『How To Deal With a Heartbreak』(2023年)|Netflixで配信中の魅力的なロマンチック・コメディ

How to Deal with a Heartbreak
ベロニカ・ループ (Veronica Loop)

『How To Deal With a Heartbreak』は、ジョアンナ・ロンバルディ監督、マリア・ホセ・オソリオ脚本、ジゼラ・ポンセ・デ・レオン、カリーナ・ジョルダン、ジェリー・レアテギ出演のアルゼンチン・ペルー合作の楽しい作品。

あらすじ

マリア・フェは、パンデミックによって仕事の道が突然閉ざされ、32歳にして両親のもとに戻らざるを得なくなり、実存的ジレンマに直面する。出版社からのプレッシャーと締め切りが迫る中、彼女は2冊目の本を完成させるためにキャリアを再スタートさせなければならない。マリア・フェは、賢明で成熟した女性にふさわしい方法で、あまり理想的でない男性と関係を持つことで、彼女の課題に取り組む。

『How To Deal With a Heartbreak』は、現代社会における30代の試練と苦難を探求する心温まる長編映画である。成功するキャリアの追求、充実した恋愛生活、そして親を亡くすなど人生の避けられないドラマに対処する複雑さを掘り下げている。

映画のトーンは明るく愉快で、登場人物、特に主人公とその親しい仲間たちは観客に親近感を与え、好感が持てる。直接的な比較は避けたいが、『How To Deal With a Heartbreak』は「ブリジット・ジョーンズの日記」や「セックス・アンド・ザ・シティ」の要素を想起させる。2023年を舞台に、90年代から30代の状況は大きく進化しているが、核となる問題は驚くほど似ている。この映画はストーリーに親しみやすいアプローチをとっており、主人公たちが直面するジレンマは仕事、恋愛、友情を中心に展開する。

プロダクション・デザインは鮮やかな色彩で視覚的に魅力的で、撮影技術も称賛に値する。脚本は、やや定型的な印象を受けるかもしれないが、流れるような台詞とセリフでスムーズに進行する。人類と同じくらい古い物語を現代風にアレンジした、観客を喜ばせる映画だ。

気楽に観たい気分なら、『How To Deal With a Heartbreak』はぴったりの映画かもしれない。

この記事を共有する
ヴェロニカ・ループはMCMのマネージング・ディレクター。アート、カルチャー、エンターテインメントに情熱を注ぐ。
連絡先:veronica (@) martincid (.) com
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です