『フローラとマックス』(2023)|映画をApple TV+で。レビューすべての欠点とシンプルさで魅せる

フローラとマックス
モリー・セギョン
モリー・セギョン

『フローラとマックス』は、ジョン・カーニー監督、イヴ・ヒューソン、ジャック・レイナー、オーレン・キンラン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット出演のドラマディーである。

『フローラとマックス』は、親子についての愉快なコメディだが、主人公たちがそれほど魅力的ではないというユニークな特徴がある。子どもは盗みを働き、母親はパーティー三昧、父親は売れないミュージシャン。

彼らは一緒に、音楽を通して自分たちの居場所を見つけようとする。

フローラとマックス
フローラとマックス

あらすじ

ダブリンに住むシングルマザーのフローラは、別居中の息子マックスとの問題に直面していた。マックスのために趣味を見つけるようにというガルディの勧めに従い、フローラはゴミの山から捨てられたギターを救い出すことにする。ロサンゼルスを拠点とするオンライン・ギター講師の助けを借りながら、フローラは、ある人にとっては無価値なものでも、別の人にとっては命綱になりうることに気づく。

『フローラとマックス』のレビュー

Apple TV+の映画で、すべてがパフォーマンスである。美学、社会的表現、設定を超えて、ストーリーがすべてに浸透し、登場人物がすべてであり、(ウェス・アンダーソンに近い)背景にいて登場人物に語らせることを好むジョン・カーニー監督の存在も超えている。

この映画は、困難な環境における、困難な母親、困難な息子、協力的でない父親の困難な関係に焦点を当てている:ダブリン。子供たちはみなトラップ歌手になりたがり、母親たちはみな、自分たちを束縛する過去から逃れようと奮闘する。スクリーンの中では、ジョセフ・ゴードン=レヴィット演じる売れないミュージシャンが、ダブリンの向こう側、陽光降り注ぐカリフォルニアの世界を表現している。

あるいは、そうでないかもしれない。私たちは旅の途中でそれを発見しなければならないだろう。

『フローラとマックス』は、母と息子の理解を通じた旅であり、成熟と限界の受容を通じた旅である。生きることを学ぶ、かもしれない。

この映画では、イヴ・ヒューソンが、運を求めず、30歳になって運を探し求める女性を演じ、オレン・キンランが主人公として輝く絶好のチャンスをつかみ、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが、いつも頼もしい多才ぶりを発揮している。

フローラとマックス
フローラとマックス

私たちの意見

登場人物に没頭し、その不完全さと素朴さに魅了される魅力的な作品。

キャスト

Eve Hewson
Eve Hewson
Jack Reynor
Jack Reynor

Orén Kinlan
Joseph Gordon-Levitt
Marcella Plunkett
Paul Reid
Don Wycherley
Amy Huberman

この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です