『誰も助けてくれない』(2023)|ホラー映画|レビュー:視覚的に魅惑的な悪夢

誰も助けてくれない
マーティン・シド
マーティン・シド

『誰も助けてくれない』は、ブライアン・ダフィールド脚本・監督、ケイトリン・デヴァー主演のホラー映画である。

『誰も助けてくれない』は、冒頭から座席に釘付けになることを狙った映画のひとつだ。恐怖に次ぐ恐怖、シーンに次ぐシーン、すべてが、見る者に息つく暇を与えない映画から目をそらすことができないように設計されている。

この映画には台詞は必要なく、音と質の高い映像に大きく依存している。

誰も助けてくれない
誰も助けてくれない

あらすじ

ブリン・アダムスは才能豊かでクリエイティブな若い女性だが、コミュニティから拒絶されている。孤独だが常に楽観的な彼女は、幼い頃住んでいた家の壁の中に安らぎを見出していた。ある夜、彼女は明らかに人間ではない侵入者の奇妙な物音で目を覚ます。その後、ブリンと一連の異質な生物との悲惨な対決が続き、彼女の未来を脅かすだけでなく、過去と向き合うことを余儀なくされる。

『誰も助けてくれない』のレビュー

この映画は観客を魅了しようとし、それは成功している。休憩もセリフも説明もなく、シーンごとに観客に衝撃を与え、惹きつけようとする。よくできたフレームショット、印象的なCGI、そして興味深いことに、重要な役割を果たす音に満ちた映画体験である。

エイリアン、狂気、そして見事な映像が織り成す悪夢のシークエンスは、ジェットコースターのようだ。

ショックの連続に圧倒される?おそらくだが、これは観る人それぞれの好みによって異なるかもしれない。特にホラーファンにとっては、伝統的なスタイルと現代的なスタイルがミックスされた見慣れたシーンを見ることができ、『誰も助けてくれない』はこの秋、非常に魅力的な選択肢となるだろう。

誰も助けてくれない
誰も助けてくれない

私たちの意見

それだけの価値はある。どのシークエンスも素晴らしい映画作りとインパクトのあるシーンを提供してくれる。この映画には深い心理的要素やキャラクター造形はないかもしれないが、その目的は達成されている。

映画監督

Brian Duffield
Brian Duffield

アメリカ人監督、脚本家、プロデューサーのブライアン・ダッフィールドは、2010年代に数々の脚本を発表し、注目を集めている。代表作に『The Babysitter』、『Underwater』、2011年の『ブラックリスト』脚本『Jane Got a Gun』、『Your Bridesmaid is a Bitch』など。

キャスト

Kaitlyn Dever
ケイトリン・デヴァー

1996年12月21日生まれのケイトリン・ロシェル・デヴァーは、アメリカの実力派女優。長年にわたり、2011年から2015年までの『ジャスティファイド』、2011年から現在までの『ラストマン・スタンディング』など、さまざまなテレビシリーズに出演してきた。彼女の特筆すべき功績のひとつは、2019年にNetflixのミニシリーズ『アンビリーバブル』に出演したことで、ゴールデン・グローブ賞のミニシリーズ部門で主演女優賞にノミネートされた。続きを読む

Elizabeth Kaluev
Elizabeth Kaluev
Zack Duhame
Zack Duhame

Lauren L. Murray
Geraldine Singer
Dane Rhodes
Daniel Rigamer
Evangeline Rose
Dari Lynn Griffin

この記事を共有する
フォローする:
作家、パイプ愛煙家、MCM創設者
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です