タグ

薬物

パブロ・エスコバル:コロンビアの麻薬王の興亡

年12月1日、コロンビアのリオネグロ生まれのパブロ・エミリオ・エスコバル・ガビリアは、1980年代から1990年代初頭にかけて、世界的なコカイン取引で最も有力な人物のひとりとなった悪名高い犯罪者であり麻薬王である。メデジン・カルテルのボスとして、エスコバルは莫大な富と権力を蓄え、史上最も裕福な犯罪者のひとりとなった。しかし、彼の恐怖支配と麻薬帝国はやがて崩壊し、1993年12月2日に死に至った。この記事では、パブロ・エスコバルの人生、犯罪活動、そして究極の没落について掘り下げる。 エスコバルはコロンビアのリオネグロの質素な家庭に生まれた。父親は農民で、母親は学校の教師だった。その後、一家はメデジン郊外のエンビガドに引っ越した。エスコバルが犯罪生活を始めたのは10代の頃で、偽の卒業証書の販売やステレオ機器の密輸など、さまざまな違法行為に手を染めた。利益のために墓石や車を盗むことさえした。 コロンビアでコカイン産業が盛んになるにつれ、エスコバルは麻薬の需要増に乗じる機会を見出した。1970年代半ば、彼は後に悪名高いメデジン・カルテルとなる組織を共同で設立した。カルテルはコカインの生産、輸送、販売に注力し、世界的な麻薬取引の支配的勢力としての地位を確立した。 1980年代半ばまでに、エスコバルは誰もが認めるメデジン・カルテルのリーダーとなり、世界で最も裕福な人物のひとりとなった。彼の純資産は250億ドル(約2兆7000億円)にも達し、贅沢で過剰な生活を送ることができたと推定されている。エスコバルの地所であるハシエンダ・ナポレスは7,000エーカーもの広大な敷地を持ち、プライベート動物園、サッカー場、闘牛場など贅沢な設備が整っていた。 エスコバルは、貧しい人々への援助や家屋や学校の建設といった慈善事業で悪名を馳せたが、その博愛主義は冷酷さの影に隠れていた。彼は「プラタ・オ・プロモ」方式を採用し、個人に賄賂を受け取るか、暴力的な結末を迎えるかの二者択一を迫った。エスコバルの犠牲者には、敵対する麻薬密売人、政府高官、警官、罪のない一般市民が含まれていた。 エスコバルの犯罪行為と暴力がエスカレートするにつれ、彼はコロンビアとアメリカの両当局の格好の標的となった。アメリカはメデジン・カルテルの麻薬の主な輸出先であり、裁判を受けるために彼の身柄引き渡しを求めた。これに対し、エスコバルは引き渡しを阻止するため、爆弾テロや暗殺などのテロ作戦を展開した。 1991年、エスコバルは減刑交渉と身柄引き渡しを避けるためにコロンビア当局に自首した。彼は自ら建設したラ・カテドラルという豪華な施設に収監された。しかし、収監されても彼の犯罪活動を抑えることはほとんどできなかった。エスコバルは刑務所内で麻薬帝国を運営し続け、世論の憤慨と罷免要求につながった。 1992年7月、エスコバルは当局がより安全な施設に移送する直前にラ・カテドラルから脱走した。これがコロンビア軍、アメリカ当局、そして敵対する麻薬密売人を巻き込んだ大規模な捜査の発端となった。エスコバルは1年以上、メデジンのさまざまな場所に潜伏し、逮捕を免れた。 1993年12月1日、エスコバルは44歳の誕生日を迎えた。翌日、コロンビア軍がエスコバルの隠れ家を発見し、屋上で劇的な追跡劇と銃撃戦が繰り広げられた。エスコバルは射殺され、彼の恐怖支配は終わりを告げ、メデジン・カルテルは崩壊した。 パブロ・エスコバルの人生と犯罪行為は、多くの書籍、映画、テレビシリーズを生み出し、人々の想像力を魅了し続けている。彼の物語は、麻薬密売と権力と富の野放図な追求がもたらす破滅的な結末を警告する物語として機能している。 エスコバルの慈善活動は一部のコロンビア人の支持を集めたが、彼の恐怖と暴力の支配はコロンビアに永続的な影響を残した。コロンビアが麻薬カルテルの遺産と、それがもたらした社会的・経済的影響に取り組んでいる現在も、彼の犯罪帝国の傷跡は感じられる。 パブロ・エスコバルの、質素な生い立ちから史上最強の麻薬王となるまでの出世物語は、世界を魅了し衝撃を与え続けている。彼の犯罪帝国、暴力的な手口、莫大な富は、彼を一世を風靡した。しかし、彼の支配は暴力的な結末を迎え、破壊の遺産と野放図な権力の結末の訓話を残した。 https://www.youtube.com/watch?v=pNHcFcIZvvk

グリセルダ・ブランコとは何者か?悪名高きコカインのゴッドマザー

グリセルダ・ブランコ・レストレポは、"コカイン・ゴッドマザー "または "ブラック・ウィドウ "としても知られ、1970年代から1980年代にかけてマイアミの暴力的な麻薬戦争で中心的な役割を果たした悪名高いコロンビアの麻薬王である。1943年2月15日、コロンビアのサンタ・マルタで生まれたブランコは、貧困の中で育ち、幼い頃から犯罪に手を染めた。犯罪キャリアを通じて、彼女は巨大な麻薬帝国を築き、何トンものコカインを米国に密輸し、数々の殺人を画策した。 グリセルダ・ブランコの子供時代は、貧困と苦難の連続だった。正確な出生地については不明な点もあるが、彼女はコロンビアのサンタマルタで洗礼を受けた。ブランコは幼い頃から犯罪的なライフスタイルにさらされて育った。11歳のとき、裕福な家庭の少年の誘拐に関わったという証言もある。家族が身代金の支払いを拒否すると、ブランコはその子を射殺したとされる。この事件が、彼女の将来の犯罪活動の舞台となった。 ブランコの犯罪生活はエスカレートし続け、スリや売春をするようになったと言われている。10代で小悪党と結婚し、3人の子供をもうけた。しかし、この夫婦はやがて離婚し、ブランコは彼の殺害を命じたと噂された。1970年代初め、ブランコは麻薬密売人のアルベルト・ブラボーと交際を始め、やがて彼と結婚した。彼女がコカイン取引に深く関わるようになったのは、ブラボを通じてだった。 ニューヨークを拠点に、グリセルダ・ブランコとアルベルト・ブラボーは高収益のコカイン事業を確立した。ブランコの創意工夫が彼らの成功に大きな役割を果たした。彼女は米国に麻薬を密輸するための秘密の仕切りがついたランジェリーをデザインし、法執行機関を迂回することを可能にした。夫妻の事業は繁栄し、莫大な富と権力を得た。しかし、その成功は長くは続かなかった。 アメリカで麻薬容疑に直面したブランコは、1975年にコロンビアに逃亡した。ブラボーが自分たちの活動から金を盗んでいると疑った彼女は、ブラボーと銃撃戦を繰り広げ、ブラボーは死亡した。ブランコの "黒い未亡人 "としての評判は続き、後に3番目の夫も殺された。このような凶行にもかかわらず、ブランコの権力と支配への渇望は鎮まることはなかった。 1970年代後半になると、グリセルダ・ブランコはマイアミに拠点を移し、"コカインのゴッドマザー "としての地位を固めた。ライバルを排除し、支配を維持するために、彼女は街を巻き込む暴力の波を放った。コカイン・カウボーイ戦争として知られるこの時期は、数多くの殺人や残虐行為によって特徴づけられた。 ブランコの冷酷さはとどまるところを知らなかった。彼女は競争相手の殺害を命じたとされ、しばしばオートバイに乗ったガンマンによって実行された。多くの殺人が白昼堂々と行われたため、これらの行為の図々しさは世間に衝撃を与えた。ブランコ帝国は繁栄し、毎年3トン以上のコカインがアメリカに密輸され、毎月8000万ドルという途方もない額が蓄えられた。 その狡猾さと権力にもかかわらず、グリセルダ・ブランコの支配はやがて終わりを告げた。1984年、身の危険を感じた彼女はカリフォルニアに移住した。しかし翌年、彼女は逮捕され、1975年の麻薬容疑と向き合うためにニューヨークに送還された。1985年、ブランコは有罪となり、最高で懲役15年を言い渡された。しかし、獄中でも彼女の影響力は持続した。 服役中、ブランコは複数の殺人容疑で追加起訴された。彼女が信頼していた殺し屋の一人、ホルヘ・アヤラは検察と取引し、彼女に不利な証言をした。しかし、アヤラと検察庁の秘書とのテレフォン・セックスをめぐるスキャンダルにより、この事件は破綻した。ブランコは最終的に1998年に3件の第2級殺人の罪を認め、20年の併合刑を受けた。 刑期を終えたグリセルダ・ブランコは、健康上の問題から2004年に釈放された。その後、彼女はコロンビアに強制送還され、メデジンで比較的静かな生活を送っていた。ブランコの犯罪活動は終わりを告げたが、彼女の悪名と悪評は続いた。 2012年、グリセルダ・ブランコを悲劇が襲った。メデジンの精肉店を出たところで、彼女はバイクに乗った殺し屋に銃殺された。彼女の死は、犯罪、権力、冷酷さといった複雑な遺産を残し、ひとつの時代の終わりを告げた。 グリセルダ・ブランコの大物ぶりと犯罪行為は、作家、映画製作者、ミュージシャンの想像力をかきたてた。彼女の物語は数々のドキュメンタリー、シリーズ、映画で取り上げられてきた。特にドキュメンタリー『コカイン・カウボーイズ』は彼女の支配に光を当て、TVシリーズ『コカイン・ゴッドマザー』はキャサリン・ゼタ=ジョーンズを主役に彼女の人生を描いた。ブランコの影響は音楽界にまで及び、ミーク・ミルやニッキー・ミナージュのようなアーティストのラップ・ソングの中にも彼女への言及がある。 悪名高きコカイン・ゴッドマザー、グリセルダ・ブランコは、麻薬密売と組織犯罪の世界に忘れがたい足跡を残した。彼女の権力への登り詰め、暴力的な支配、そして究極の没落は、人々の注目を集め、数多くの芸術作品にインスピレーションを与えた。彼女の犯罪活動は残忍さと冷酷さで際立っていたが、男性優位の麻薬取引において彼女が打ち砕いたジェンダーの壁もまた浮き彫りにした。グリセルダ・ブランコの物語は、人間の本性のダークサイドと権力と富の誘惑を冷徹に思い起こさせるものである。 https://www.youtube.com/watch?v=VJ7dsmTRWRc