『バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから』(2023年) – ネットフリックスの映画。レビュー時代を超えた本物のティーン・コメディ

バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから

『バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから』はサミー・コーエン監督のコメディ映画で、サニー・サンドラー、サマンサ・ロレイン、ディラン・ホフマン、イディナ・メンゼル、ジャッキー・サンドラー、アダム・サンドラーら実力派キャストが出演している。ストーリーは、バット・ミツバを控えた2人の親友、ステイシーとリディアを中心に展開する。しかし、ふたりとも同じ人気者に思いを寄せるようになり、友情と青春をかけた中学生時代のドラマが展開する。

この映画は、フィオナ・ローゼンブルームのヤングアダルト小説の映画化で、アマンダ・スターンというペンネームで書かれている。

バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから

アダム・サンドラーのハッピー・マディソン・プロダクションがプロデュースした『バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから』は、家族向けの映画というコンセプトを全面的に取り入れており、良質なコメディに期待されるすべての要素を包含している。

この映画の完成度は称賛に値するものであり、若きサニー・サンドラーは父親の跡を継ぐことでその才能を証明している。

この映画は万人の好みに合うとは限らないが、アダム・サンドラーの多くのファン層は、成長という困難を乗り越えるティーンエイジャーをストレートに描いた彼のユーモアを間違いなく評価するだろう。

映画レビュー

You Are So Not Invited to My Bat Mitzvah
バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから

『バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから』は映画史上画期的な作品ではないかもしれないし、アダム・サンドラーの演技でオスカーを受賞することもないかもしれないが、この映画は期待を裏切ることなく、期待を満たし、楽しませることに成功したジャンルの中で、その約束を果たしている。

ティーンエイジャーには十分に大胆で、大人には十分に抑制が効いており、下品な領域に踏み込むことなく家族連れの観客にアピールするのに十分な面白さがあり、バランスが取れている。チャーミングで慎重なアプローチを保ちながら、境界線を探っている。

このハリウッド作品は、友情を軸にしたティーンエイジャー向けコメディの古典的要素を踏襲しつつ、感情的な深みと物語の安定性をもたらす両親や年配の俳優を登場させている。脚本は、観客が望むものを巧みに与えながら、現実的で愛らしくもある。

このジャンルの中では、『バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから』は完璧な作品である。ハッピー・マディソン一家がプロデュースした本作は、前作以上に家族向けの内容にこだわっている。

私たちの意見

『バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから』は、ファミリー映画として完璧なチョイスであり、ちょっと大胆なティーンエイジ・コメディである。

スリルこそないものの、期待を裏切らない。

You Are So Not Invited to My Bat Mitzvah
バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから

発売日

2023年8月25日

『バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから』の視聴場所

Netflix

小説

フィオナ・ローゼンブルームアマンダ・スターンのペンネーム)。

アマンダ・スターンはアメリカの作家であり、イベントオーガナイザーでもある。フィクション、ノンフィクション、詩を含む彼女の文学作品は、The New York Times, The New York Times Magazine, Filmmaker, The Believer, Post Road, St.Ann’s ReviewSalt HillHayden’s Ferry ReviewFive ChaptersSpinning Jennyなど。彼女の処女作であるThe Long Haul (ISBN: 1932360069)は好評を博した。続きを読む

俳優と女優

『バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから』(2023年) - ネットフリックスの映画。レビュー時代を超えた本物のティーン・コメディ
Sunny Sandler
『バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから』(2023年) - ネットフリックスの映画。レビュー時代を超えた本物のティーン・コメディ
Idina Menzel
『バト・ミツバにはゼッタイ呼ばないから』(2023年) - ネットフリックスの映画。レビュー時代を超えた本物のティーン・コメディ
Samantha Lorraine

Sadie Sandler
Jackie Sandler
Sarah Sherman
Luis Guzmán
Ido Mosseri

この記事を共有する
フォローする:
アリス・ランゲは音楽に情熱を注いでいる。制作サイドでいくつかのバンドに所属してきたが、その経験をジャーナリズムの分野に生かすことにした。また、映画やテレビの批評をしたり、さまざまなイベントに参加したりしている。
コメントを残す