トム・クルーズ

トム・クルーズ
トム・クルーズ Depostiphotos

トム・クルーズは、カラー・オブ・マネー(1986年)、レインマン(1988年)、7月4日に生まれて(1989年)などで知られるアメリカの俳優であり、『マグノリア』(1999)のようなポール・トーマス・アンダーソン監督作品。現在は『トップガン』に主演:マーヴェリック』(2022年)、『ミッション:Impossible – Dead Reckoning – Part One(2023年)。

トム・クルーズは映画界で目覚ましい成功を収めたアメリカ人俳優である。カリスマ的な存在感と多彩な演技力で知られるクルーズは、史上最も高給取りで、最も人気のある俳優の一人となった。数十年にわたるキャリアを持ち、批評家から絶賛され、商業的にも成功を収めた数多くの映画に主演し、称賛を浴びるとともに、世界中に多くのファンを持つ。

生い立ちと出世

トーマス・クルーズ・マポザー4世は1962年7月3日、ニューヨーク州シラキュース生まれ。放浪癖のある家庭で育ち、アメリカやカナダのさまざまな都市を転々としていた。幼い頃から司祭を志していたが、高校時代に演技に目覚める。18歳でニューヨークへ移り、俳優としてのキャリアをスタートさせた。

クルーズがブレイクしたのは1980年代初頭のことで、『リスキー・ビジネス』(1983年)や『トップガン』(1986年)といった映画で主役を演じた。これらの演技は、彼の天性の才能とスクリーン上での紛れもない存在感を示し、彼を世界的スターダムに押し上げた。彼は瞬く間に1980年代を代表する人気俳優となり、その魅力とカリスマ性で観客を魅了した。

高い評価と興行的成功

1980年代から1990年代にかけて、クルーズはその多彩な演技で批評家にも観客にも感動を与え続けた。映画『カラー・オブ・マネー』(1986年)、『レインマン』(1988年)、『7月4日に生まれて』(1989年)などで高い評価を得た。後者ではロン・コヴィッチを演じ、ゴールデングローブ賞とアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

批評家の称賛に加え、クルーズの映画は商業的にも大成功を収めた。ア・フュー・グッドメン』(1992年)、『ミッション:インポッシブル』(1996年)、『ジェリー・マグワイア』(1996年)といった大ヒット作によって、クルーズは最も興行収入の多い俳優の一人として確固たる地位を築いた:ミッション:インポッシブル』(1996年)、『ジェリー・マグワイア』(1996年)といった大ヒット作により、彼はハリウッドで最も稼ぐ俳優の一人としての地位を固めた。これらの作品では、ドラマからアクション、ロマンスまで、ジャンルを軽々と渡り歩くクルーズの多才ぶりを見せつけた。

スタントマンとアクションスター

クルーズの技術への献身は演技だけにとどまらない。彼は自らスタントをこなすことで有名で、アクション満載の作品にさらなる迫真性と興奮を添えている。危険でスリリングなスタントへのこだわりは、仲間からもファンからも尊敬と称賛を集めている。

彼のアクション役で特筆すべきは、1996年から現在も続く映画『ミッション:インポッシブル』シリーズのイーサン・ハント役である:1996年に始まり、現在も続く映画『ミッション:インポッシブル』シリーズでのイーサン・ハント役だ。これらの作品におけるクルーズの驚異的な肉体美と迫力は、アクションスターとしての彼の名声を確固たるものにした。彼はスタント・ワークで可能なことの限界を押し広げ、しばしば観客を驚嘆させる死をも恐れぬ技を披露してきた。

お金のために仕事をしたことはない。もしあなたの選択が興行収入に基づいていて、映画がうまくいかなかったら、それはどういう意味ですか?何も残らない。

トム・クルーズ

私生活と慈善活動

成功したキャリア以外では、クルーズの私生活も大きな注目を集めてきた。これまで3度の結婚歴があり、女優のミミ・ロジャース、ニコール・キッドマン、ケイティ・ホームズとの交際が注目された。クルーズには3人の子供がおり、2人はキッドマンとの結婚中に養子に迎え、1人はホームズとの間に実の娘をもうけた。

クルーズはサイエントロジー教会の率直な擁護者であり、この宗教のおかげで失読症を克服できたと語っている。サイエントロジー教会との関わりは、特に精神医学と抗うつ薬に対する彼の見解に関して、長年にわたって論争を巻き起こしてきた。

俳優としての活動に加え、クルーズは慈善活動にも積極的に取り組んでいる。赤十字、子どもの奇跡ネットワーク病院、メイク・ア・ウィッシュ財団など、さまざまな慈善団体を支援している。

私は戦争のない世界、狂気のない世界を望んでいる。私は人々がうまくやっていくのを見たい。それは自分自身のためというよりも、周りの人々のためだと思う。それよりも、私の周りの人たちに何を望んでいるのか。それが私の望みだ。

トム・クルーズ

レガシーと将来のプロジェクト

トム・クルーズが映画界に与えた影響は否定できない。彼はハリウッドに忘れがたい足跡を残し、その才能と献身で数え切れないほどの俳優志望者を鼓舞してきた。彼の映画は世界中で数十億ドルの興行収入を上げ、史上最も興行収入を上げた俳優の一人となった。

今後もクルーズの勢いは衰える気配はない。彼は挑戦的な役柄に挑み続け、自身の技術の限界に挑み続けている。今後予定されているプロジェクトには、「ミッション:インポッシブル』シリーズの続編や、スペースX社とのコラボレーションによるタイトル未定の作品などが控えており、ハリウッドのアイコンとしての地位をさらに確固たるものにしている。

遊牧民のような幼少期からハリウッドのアイコンになるまでのトム・クルーズの道のりは、彼の才能、忍耐力、そして演技に対する情熱の証である。数十年にわたるキャリアで、彼はこの業界で最も多才で成功した俳優の一人であることを証明してきた。役柄への献身、大胆なスタントへの取り組み、観客を魅了する能力によって、クルーズは真のハリウッド・レジェンドとしての地位を確固たるものにしてきた。新たなプロジェクトに挑み続ける彼の目覚ましいキャリアの次の章を、観客は心待ちにしていることだろう。

私は他の人々が信じていることに敬意を払っている。私自身の人生において信じているのは、より良い男であれ、より良い父親であれ、自分自身を向上させる方法を見つけることであれ、どうすれば物事をより良くできるかを探求することだ。

トム・クルーズ

ビデオリスキー・ビジネス・ダンスシーン

トム・クルーズ略歴

Molly Se-kyung
Molly Se-kyung
マーティン・シド・マガジン(MCM)のシネマ・セクションの有能で熟練した編集者、モリー・セギョンを紹介しよう。この素晴らしい女性は、細部に対する鋭い目とストーリーテリングに対する比類ない情熱を持っている。映画に関する幅広い知識と卓越した文章力で、モリーは競争の激しいシネマ・ジャーナリズムの世界で独自の地位を築いている。彼女が書くどの作品にも、映画に生命を吹き込む言葉を難なく織り交ぜ、その技術への献身が見て取れる。
関連記事
最も人気のある記事