ブラッドリー・クーパー

ブラッドリー・クーパー Depositphotos
モリー・セギョン
モリー・セギョン

ブラッドリー・チャールズ・クーパーは1975年1月5日生まれのアメリカ人俳優、映画監督。英国アカデミー映画賞、グラミー賞2部門、アカデミー賞9部門ノミネート、ゴールデングローブ賞6部門ノミネート、トニー賞ノミネートなど、数々の賞を受賞。2015年には、フォーブスの「セレブリティ100」とタイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出された。彼の映画は全世界で110億ドルの興行収入を達成し、最も稼いだ俳優に何度もランクインしている。

Bradley Cooper
ブラッドリー・クーパー Depostiphotos

1999年、テレビシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』にゲスト出演し、キャリアをスタート。2000年、アクターズ・スタジオの修士課程に入学。映画デビューは2001年のコメディ『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』。スパイアクションTV番組『エイリアス』(2001~2006年)のウィル・ティピン役で知名度を上げ、コメディ映画『ウェディング・クラッシャーズ』(2005年)の脇役で中程度の成功を収める。しかし、彼のブレイクのきっかけとなったのは、2009年に公開された『ハングオーバー』である。このコメディは、批評家たちから高い評価を受け、商業的にも大成功を収め、2011年と2013年に続編が公開された。スリラー映画『リミットレス』(2011年)では苦悩する作家を、犯罪ドラマ『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ』(2012年)では新米警察官を演じ、批評家から称賛を浴びた。

クーパーはロマンチック・コメディ『シルバー・ライニングス・プレイブック』(2012年)、ブラック・コメディ『アメリカン・ハッスル』(2013年)、戦争伝記映画『アメリカン・スナイパー』(2014年)でさらなる成功を収め、自らもプロデュースを手がけた。これらの作品でアカデミー賞4部門にノミネートされ、3年連続でアカデミー賞にノミネートされた10人目の俳優となった。2014年には、ブロードウェイで再演された『エレファント・マン』でジョセフ・メリックを演じ、トニー賞演劇主演男優賞にノミネートされた。クーパーはマーベル・シネマティック・ユニバースでロケット・ラクーンの声優も務めるようになった。2018年には、ミュージカル・ロマンス『A Star Is Born』のリメイク版で製作、脚本、監督、主演を務めた。同作への貢献は、全米.ビルボード200で1位を獲得したサウンドトラックや、チャートを席巻したリードシングル「Shallow」など、同作への貢献により、アカデミー賞3部門、BAFTA賞、グラミー賞2部門にノミネートされた。さらにクーパーは、『ジョーカー』(2019)と『ナイトメア横丁』(2021)のプロデュースでアカデミー賞にノミネートされた。

クーパーはメディアからセックスシンボルのレッテルを貼られ、2011年にはピープル誌の「最もセクシーな男性」に選ばれた。彼はがんと闘ういくつかの慈善団体を積極的に支援している。クーパーは以前、女優のジェニファー・エスポジートと結婚しており、モデルのイリーナ・シェイクとの間に娘がいる。

何か伝えたいことがあるはずで、それがストーリーを作るためのすべての作業に拍車をかけるエンジンなんだ。

ブラッドリー・クーパー

[ruby_related total=5 layout=5]

フォローする:
モリー・セギョンは小説家、映画・テレビ評論家。スタイル欄も担当。
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です