「容疑者X」(2023)-映画評

容疑者X
マーティン・シド (Martin Cid)

スジョイ・ゴーシュ監督、カリーナ・カプール・カーン、ジャイディープ・アフラワット、ヴィジャイ・ヴァルマ出演のサスペンス・ミステリー映画。東野圭吾による2005年の日本の小説『容疑者Xの献身』が原作。

「容疑者X」は、アクションシーンもあり、登場人物もよく練られており、演出もしっかりしている、かなり古典的なスリラー映画である。

卓越した演出があるわけではないが、このスリラーは、その知的な脚本と、ごまかしだらけの映画の中でごまかし方を心得ている登場人物たちのおかげで、その目的を達成し、まとも以上に振る舞うことができる。

あらすじ

シングルマザーの生活を脅かす危険な犯罪のさなか、偶然にも優秀な数学教授である隣人が助けに入る。一方、決意を固めた警察官は、真相を明らかにしようと事件の詳細に迫る。

「容疑者X」のレビュー

興味深い主人公トリオを登場させる知的な映画で、何もかもが見かけ通りではなく、すべての驚きを秘めた中心人物を中心にすべてが展開する。

「容疑者X」は、自分たちが持っている要素を熟知し、その活かし方を知っている。ミステリアスな雰囲気を作り出し、適切な撮影を施している。観る者を過度に不快にさせることなく、常に楽しませながら欺こうとするほどよく翻弄し、警察官と教授の決闘、その間に挟まれる母親を成立させている。

この映画は脚本も構成もテンポがよく、技術的、映像的なあらゆる面でよくまとまっている。しかし、低予算映画であることは免れず、それがテンポの良さに顕著に表れている。

すべてが白と黒で構成されたような演出は、次第にマキャベリ的になり、ダークで陰鬱なトーンで、属するジャンルに焦点を当て、センチメンタルな面を捨てていく。

よくできたジャンル映画であり、娯楽的で失望させるものではないが、印象に残るものでもない。古典的なプロットの中に不協和音のような要素を含んでいるが、それが魅力的なアクセントとなり、映画にある種の個性と個性を与えている。

私たちの意見

娯楽作であり、ひねくれた性格のため、少なくともスリラー映画としては面白い。

Jaane Jaanとは?

Jaane Jaanはヒンディー語で、”私の人生よ “とか “愛する人よ “という意味です。恋愛関係でよく使われる愛称ですが、より一般的な意味で、誰かに対する愛や愛情を表現する場合にも使われます。

キャスト

Kareena Kapoor Khan
Kareena Kapoor Khan

カリーナ・カプールは、非公式にはベボとも呼ばれ、主にボリウッド映画に出演するインドの映画女優である。両親のランディル・カプールとバビータ、そして姉のカリスマも俳優であり、映画界に深く根ざした家庭の出身である。そのため、カプールは若い頃から世間の注目を浴びてきた。しかし、彼女が女優としてデビューしたのは2000年、映画『Refugee』でのことで、この作品でフィルムフェア最優秀女性デビュー賞を受賞した。現在までに最も成功した作品のひとつは、メロドラマ『Kabhi Khushi Kabhie Gham』で、2001年に海外市場でインド映画最高の興行収入を記録した。続きを読む

Jaideep Ahlawat
Jaideep Ahlawat

2008年、プネーのインド映画テレビ学院(FTII)を卒業。卒業後、俳優を志しムンバイに移住。2008年、短編映画『Narmeen』で端役デビュー。2010年には『Aakrosh』に出演し、風刺コメディ映画『Khatta Meetha』では政治家役を演じて高い評価を得た。さらに同年、『Love Sex Aur Dhokha』に小さな役で出演。

Vijay Varma
Vijay Varma
この記事を共有する
作家、パイプ愛煙家、MCM創設者
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です