を刻んだ。さらに『Lawn Dogs』(1997年)では、労働者階級の芝刈り機を演じ、上流階級に住む少女と親しくなり、観客と批評家に感動を与えた。

ハリウッドの評価

キャリアを重ねるにつれ、ロックウェルはハリウッドから認められるようになった。ギャラクシー・クエスト』(1999年)、『真夏の夜の夢』(1999年)、『チャーリーズ・エンジェル』(2000年)などに出演。しかし、大きな注目を集めたのは、ジョージ・クルーニー監督の『コンフェッションズ・オブ・ア・デンジャラス・マインド』(2002年)のチャック・バリス役だった。ロックウェルの演技は高く評価され、映画も好評を博した。

その後数年間、ロックウェルは多様な役柄に挑戦し、多才ぶりを発揮した。シェイクスピアの映画化『真夏の夜の夢』(1999年)ではフランシス・フルートを演じ、『チャーリーズ・エンジェル』(2000年)では社交的な悪役エリック・ノックスを演じた。また、『銀河ヒッチハイク・ガイド』(2005年)のザホード・ビーブルブロックス役や、『ロバート・フォード暗殺』(2007年)のチャーリー・フォード役でも高い評価を得た。

劇場

映画での成功のほかに、ロックウェルは演劇界でも顕著な貢献をしている。1992年以来、ニューヨークを拠点とするLAByrinth Theater Companyのメンバーである。2005年には、フィリップ・シーモア・ホフマンが演出したスティーヴン・アドリー・ギルギスの戯曲『イスカリオテのユダの最期』に主演。ロックウェルの演技は好評を博し、その後も劇団LAByrinthの様々な作品に出演。

ロックウェルの演劇における最近の功績のひとつは、2019年のミニシリーズ『Fosse/Verdon』でボブ・フォッセを演じ、批評家から絶賛されたことだ。2022年にはデヴィッド・マメットの「American Buffalo」の再演でブロードウェイの舞台に戻り、その演技でトニー賞にノミネートされた。

サム・ロックウェルは結婚歴はないが、2007年から女優レスリー・ビブとの長期交際を続けている。ふたりは映画『アイアンマン2』や『ドン・ベルダン』などで共演している。ロックウェルはインタビューで、親になる気はないと語っている。

キャリアを通じて、サム・ロックウェルはその優れた演技で数々の賞を受賞し、ノミネートされてきた。スリー・ビルボード アウトサイド・エビング、ミズーリ』(2017年)の人種差別主義者の警官役でアカデミー助演男優賞を受賞し、翌年には『バイス』(2018年)のジョージ・W・ブッシュ役でノミネートされた。ロックウェルは『スリー・ビルボード・アウトサイド・エビング、ミズーリ』のジェイソン・ディクソン役で、ゴールデン・グローブ賞、2つの映画俳優組合賞、BAFTA賞も受賞した。

映画での称賛に加え、ロックウェルは演劇での活躍も認められている。Fosse/Verdon』ではボブ・フォッセを演じ、プライムタイム・エミー賞にノミネートされ、『American Buffalo』のブロードウェイ・リバイバル公演ではトニー賞にノミネートされた。

サム・ロックウェルのキャリアは、多才さ、献身、そして目覚ましい演技に彩られてきた。インディペンデント映画に出演していた初期の頃から、ハリウッドでの知名度や舞台での成功に至るまで、彼は常に観客や批評家に感動を与えてきた。複雑なキャラクターを体現し、魅惑的な演技を披露する能力を持つロックウェルは、業界で最も才能ある俳優の一人としてその地位を確固たるものにしている。新たなプロジェクトに挑戦し続ける彼の今後の活躍と、彼が間違いなく魅せるであろう演技を、ファンは待ち望んでいる。

タグ付き:
この記事を共有する
フォローする:
テクノロジー部門の編集者。科学、プログラミング、そして本誌の読者同様、映画、エンターテインメント、アート(そしてテクノロジー)にも情熱を注ぐ。
連絡先:technology (@) martincid (.) com
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です