Sofia Coppola

Sofia Coppola
Sofia Coppola. Depostiphotos

ソフィア・カルミナ・コッポラは1971年5月14日生まれ。映画監督のエレノアとフランシス・フォード・コッポラの一人娘で末っ子。映画界へのデビューは、父親が監督し、高い評価を得た犯罪ドラマ映画『ゴッドファーザー』(1972)への幼児期の出演だった。いくつかのミュージックビデオに出演し、『ペギー・スー結婚しました』(1986)の脇役を演じた後、コッポラは『ゴッドファーザー PART III』(1990)でマイケル・コルレオーネの娘メアリー・コルレオーネを演じた。彼女の演技は酷評され、彼女は映画製作に専念するようになった。

長編初監督作品は青春ドラマ『ヴァージン・スーサイズ』(1999)で、これが女優キルスティン・ダンストとのコラボレーションの始まりとなった。2004年、コメディドラマ『ロスト・イン・トランスレーション』でアカデミー賞脚本賞を受賞し、アカデミー賞監督賞にノミネートされた3人目の女性となる。2006年にはダンスト主演の歴史ドラマ『マリー・アントワネット』を監督。2010年、ドラマ『Somewhere』でヴェネチア国際映画祭の最高賞である金獅子賞をアメリカ人女性として初めて(アメリカ人映画監督としては4人目)受賞。同名の犯罪組織を題材にした風刺犯罪映画『ブリングリング』は2013年のカンヌ国際映画祭でプレミア上映された。

コッポラは2015年にNetflixでクリスマス・スペシャル『A Very Murray Christmas』を公開。2017年のカンヌ国際映画祭ではドラマ映画『The Beguiled』で監督賞を受賞し、同映画祭史上2人目の女性受賞者となった。最新作『オン・ザ・ロックス』(2020年)は2020年10月にA24によって限定劇場公開され、AppleTV+でのストリーミング配信も行われた。この作品は好意的な評価を得たが、批評家たちは、コッポラの過去の作品のような象徴的な地位を得ることはないだろうと述べている。

Molly Se-kyung
Molly Se-kyung
マーティン・シド・マガジン(MCM)のシネマ・セクションの有能で熟練した編集者、モリー・セギョンを紹介しよう。この素晴らしい女性は、細部に対する鋭い目とストーリーテリングに対する比類ない情熱を持っている。映画に関する幅広い知識と卓越した文章力で、モリーは競争の激しいシネマ・ジャーナリズムの世界で独自の地位を築いている。彼女が書くどの作品にも、映画に生命を吹き込む言葉を難なく織り交ぜ、その技術への献身が見て取れる。
関連記事
最も人気のある記事