『白鳥』(2023年)|ウェス・アンダーソン短編映画をNetflixで

白鳥
マーティン・シド
マーティン・シド

『白鳥』は、ネットフリックスが2023年9月にリリースする、ロアルド・ダールの物語に基づく4本の短編映画集の一部である。他の作品は、『The Ratcatcher』、『Venom』、『The Wonderful Story of Henry Sugar』である。

ラルフ・ファインズがロアルド・ダールを演じ、彼の最も美しく暗い物語のひとつを描く。

あらすじ

ある男が、子供の頃、チンピラたちに線路に縛りつけられたことを語る。彼らは最初の偉業に満足せず、巣の中で一羽の白鳥に出会う。

『白鳥』について

昨日は、ウェス・アンダーソン監督の独特で贅沢で華麗なスタイルをストーリーの上に押し付ける傾向について述べた。「ダークで残酷、そして最終的には素晴らしい物語が、このアメリカ人監督によって短編映画に生まれ変わったのだ。

今回の映画は、ロアルド・ダールの言葉に焦点を当て、その美学において贅沢さを抑え、シンプルに仕上げられている。ダールが大人のために書いたこの作品は、Netflixとウェス・アンダーソンによって4つの映画化という形で私たちに届けられた。

そう、ウェス・アンダーソンの天才ぶりは、おそらくこの地球上の誰もが知っているわけではないだろうが、これは物語の映画化というより、監督らしい中編映画を通してそれを発見するまたとない絶好の機会なのだ。壮大さは持ち合わせているが、監督の派手な作風にはぴったりとは合わないようだ。

私たちは別のものを期待していたのだろうか?私たちは、創造的な自由と監督の繰り返しの傾向を評価する。誰にでも芸術的な選択をする権利があり、最終的には観客に決定権があるからだ。

しかし、個人的なことを言えば、私たちは『白鳥』がアンダーソン監督の最高傑作の1つだとは思わないし、この映画化で採用されたスタイルにも強く同意できない。

私たちの意見

ロアルド・ダールを原作にした物語では、ロアルド・ダールが恋しい。

映画監督

Wes Anderson
ウェス・アンダーソン

ウェスリー・ウェールズ・アンダーソン(1969年5月1日生まれ)はアメリカの映画監督。シンメトリー、奇抜さ、独特のビジュアルと語り口で知られ、現代の作家の一例として批評家に挙げられることもある。ロイヤル・テネンバウムズ』(2001年)、『ムーンライズ・キングダム』(2012年)、『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014年)の3作品は、BBCカルチャーが2016年に行った「2000年以降で最も偉大な映画」の投票に登場した。もっと読む

キャスト

Rupert Friend
ルパート・フレンド

ルパート・フレンドは1981年10月1日生まれ。2005年の映画『高慢と偏見』ではウィッカム氏を、2008年の映画『縞模様のパジャマの少年』ではクルト・コトラー中尉を、2009年の映画『若きヴィクトリア』ではアルバート王子を演じるなど、さまざまな映画で名演技を披露し、注目を集めている。

Ralph Fiennes
Ralph Fiennes. Depostiphotos

1962年12月22日生まれのラルフ・ナサニエル・トゥイスルトン=ワイクハム=ファインズは、イギリスの俳優、映画プロデューサー、映画監督。1999年より英国ユニセフ協会のアンバサダーを務める。ロイヤル・ナショナル・シアターの舞台でシェイクスピア俳優としての才能を発揮し、その卓越した演技で注目を集める。映画界では、エミリー・ブロンテの『ワザリング・ハイツ』でヒースクリフを演じ、デビューを飾った。続きを読む

この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です