ロバート・デ・ニーロ:同世代の名優

ケープ・フィアー』(1991)のロバート・デ・ニーロ
マルティン・シッド誌
マルティン・シッド誌

生い立ち

Robert De Niro
ロバート・デ・ニーロ Depostiphotos

ロバート・デ・ニーロは1943年8月17日、ニューヨーク・マンハッタンのグリニッジ・ヴィレッジで生まれた。母は画家で詩人のヴァージニア・アドミラル、父は抽象表現主義の画家ロバート・デ・ニーロ・シニア。デ・ニーロという名前は、アイルランド系とイタリア系の血を引く父にちなんでつけられた。

デ・ニーロはマンハッタンのグリニッジ・ヴィレッジとリトル・イタリー地区で母親に育てられた。両親はデ・ニーロが2歳のときに別居し、デ・ニーロは父親とは疎遠のまま育った。幼少期はマンハッタンのPS41小学校に通っていた。部分的にイタリア人の血を引いているにもかかわらず、幼少期は英語しか話せなかった。内気な子供で、詩を書いたりスケッチをしたりして過ごした。

俳優キャリアの始まり

ロバート・デ・ニーロの俳優としてのキャリアは1960年代に始まり、オフ・ブロードウェイの作品や映画で小さな役を演じるようになった。初期の舞台出演は、1963年のオフ・ブロードウェイの『タイピスト』と『タイガー』。その後、1965年に『マンハッタンの3つの部屋』にちょい役で出演し、映画デビューを果たした。

その後数年間、デ・ニーロはオフ・ブロードウェイの舞台で活躍する一方、映画の脇役もこなした。アップル』、『ガントリーの人々』、『ブライド』、『アニマル』などのオフ・ブロードウェイ作品に出演し、舞台俳優としての献身的な姿勢と激しさが批評家から称賛を浴びた。その後、『Sam’s Song』、『Dealing:Or the Berkeley-to-Boston Forty-Brick Lost-Bag Blues』、『Bang the Drum Slowly』などの映画で脇役を演じた。

デ・ニーロの初期の映画出演はほとんど脇役だったが、キャスティング・ディレクターの印象に残り、次第に大きな役を演じるようになった。繊細で控えめな演技スタイルにもかかわらず、彼の生の才能は認められた。この頃、演技コーチのステラ・アドラーに師事し、彼の演技のアプローチを形成するのに役立った。デ・ニーロは、規律を守り、自分の技術に専念することで、より高い評価を受ける役柄を目前に控え、その勢いを増していった。

ゴッドファーザーPART II』でブレイク

1974年、デ・ニーロは『ゴッドファーザー PART II』で若き日のヴィトー・コルレオーネを演じ、ブレイクを果たした。この映画では、ヴィトーがイタリアで幼少期を過ごし、アメリカで権力を握るまでの過程が描かれた。

この役を演じるにあたり、デ・ニーロはイタリア語と身振り手振りを徹底的に研究した。また、ヴィトーの心理と動機を理解するために、何カ月もかけて裏話を調べ、マリオ・プーゾの原作を読んだ。

この映画におけるデ・ニーロの準備と演技は、広く批評家の称賛を得た。多くの批評家がこの演技を傑出した演技として取り上げており、映画史上最高の演技という声もある。

感情の幅の広さ、ヴィトーの静かな激しさとカリスマ性を伝える能力、そしてこの役をシームレスに体現したことで、デ・ニーロは同世代で最も才能ある俳優のひとりという評価を確固たるものにした。この役では、デ・ニーロが徹底的なリサーチ、準備、メソッド演技のテクニックを駆使してキャラクターに完全に変身するというコミットメントを披露した。

若き日のヴィトー・コルレオーネを演じた彼の絶賛と強い印象は、デ・ニーロを一躍スターダムに押し上げる突破口となった。この作品は、映画演技に多大な影響を与えた彼の最も象徴的な役柄のひとつである。

マーティン・スコセッシとのコラボレーション

ロバート・デ・ニーロとマーティン・スコセッシ監督は、映画史上最も重要な芸術的パートナーシップのひとつである。2人が初めて共演したのは1973年の『ミーン・ストリート』であり、そこから数十年にわたる俳優と監督の関係が始まり、史上最高の映画の数々が生み出された。

この作品でデ・ニーロは、ニューヨークの精神的に不安定なタクシー運転手トラヴィス・ビックルという象徴的な役を演じた。ビックルを演じた彼の強烈で不穏な演技は、今日、映画史上最高傑作のひとつと評価されている。スコセッシ監督の孤独、パラノイア、暴力の表現は、デ・ニーロの献身的な演技スタイルと見事に調和している。

デ・ニーロとスコセッシのコンビの最高傑作と言われるのは、1980年の『レイジング・ブル』である。デ・ニーロがボクサーのジェイク・ラモッタに変身するには、映画界で最も見事な肉体改造が必要だった。彼の怒りに満ちた残忍な演技がこの伝記映画を支えており、オスカーを受賞したこの作品は、おそらくデ・ニーロの最高の演技の成果として今日でも語り継がれている。

この3作品を通して、スコセッシとデ・ニーロは俳優と監督のパートナーシップを築き、両者のアーティストの長所を引き出した。ミーン・ストリート』、『タクシードライバー』、『レイジング・ブル』といった作品での彼らのコラボレーションは、この時代で最も力強く、象徴的で、研究された映画を生み出した。

1980年代のドラマチックな役割

1970年代後半、デ・ニーロは『ゴッドファーザー PART II』の若きヴィトー・コルレオーネ役でアカデミー助演男優賞を受賞。これにより、デ・ニーロはハリウッドのトップドラマ俳優としての地位を確固たるものにした。1980年代、デ・ニーロはドラマチックで激しい役柄に挑み続けた。

この時代のデ・ニーロの演技で最も高く評価されたのは、1978年の映画『ディア・ハンター』である。彼はベトナム戦争に従軍することになったペンシルベニア州の鉄鋼労働者マイケルを演じた。この映画では、マイケルと彼の友人たちが戦争前、戦争中、戦争後に体験するトラウマが描かれる。ディア・ハンター』でのデ・ニーロの演技は、彼の最高傑作のひとつであると多くの人が評価している。その力強い演技で2度目のアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

1980年代にデ・ニーロが演じたもうひとつの注目すべきドラマティックな役は、1990年の映画『Awakenings』である。この映画は、1960年代にロビン・ウィリアムズが演じた医師が、何十年も緊張状態にあったある患者がパーキンソン病の一種であることを発見するという実話に基づくものだった。デ・ニーロは、実験薬によって「覚醒」し、意識を取り戻した患者のひとり、レナードを演じた。しかし、薬の効果は一時的なものに過ぎない。デ・ニーロは、レナードをはじめとする患者が直面する計り知れない困難を巧みに描き出した。その繊細な演技で7度目のアカデミー賞ノミネートを果たした。

コメディ作品

1990年代後半になると、デ・ニーロはコメディ役にも進出するようになり、以前はシリアスだったキャラクターをもっと軽い映画で演じることが多くなった。

彼の最も記憶に残るコメディ演技のひとつが、1999年の映画『アナライズ・ディス』である。デ・ニーロは、パニック障害のため精神科医(ビリー・クリスタル)に助けを求める有力マフィアのポール・ヴィッティ役で出演した。批評家たちは、デ・ニーロの威嚇とユーモアの切り替えの巧みさを賞賛し、マフィアのキャラクターに新たな深みをもたらした。この映画は商業的にも大成功を収め、全世界で1億7600万ドル以上の興行収入を記録した。

デ・ニーロは2000年の続編『アナライズ・ザット』や、大成功を収めた『ミート・ザ・ペアレンツ』シリーズ(2000~2010年)でもコメディの才能を発揮した。ミート・ザ・ペアレンツ』では、娘の婚約者(ベン・スティラー)を恐怖に陥れる堅物の義父を演じた。彼のユーモラスな敵対心はショーを席巻し、デ・ニーロの最も象徴的なコメディ役のひとつを確立した。大げさなキャラクターを演じているにもかかわらず、デ・ニーロはこの役にニュアンスと人間性をもたらした。この映画は全世界で3億3,000万ドル以上の興行収入を記録した。

このコメディへの進出は、デ・ニーロの演技者としての多才さを明らかにした。激しいドラマチックな役柄で知られるデ・ニーロだが、軽い作品でも同様に素晴らしいことを証明した。喜劇的な役柄であっても、デ・ニーロはドラマティックな演技を特徴づけるのと同じ献身と思慮深さを発揮した。コメディの仕事は彼の芸術的な幅を広げ、新しい観客に彼を紹介した。

その後の主な役柄

2010年代に入っても、デ・ニーロは評価の高いドラマティックな役を演じ続けている。2012年の映画『Silver Linings Playbook』では、迷信深い父親でフィラデルフィア・イーグルスのファンであるパット・ソリターノ・シニアを演じ、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。

2019年の『ジョーカー』でも、デ・ニーロは物語の重要な役割を担うトーク番組の司会者マレー・フランクリンを演じ、絶賛された。ホアキン・フェニックス演じる精神を病んだ人物にインタビューする司会者としての彼の演技は、デ・ニーロがシリアスな役柄とコミカルな役柄の両方をこなす能力を、その輝かしいキャリアの後半においても発揮し続けていることを示した。

監督としての取り組み

高い評価を得ている俳優としてのキャリアに加え、デ・ニーロはいくつかの映画も監督している。監督デビューは1993年の『ブロンクス物語』。デ・ニーロは、地元の犯罪組織のボス、ソニー(チャズ・パルミンテリ)が率いるマフィアのライフスタイルから息子カロジェロを遠ざけようと奮闘する、働き者のバス運転手ロレンツォを監督し、共演もした。デ・ニーロの繊細な演出は、パルミンテリの独創的な一人芝居に大スクリーンで命を吹き込んだ。ブロンクス物語 は、その演技が賞賛された一方で、デ・ニーロの演出は、ユニークな演出のビジョンを示すというよりは、彼の演技の勘に頼りすぎていると感じる批評家もいた。

デ・ニーロが再び監督を務めるのは、マット・デイモンがCIA創設者のひとりエドワード・ウィルソンを演じた2006年の『The Good Shepherd』以来となる。デ・ニーロは1940年代から60年代という時代を丹念に再現し、諜報活動の個人的な犠牲を壮大だが内省的に描いた。キャストには、ウィルソンの妻役にアンジェリーナ・ジョリー、CIA諜報員仲間役にジョン・タトゥーロが起用された。The Good Shepherd は様々な反響を呼び、スローペースで冷めた作品だと評価する批評家もいれば、ニュアンスのある人物研究を評価する批評家もいた。デ・ニーロが有能な監督であることは証明されているが、彼はいまだに伝説的な俳優としてのキャリアで最もよく知られている。

私生活

ロバート・デ・ニーロは2度結婚している。1976年、女優のディアーヌ・アボットと結婚。1988年に離婚する前にラファエルという息子をもうけた。

1997年、デ・ニーロは女優のグレース・ハイタワーと結婚。二人の間にはエリオットという息子とヘレンという娘がいる。しかし、1999年に別居。その後、2004年に和解し、誓いを新たにした。2018年、デ・ニーロとハイタワーが結婚20年後に再び別居したことが発表された。離婚は2021年に成立した。

離婚歴があるにもかかわらず、デ・ニーロは6人の子供たちと仲が良く、家庭生活をプライベートに保ち続けている。彼は父親であることが人生で最も重要な役割であると表明している。インタビューでは、俳優としての成功の中で、家族が自分を支えてくれていると語っている。

レガシーとインパクト

ロバート・デ・ニーロは、その象徴的な描写と演技スタイルから、史上最高の俳優の一人とみなされている。当初はメソッド俳優として出発したデ・ニーロだが、役作りのための献身的で熱心な準備で知られるようになった。彼は自分のキャラクターを体現するために、肉体を改造し、ボクシングやイタリア語のような新しい技術を学んだ。

デ・ニーロは映画界にメソッド演技を普及させ、その生々しい感情と没入感のある演技で何世代もの俳優たちにインスピレーションを与えた。マーティン・スコセッシ監督とのコラボレーションは、1970年代のアメリカ映画を形成し、最も高く評価された作品のいくつかを生み出した。タクシードライバー』、『レイジング・ブル』、『グッドフェローズ』、『カジノ』などの映画は、社会における暗いテーマを探求し、映画の能力に対する大衆の認識を変えた。

100以上の出演作を持つデ・ニーロは、文化的なインパクトを与える印象的なキャラクターを数多く作り上げてきた。特に『ゴッドファーザーPART II』のヴィトー・コルレオーネ役や『タクシードライバー』のトラヴィス・ビックル役は、ポップカルチャーのアイコンとなった。タクシードライバー』の “You talkin’ to me? “というセリフは、最も有名な映画の名言のひとつだ。キング・オブ・コメディ』のルパート・ププキンのような役柄は、有名人の強迫観念を描いたものだ。

デ・ニーロはドラマティックな作品でよく知られているが、キャリアの後半にはコメディでも成功を収めた。シリアスな演技のプロセスを分析することで、『ミート・ザ・ペアレンツ』のような映画でユーモラスなキャラクターを使いこなすことができたのだ。デ・ニーロのキャリアは50年以上に及び、彼の遺産を確固たるものにする挑戦的な役柄に挑み続けている。彼の名はメソッド演技の代名詞であり、今日のすべての俳優のインスピレーションとなっている。

タグ付き:
この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です