ベネディクト・カンバーバッチ

ベネディクト・カンバーバッチ
ベネディクト・カンバーバッチDepostiphotos

ベネディクト・ティモシー・カールトン・カンバーバッチは1976年7月19日生まれ。スクリーンと舞台の両方でその名を馳せ、キャリアを通じて数々の称賛を得る。主な受賞歴には、プライムタイム・エミー賞、英国アカデミー・テレビ賞、ローレンス・オリヴィエ賞などがある。カンバーバッチは『フランケンシュタイン』の演技でローレンス・オリヴィエ賞演劇主演男優賞を受賞し、『シャーロック』の演技でプライムタイム・エミー賞ミニシリーズ・映画部門優秀主演男優賞を受賞した。また、ドラマ『イミテーション・ゲーム』(2014年)や『犬の力』(2021年)でも高い評価を得ており、アカデミー賞、BAFTA賞、映画俳優組合賞、ゴールデン・グローブ賞などの権威ある賞の主演男優賞にノミネートされた。また、ミニシリーズ『パトリック・メルローズ』では主人公を演じ、BAFTAテレビ賞主演男優賞を受賞した。

2014年、『タイム』誌はカンバーバッチを「世界で最も影響力のある100人」に選出。翌年には、舞台芸術とチャリティ活動への貢献が認められ、エリザベス女王からCBEを授与された。カンバーバッチはマンチェスターのヴィクトリア大学で教育を受け、さらにロンドン音楽演劇アカデミーで芸を磨き、古典演技の修士号を取得した。キャリアの初期にはリージェンツ・パークのオープン・エア・シアターでシェイクスピア作品に出演し、2005年にはリチャード・エアの『ヘッダ・ガブラー』の再演でウェストエンドにデビューした。その後、『アフター・ザ・ダンス』(2010年)、『フランケンシュタイン』(2011年)など、ロイヤル・ナショナル・シアターの名作に出演。2015年にはバービカン・シアターで『ハムレット』のタイトルロールに挑戦した。

カンバーバッチのテレビ出演作には、2004年のテレビ映画『ホーキング』でスティーヴン・ホーキング博士を演じたものがある。しかし、2010年から2017年まで放送されたBBCシリーズ『シャーロック』のシャーロック・ホームズ役での卓越した演技で国際的な評価を得た。ほかにも、トム・ストッパードが脚色した『パレード・エンド』(2012年)、『ホロウ・クラウン』(2016年)など、注目すべきテレビ作品の主役を務めている:薔薇戦争』(2016年)、『パトリック・メルローズ』(2018年)、『Brexit:The Uncivil War』(2019年)。映画の領域では、カンバーバッチは『アメイジング・グレイス』(2006年)のウィリアム・ピット・ザ・ヤンガー、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013年)のカーン、『12 Years a Slave』(2013年)のウィリアム・プリンス・フォード、『フィフス・エステート』(2013年)のジュリアン・アサンジ、『イミテーション・ゲーム』(2014年)のアラン・チューリングなど多様な役柄に出演している。また、『The Current War』(2017年)、『1917』(2019年)、『The Courier』(2020年)といった歴史ドラマでもその才能を発揮し、ジェーン・カンピオン監督の西部劇『The Power of the Dog』(2021年)での演技は高い評価を受けた。さらに2012年から2014年にかけては、映画『ホビット』シリーズのスマウグとサウロンのキャラクターに声とモーションキャプチャーの技術を提供した。カンバーバッチは、『ドクター・ストレンジ』(2016)を皮切りに、マーベル・シネマティック・ユニバースでスティーヴン・ストレンジ博士を演じたことで広く知られている。また、アニメシリーズ『What If.. (2021).

読書は人生の楽しみのひとつであり、一度始めたらやめられないし、たくさんの物語を楽しみにしているのだから。

ベネディクト・カンバーバッチ

見て、泳いで、登って、生きて、運転して、撮影してきた。明日、すべてが終わったとしても、後悔はないと断言できる。私はとてもラッキーだし、そう思っている。私は本当に5,000倍以上生きてきた。

ベネディクト・カンバーバッチ
Molly Se-kyung
Molly Se-kyung
マーティン・シド・マガジン(MCM)のシネマ・セクションの有能で熟練した編集者、モリー・セギョンを紹介しよう。この素晴らしい女性は、細部に対する鋭い目とストーリーテリングに対する比類ない情熱を持っている。映画に関する幅広い知識と卓越した文章力で、モリーは競争の激しいシネマ・ジャーナリズムの世界で独自の地位を築いている。彼女が書くどの作品にも、映画に生命を吹き込む言葉を難なく織り交ぜ、その技術への献身が見て取れる。
関連記事
最も人気のある記事