レオナルド・ディカプリオティーンエイジャーのアイドルから環境活動家へ

レオナルド・ディカプリオは有名なアメリカ人俳優であり、映画プロデューサーでもある。タイタニック』、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、アカデミー賞主演男優賞を受賞した『レヴェナント:蘇えりし者』など数々のヒット作に出演。ディカプリオは環境保護活動や慈善活動でも知られる。アカデミー賞では6部門にノミネートされたほか、キャリアを通じて数々の賞を受賞している。

生い立ちとキャリアの始まり

レオナルド・ディカプリオは1974年11月11日、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。子供の頃からテレビCMに出演し、俳優としてのキャリアをスタートさせた。1990年、シットコム『グローイング・ペインズ』に出演し、シーバー家に引き取られたホームレスの少年ルーク・ブラウワーを演じて大ブレイク。

ディカプリオの映画界でのキャリアは、『クリッターズ3』、『This Boy’s Life』、『What’s Eating Gilbert Grape』への出演で1990年代初頭に一気に加速した。What’s Eating Gilbert Grape』のアーニー・グレープ役で19歳にしてアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、瞬く間にハリウッドで最も注目される若手俳優のひとりとなった。

1996年、ディカプリオはバズ・ラーマン監督が現代風に脚色した『ロミオ+ジュリエット』で、クレア・デインズとともにロミオ・モンタギュー役を演じた。彼の演技は観客や批評家から大きな反響を呼び、ハリウッドで急成長中のスターとしての地位を確固たるものにした。

タイタニックでの躍進

レオナルド・ディカプリオがブレイクするきっかけとなったのは、1997年にジェームズ・キャメロン監督の『タイタニック』に出演したことだった。壮大なロマンスと災害を描いたこの映画は、史上最高の興行収入を記録し、ディカ