タグ

医学

「外科医パオロ・マッキャリーニ: その歪な愛の姿 」(2023年)|Netflixのドキュメンタリーシリーズ:ドクターパオロ・マッキャリーニの恐ろしい歴史

「外科医パオロ・マッキャリーニ: その歪な愛の姿 」は、ベン・スティール監督のドキュメンタリーである。 一人の医師が奇跡を起こしていたように、新しい臓器を作り出し、それを患者の体内に移植することを約束しました。この臓器は、幹細胞を使用した実験的な治療によって、プラスチックで作られ、患者の自己の幹細胞で覆われ、人工臓器に移植されることで、新しく機能的な臓器が作成されました。 ドクター・パオロ・マッキャリーニは、幹細胞(ステムセル)を使用して臓器を作成し、末期患者たちを救うことができる魅力的でロマンチックな存在でした。彼は医学のノーベル賞を受賞したことでも知られるスウェーデンのカロリンスカ病院で働いていました。 彼は魅力的で有名で、瀕死の患者のために命を救うことができるだけでなく、豪華な暮らしをして世界中を旅し、5、6つの携帯電話で複数の言語で話すことができるミリオネアとしても暮らしていました。 医学のジェームズ・ボンドとして何をもっと求めることができたでしょうか? 明らかに、この有名な医師の物語はすぐに崩れ去り、問題が浮上しました - ドクターの患者たちが亡くなったのです。それに満足することはありませんでした。なぜなら、この他の場所での手術の許可を取得し、健康で若い患者にも手術を行いました。 そして、ここから物語は恐ろしく、心に震えるものとなります。 「外科医パオロ・マッキャリーニ: その歪な愛の姿 」は、詐欺と医療に関するドキュメンタリーであり、3つのエピソードで医者の人生と「奇跡」を描いており、これが結局、大きな詐欺につながったことを明かしています。 このドキュメンタリーは、医学を単なるマーケティングの手段として捉え、単純に詐欺を行ったこの人物の物語を、トゥルークライムのように描いています。映画的には特筆すべき斬新な要素もなく、ドキュメンタリーの提案も大胆ではありませんが、それは必要ありません。なぜなら、この物語自体が衝撃的すぎて、それだけで語っているからです。被害者の証言があれば、それ以上のものは必要ありません。演出や視覚的な魅力を追求する必要もありません。なぜなら、これほど重要な物語で、かつ強力なキャラクターが登場するからです。観客は、ただただ物語を追い続けるだけです。 私たちの意見 医学界における詐欺と欺瞞の力強い物語。これは過酷で心を打つ物語に興味がある人々におすすめです。 https://www.youtube.com/watch?v=qYZTZcZLLW8 発売日 2023年11月29日 「外科医パオロ・マッキャリーニ: その歪な愛の姿 」の視聴場所 Netflix パオロ・マッキアリーニについて スイス生まれのイタリア人胸部外科医で元再生医療研究者のパオロ・マッキアリーニは、気管移植における画期的な業績で一躍脚光を浴びた。しかし、彼のキャリアは、研究不正、不正行為、操作的行動の疑惑によって傷つけられた。マッキアリーニの物議を醸す行動は、イタリアとスウェーデンで有罪判決を受け、彼の研究論文は何度も撤回され、カロリンスカ研究所のような尊敬される機関は没落した。この記事では、パオロ・マッキアリーニにまつわる人生と論争を掘り下げ、彼のキャリアを形成し、最終的に没落へと導いた重要な出来事に焦点を当てる。もっと読む

パオロ・マッキアリーニとは?物議を醸した外科医

スイス生まれのイタリア人胸部外科医で元再生医療研究者のパオロ・マッキアリーニは、気管移植における画期的な業績で一躍脚光を浴びた。しかし、彼のキャリアは、研究不正、不正行為、操作的行動の疑惑によって傷つけられた。マッキアリーニの物議を醸す行動は、イタリアとスウェーデンで有罪判決を受け、彼の研究論文は何度も撤回され、カロリンスカ研究所のような尊敬される機関は没落した。この記事では、パオロ・マッキアリーニにまつわる人生と論争を掘り下げ、彼のキャリアを形成し、最終的に没落へと導いた重要な出来事に焦点を当てる。 生い立ちとキャリア 1958年8月22日、イタリア生まれ。1986年にピサ大学医学部で医学博士号を取得し、1991年には外科学修士号を取得した。ドイツのハイデハウス・ハノーファー病院やスペインのバルセロナ・クリニック病院など、さまざまな医療機関で勤務。また、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンとカレッジ大学病院でも名誉職を務めた。 気管移植の革新 マッキアリーニは、気管移植に対する革新的なアプローチで国際的な称賛を得た。彼は、患者自身の幹細胞を播種した生物学的足場と合成足場の両方を使用して、気管の代用品を作り出した先駆者である。これらの画期的な治療法は、気管に損傷や疾患を持つ患者に希望を与え、従来の治療法が失敗した場合の潜在的な解決策を提供した。 2008年に気管移植を受けたクラウディア・カスティージョは、マッキアリーニの注目すべき患者の一人である。この手術では、提供された気管から細胞を取り除き、カスティーヨ自身の骨髄細胞を移植した。この手術の成功は、その後のシアラン・フィン=リンチやケジア・ショーテンなどの症例とともに、メディアの大きな注目を集め、再生医療の第一人者としてのマッキアリーニの名声に拍車をかけた。 非倫理的行為の申し立て マッキアリーニの気管移植は当初成功を収め、期待されていたにもかかわらず、倫理に反する行為であるという疑惑が浮上し始めた。マキアリニが比較的健康な患者に実験的な手術を行い、その多くが致命的な結果を招いたというのだ。マキアリニから人工気管移植を受けた患者8人のうち7人が死亡した。 さらに調査を進めると、マッキアリーニは履歴書に学歴を偽っていたことが判明し、彼の研究と資格の妥当性に疑問が投げかけられた。これらの暴露は、研究不正や詐欺の告発とともに、カロリンスカ研究所や他の機関による一連の調査を促した。 カロリンスカ研究所スキャンダル マキアリーニとスウェーデンの名門カロリンスカ研究所との関係がスキャンダルの焦点となった。彼は2010年に同研究所の客員教授に任命され、そこで物議を醸した気管移植を行った。マッキアリーニの件に関する研究所の対応は批判を浴び、ノーベル生理学・医学委員会の事務局長や副学長を含む主要人物が辞任に追い込まれた。 カロリンスカ研究所と外部の専門家によって行われた調査によって、マッキアリーニによる研究不正の疑いが確認された。彼の研究論文のいくつかは撤回され、いくつかの手術について倫理的承認を得ておらず、手術の結果を偽っていたことが判明した。 法的影響 マッキアリーニはその行為によって法的な結果に直面した。イタリアでは2019年、職権乱用と文書偽造の罪で懲役16カ月を言い渡されたが、最終的に最高裁ですべての容疑が無罪となった。 スウェーデンでは、マッキアリーニは2020年に加重暴行の罪で起訴された。裁判の結果、身体に危害を加えたとして有罪判決を受け、2022年に執行猶予付きの判決を受けた。しかし、2023年6月、控訴裁判所は患者3人に対する重暴行で有罪とし、懲役2年6カ月に増刑した。 放射性降下物と影響 パオロ・マッキアリーニをめぐるスキャンダルは、広範囲に及ぶ結果をもたらした。カロリンスカ研究所はこの事件への対応で大きな批判にさらされ、その結果、理事会全員が解任され、ノーベル賞の選考プロセスに関わる主要人物が解任された。 マッキアリーニの行動をめぐる暴露は、重要な倫理的問題を提起し、科学研究の誠実さと患者の安全確保における研究機関の責任についての議論を巻き起こした。この事件は、注意喚起の物語であるとともに、医学・科学界における厳格な監視と説明責任の重要性を思い起こさせるものである。 パオロ・マッキアリーニのキャリアは、将来性と革新性から始まったが、最終的には論争と不名誉のうちに終わった。気管移植における彼の画期的な研究は、研究不正、不正行為、非倫理的行為の疑惑によって影を潜めた。彼の行動の影響は彼自身のキャリアにとどまらず、尊敬される研究機関の没落につながり、科学研究の倫理と誠実さについて重要な問題を提起した。マッキアリーニ事件は、医療分野における透明性、説明責任、患者の安全の必要性を痛感させるものである。