『忘れられし愛』(2023年)|Netflixの映画。レビュー優れた物語の文学的エッセンス

忘れられし愛
マーティン・シド
マーティン・シド

『忘れられし愛』は、ミハエル・ガズダ監督、レシェク・リチョタ、マリア・コワルスク、イグナシー・リス主演のポーランドのドラマ映画。原作はタデウシュ・ドウォフ=モストヴィッチの小説『Znachor』。

『忘れられし愛』は、文学的な深みのある映画のひとつであり、ニュアンス豊かな登場人物としっかりした脚本に満ちた力強いストーリーを持ちながら、観客を満足させるためには、ただ流されるままにストーリーに忠実である必要がある。

強烈なキャラクター造形と文学的影響力を持つ大作映画がお好きなら、『忘れられし愛』はほぼ間違いないだろう。

あらすじ

この映画は、尊敬する外科教授ラファル・ヴィルチュールが、暴行を受けたことで家族も記憶も失ってしまう物語である。数年後、アントニ・クロスという名の貧しいヒーラーとして暮らしていた彼は、自分の正体を知らない娘と出会う。

映画レビュー

『忘れられし愛』は、技術的にも脚本的にもよく練られた映画であり、人間の壮大な本質や内なる強さを訴え、強い社会正義感を携えている。技術的な面では、関係者全員が自分の仕事をきちんとこなしている。

ヴィクトル・フーゴのような味わいと19世紀の壮大な小説がすべてに浸透しているような、文学的な響きに触れないわけにはいかない。タデウシュ・ドウワフ=モストヴィッチは若くして亡くなったポーランドの作家で、大成功を収めた代表作『ズナホル』を残した(この作品が映画化されたのはこれが初めてではない)。この小説は、映画化されるためのすべてを備えた小説であり、ストーリーだけで魅了するような強力なキャラクターを持っている。

映画作りに関しては、古典的で小説的なテイストのため万人受けはしないかもしれないが、よく練られた小ネタ、優れたセットデザイン、撮影技術、没入感のある音楽、物語に合ったモンタージュのリズムなど、形式的な要素はすべて備えている。

時代遅れのストーリー?それを判断するのはあなたとあなたの理想主義だ。正義感の強い物語であり、その根底には人間の善とその感情に対する深い信頼がある。この映画は(そして小説は)、正義への賛歌に近く、よく構成され、明確な意図(それは時に社会批評に近くなる)を持っている。
質の高い小説の質の高い映画化であり、善良で公正な人間、田舎の風景とそこに住む人々の優しさについての過去の物語である。

私たちの意見

時代遅れで古臭く、少々素朴な印象を受けるかもしれないが、『忘れられし愛』は、物語の文学的な味わいをスクリーンに持ち込み、困難な状況にあっても人間の善良さについての物語を創り出すことに成功している。

発売日

2023年9月27日

『忘れられし愛』の視聴場所

Netflix

映画監督

Michał Gazda
Michał Gazda

キャスト

Leszek Lichota
Leszek Lichota
Ignacy Liss
Ignacy Liss
Maria Kowalska
Maria Kowalska
Anna Szymańczyk
Anna Szymańczyk

Mirosław Haniszewski
Mikołaj Grabowski
Izabela Kuna
Paweł Tomaszewski
Małgorzata Mikołajczak

この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です