ヘイリー・アトウェル

ヘイリー・エリザベス・アトウェルは1982年4月5日生まれ。ロンドンで生まれ育ち、ギルドホール音楽演劇学校で演技を学んだ。2005年、ジェームズ・カーが脚色した古代ギリシャ悲劇『プロメテウスの絆』で舞台デビュー。以来、ウェスト・エンドのさまざまな作品やテレビ番組に出演。映画『The Duchess』(2008年)のレディ・エリザベス・フォスター役でブレイクし、英国インディペンデント映画賞で助演女優賞にノミネートされた。

マーベル・シネマティック・ユニバース映画『キャプテン・アメリカ』(2011年)のペギー・カーター捜査官役で世界的な知名度を獲得:ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)で世界的に知られるようになった。短編映画『エージェント・カーター』(2013年)と、それに続く同名のテレビシリーズ、さらにマーベル・ユニバース内の他の映画、実写シリーズ、アニメシリーズでも同役を再演した。マーベルでの役柄に加え、アトウェルは『青春の証』(2014)、『シンデレラ』(2015)、『クリストファー・ロビン』(2018)にも出演している。

舞台では、アトウェルはローレンス・オリヴィエ賞にノミネートされている。橋からの眺め』(2010年)の演技で助演女優賞にノミネートされ、『プライド』(2013年)と『ロズマーホルム』(2020年)の主役で主演女優賞にノミネートされた。2020年、アトウェルはポッドキャスト・シリーズ『True Spies』のホストを務め、スパイの世界を掘り下げ、リスナーに現実のスパイ状況にどう対処するかを尋ねている。

Molly Se-kyung
Molly Se-kyung
マーティン・シド・マガジン(MCM)のシネマ・セクションの有能で熟練した編集者、モリー・セギョンを紹介しよう。この素晴らしい女性は、細部に対する鋭い目とストーリーテリングに対する比類ない情熱を持っている。映画に関する幅広い知識と卓越した文章力で、モリーは競争の激しいシネマ・ジャーナリズムの世界で独自の地位を築いている。彼女が書くどの作品にも、映画に生命を吹き込む言葉を難なく織り交ぜ、その技術への献身が見て取れる。
関連記事
最も人気のある記事