ウエリ・シュテック

ウエリ・シュテック
ペネロープ・H・フリッツ

ウエリ・シュテックは1976年10月4日、スイスのラングナウ・イム・エメンタール生まれの著名なスイス人登山家である。単独登頂とスピード記録で「スイス・マシン」の異名をとる。

ステックのクライミングへの情熱は、アイスホッケーをプレーしていた幼少期から始まった。12歳の時にロッククライミングに出会い、スイス・アルパイン・クラブに入会した。18歳になる頃には、アイガー北壁やモンブランのボナッティ・ピラーなど難関を制覇。1998年にはメンヒのハストン・クーロワールをわずか3時間でソロ登攀し、翌年にはアイガーのラウパールートを5時間でソロ登攀した。2001年にはウエリ・ビューラーと共同でプモリ山西壁初登に成功。その後、ステファン・ジークリストとパートナーを組み、アイガー北壁の “The Young Spider”(2002年)や “La Vida es Silbar”(2003年)など、さまざまなルートを登攀した。2004年には、アイガー、メンヒ、ユングフラウの3つの北壁をわずか25時間で登頂するという快挙を成し遂げた。ステックは2005年も単独行に挑戦し、チョラツェ北壁(6,440m)とタウォチェ西壁(6,505m)の単独初登頂に成功した。ステックは登山におけるスピード記録で大きな注目を集めた。2007年、彼はアイガー北壁の新記録を樹立し、わずか3時間54分で完登した。翌年2月には自身の記録を上回る2時間47分33秒という驚異的なタイムを叩き出した。

2008年5月、アンナプルナ南壁への遠征を準備していたステックとシモン・アンサマッテンは、登山家イニャキ・オチョア・デ・オルサを助けるために救助活動に乗り出した。残念なことに、標高が高いため救助ヘリを投入することができず、オチョアは5月23日に悲劇的な死を遂げた。ステックは最後まで彼のそばに寄り添い、揺るぎない献身を示した。

2009年1月13日、ステックはアイガー北壁、グランド・ジョラス、マッターホルンを1時間56分という驚異的なタイムで登頂し、三部作の記録を達成した。2009年には、シモン・アンサマッテンとともにテンカンポチェ(6,500m)北壁を初登した技術的功績が認められ、名誉あるピオレドールを受賞した。さらに、2009年7月9日にはガッシャーブルムII(8,035m)の単独登頂に成功し、8,000m峰の初登に成功した。

2011年、ステックはシーシャ・パンマ(8,013m)の南壁を10時間30分という記録的なタイムで登頂し、またしても驚くべき偉業を達成した。そのわずか18日後の5月5日には、ドン・ボウイとともにチョ・オユー(8,201m)を制覇した。2011年11月18日、ステックは映画『Ueli Steck:2011年11月18日、スイスのマルティニーで映画『Ueli Steck: Speed』を上映。2012年8月、アイガー・メンヒ・ユングフラウの三連縦走を12時間以内で達成。2013年10月9日、ステックはアンナプルナ南壁の単独登頂で、彼の業績に新たなマイルストーンを加えた。2015年の夏には、ミヒャエル・ヴォールレーベンと共に#82summitsプロジェクトに着手し、アルプスの4,000メートル峰以上を自動車を使わずに完登することに成功した。ステックはこのプロジェクトを62日間という驚異的な日数で終了させた。

2015年11月11日、ステックとニコラ・ホジャックはヘックマイルート経由でアイガー北壁をわずか3時間46分で登頂し、ロープ登攀記録を打ち破った。そのわずか5日後の2015年11月16日、ステックは自身の記録を上回り、2時間22分50秒という驚異的なタイムでアイガーを完登した。

悲劇的なことに、2017年4月30日、エベレストとローツェの野心的な複合登頂を48時間以内、西稜ルートによる無酸素で達成するためのトレーニング中、ステックは氷の上で滑落した。この不運な事故は、ヌプトのフェースのひとつから1,000メートル落下するという致命的な結果となった。

タグ付き:
この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です