パリの必見スポット10選

パリ
トラベル・マルティン・シッド誌

ずっと夢見ていたパリ旅行をついに予約した。光の都があなたの名前を呼び、飛び込んで、パリが提供するすべての魔法を体験する準備ができている。でも、歴史、文化、食、美にあふれたこの街で何から始めればいいのでしょう?ご心配なく。パリで絶対に見逃せない観光スポットをリストアップしたので、この素晴らしい街での時間を最大限に活用してほしい。モンマルトルでボヘミアン気分を味わうもよし、ヴェルサイユ宮殿で王族気分を味わうもよし、ルーブル美術館で迷子になるもよし、カフェで人間観察を楽しむもよし。さあ、荷物をまとめてボンボヤージュ!一生に一度の冒険が待っている。

エッフェル塔
エッフェル塔、パリ

エッフェル塔 – 象徴的なランドマーク

エッフェル塔はパリで最も有名なランドマークで、毎年700万人近くの観光客が訪れる。高さは324メートルで、エレベーターや階段で最上階に登ると、360度のパリの絶景を見渡すことができる。

山頂に立てば、そこは世界の頂点。シャン・ド・マルス、街を縫うように流れるセーヌ川、凱旋門やノートルダム大聖堂などパリの象徴的な建物の数々を眺めることができる。夜は深夜1時までライトアップされ、宝石のように輝く。最上階にあるレストラン「ル・ジュール・ヴェルヌ」は、値段は張るが、パノラマの眺望とともに忘れられない食事体験ができる。

高いところが苦手な人や行列を避けたい人は、塔のふもとを散策して建築のすばらしさに浸るだけでも感動的だ。塔の骨組みに施された複雑な格子は、間近で見ると圧巻だ。周囲のシャン・ド・マルス公園は、景色を眺めながらのピクニックランチに最適なスポットでもある。

パリへの旅は、このロマンスとスタイルの世界的シンボルを訪れることなしには語れない。エッフェル塔は、芸術性、文化性、そして見事な美しさの融合によって、この街の心と魂を象徴している。毎正時に5分間の光のショーが始まります。素晴らしい!

ルーブル美術館
ルーヴル美術館、パリ

ルーブル美術館 – 名画の宝庫

ルーブル美術館はパリに来たら必見だ。モナ・リザ、ミロのヴィーナス、サモトラケの翼の勝利など、有名な美術品が数多く所蔵されており、その膨大なコレクションを何日もかけて見て回ることができる。

世界最大級の美術館であるルーブル美術館の展示室は、65万平方フィート以上にも及ぶ。圧倒されることなく、この猛獣に挑むには、一度にいくつかのセクションに集中することだ。モナ・リザやミロのヴィーナスなど、多くの象徴的な作品が展示されているドゥノン翼から始めるのがよいだろう。リシュリュー・ウィングには古代エジプト、ギリシャ、ローマの美術品が展示されている。サリー翼には、有名な「サモトラケの翼の勝利」がある。

ルーブル美術館を見学するには、少なくとも半日はかかる。早めに到着し、見たいものの計画を立てましょう。特に有名な作品の周辺では、人混みと戦わなければならないことに変わりはない。しかし、戦略次第で、自撮り棒の海をくぐり抜け、伝説の名画を間近で鑑賞することができる。

ルーブル美術館は火曜日が休館日なので、その日は避けること。チケットは事前に美術館のウェブサイトで購入し、チケット売り場の行列をスキップしよう。ルーブル美術館は水曜日と金曜日も夜遅くまで開館しているので、混雑を避けたいならその日の夜がおすすめだ。

モナリザの微笑みを見ずしてパリ旅行は終われません。この世界的な美術館に足を踏み入れれば、何千年もの歴史にまたがる人類の創造的な業績を視覚的に楽しむことができます。古代エジプトからロマン主義の時代まで、ルーヴル美術館では、決して忘れることのできない比類なき芸術体験をすることができます。

凱旋門
パリ、凱旋門

凱旋門 – 見事な建築

凱旋門はパリを代表するランドマークのひとつ。シャルル・ド・ゴール広場の中央に建てられ、シャンゼリゼ通りの印象的な眺めを提供するこの新古典主義建築の見事な例は、見逃すことのできない光景です。

凱旋門は、フランス革命戦争とナポレオン戦争でフランスのために戦い、命を落とした人々を称えるために1806年に建設が開始され、1836年に完成した。凱旋門の中央、アーチ型の天井の下には、第一次世界大戦で命を落とした人々を祀る「無名戦士の墓」がある。凱旋門の屋上テラスからは、シャンゼリゼ通りやエッフェル塔、サクレ・クール寺院など、パリのパノラマを一望できる。

アーチ自体は、ナポレオン時代の有名な戦いや勝利を描いたレリーフや彫刻で精巧に装飾されている。また、その内側と外側には、フランスの全将軍の名前とその勝利が刻まれている。凱旋門の周囲や下を歩いて、その美しい彫刻を鑑賞し、フランスの歴史を知ることができる。

凱旋門の頂上にはテラスまで続く40段の階段があり、登りごたえがあり、光の都の360度の絶景が楽しめる。凱旋門は年中無休で、入場券は現地で購入できる。このランドマークは非常に人気のある観光スポットなので、できれば早めに行って、昼間の混雑を避けることをお勧めする。

パリを訪れたら、凱旋門を見ないわけにはいかない。フランスの軍事史のシンボルであり、建築の驚異でもある凱旋門は、フランスの過去と現在のパノラマを垣間見せてくれる。時間をかけてこのモニュメントを体験すれば、後悔することはないだろう。この印象的なアーチと屋上テラスからの眺めの思い出は、パリを離れた後もずっと心に残ることだろう。

ノートルダム大聖堂
ノートルダム大聖堂、パリ

ノートルダム大聖堂-ゴシックの傑作

ノートルダム大聖堂は、パリ滞在中に絶対に見ておきたいゴシック様式の傑作だ。1163年に建設が始まり、完成までに200年近くかかった。2019年に火災によって悲劇的な被害を受けたが、修復作業が進められており、一部は訪問者のために公開されている。

建築

ノートルダム寺院は、フランス・ゴシック建築の代表例とされている。西側のファサードには2本の塔がそびえ、有名な石造りのガーゴイルやキマイラもある。外観を歩き回り、フライング・バットレス、尖塔、華麗なディテールを鑑賞しよう。内部も同様に見事で、高いアーチ型の天井、見事なステンドグラスのバラ窓、柱の列がある。

歴史

何世紀もの間、ノートルダム寺院はパリ市民の生活の中心であった。1804年にはナポレオンがここで皇帝の戴冠式を行い、重要な出来事の際には鐘が鳴り響いた。この大聖堂は、ヴィクトル・ユーゴーの『ノートルダムのせむし男』のような有名な芸術作品にインスピレーションを与えた。王と王妃はここで結婚式を挙げ、内部には多くの重要な遺物が納められている。

見どころ

3つのバラ窓は必見。最も大きなバラ窓は直径42フィート以上あり、1万枚近いガラスが使われている。双子の塔からは街のパノラマが一望できるが、アクセスは修復作業次第だ。大聖堂で最も貴重な聖遺物は、イエスが磔刑の際に被ったとされる「いばらの冠」である。8,000本以上のパイプを持つ大オルガンは、それ自体が芸術作品である。

この壮麗な大聖堂を訪れることは、あらゆる信仰や背景を持つ人々にとって感動的な体験となる。2019年の壊滅的な火災からまだ回復していないとはいえ、ノートルダム大聖堂はパリの歴史、文化、不屈の精神の不朽のシンボルであり続けている。そびえ立つアーチに安らぎを見出すにせよ、単にその建築の素晴らしさを堪能するにせよ、ノートルダム大聖堂は光の都の必見のハイライトだ。

シャンゼリゼ
パリ、シャンゼリゼ通り

シャンゼリゼ – 高級ショッピング通り

シャンゼリゼ通りはパリで最も有名な大通りで、高級店やレストラン、劇場が立ち並ぶ。この大通りはコンコルド広場から凱旋門まで伸びており、人気の観光スポットとなっている。

シャンゼリゼ通りを歩くのは、特にライトアップされた夜のパリジェンヌの真骨頂だ。この大通りには、ルイ・ヴィトン、シャネル、カルティエなどの高級店や、ZARA、H&Mなどの人気衣料品店が軒を連ねている。高級ブランドは予算オーバーでも、ウィンドウショッピングで華やかさに浸ること自体がエンターテイメントだ。

レストランとカフェ

足を休めたいとき、シャンゼリゼ通りはカフェやレストランに事欠かない。1862年創業の高級ティーサロン、ラデュレでカフェオレとクロワッサンを。また、ブリジット・バルドーやトム・クルーズなどのセレブリティをもてなした歴史あるブラッスリー、フーケのパティオで、シーフードの盛り合わせとキリッとした白ワインをどうぞ。

エンターテイメント

夜には、歴史あるキャバレー「リド・ド・パリ」や豪華絢爛な「ムーラン・ルージュ」でショーを鑑賞しよう。また、巨大な映画館ル・バルザックでは、公開日に最新の超大作映画を見ることができる。

アクセス

シャンゼリゼへは地下鉄、バス、自転車、タクシーで簡単にアクセスできる。地下鉄のコンコルド駅、シャンゼリゼ・クレマンソー駅、フランクリン・D・ルーズベルト駅、ジョージ5世駅を利用すれば、大通りのすぐそばまで行くことができる。市バス42番、52番、73番、84番も大通りを走っている。

シャンゼリゼ通りの散策は、パリを訪れるすべての人の旅程に含まれているはずだ。この大通りは、ショッピング、グルメ、エンターテイメント、歴史が完璧に融合しており、そのどれもがパリらしいスタイルと生きる喜びを感じさせてくれる。光の都への旅は、この最も有名な大通りを体験せずには終われない。

The Catacombs
カタコンベ、パリ

カタコンベ – 地下納骨堂

パリの地下墓地は、600万人以上の遺骨を納めた地下納骨堂である。この地下迷宮は、18世紀にパリの石鉱山の廃坑道で作られた。閉所恐怖症でなく、骨に囲まれても平気な人なら、カタコンベでパリの歴史を垣間見ることができる。

カタコンベに入るには、ダンフェール=ロシュロー広場近くの入り口に向かう。特に夏場は長蛇の列ができるので、早めに行くこと。中に入ると、曲がりくねった階段がパリの通りの地下20メートルまで続き、人骨や頭蓋骨が並ぶトンネルに入る。身の毛もよだつような光景だが、何世紀も昔の何百万人ものパリジャンが生きた証だ。

カタコンベは、パリの墓地の過密状態を解決するために作られた。1780年代から1860年代にかけて、墓地に埋葬されていた人々の遺骨が掘り起こされ、街の地下にある廃トンネルに移された。骨は綿密に整理され、頭蓋骨が壁に並び、大腿骨や脛骨が円形のパターンを作るのに使われている。1.7マイルに及ぶトンネル網を歩くと、骨から作られた碑文や詩を目にすることができ、人類が共有する運命を冷ややかに思い起こさせる。

カタコンベへの訪問は、歴史ファンや不気味なものに魅了された人々にとって必須である。気の弱い人には向かないが、カタコンベは数百年前にパリで生き、そして死んでいった人々とつながるまたとない機会を提供してくれる。骨の海は、悲痛でありながら、すぐに忘れることのできない魅惑的な光景だ。天井が低く、何百万もの骨が光の都の地下のトンネルで待っている。

リュクサンブール公園
リュクサンブール公園、パリ

リュクサンブール公園 – 美しい公園

リュクサンブール公園はパリで最も魅力的な庭園のひとつだ。パリの左岸に位置するこの広大な公共公園は、街の喧騒から逃れるのに最適な場所だ。

美しい花と木

園内の小道には、青々とした芝生、色とりどりの花壇、クリ、カエデ、トネリコなどの葉の茂った木々が並んでいる。春には水仙、チューリップ、花菖蒲が園内に咲き乱れる。果樹園エリアにはリンゴ、ナシ、サクランボの木がある。庭園の目玉は、1630年に造られたバロック様式の巨大な噴水、メディチ家の噴水である。

アクティビティ

リュクサンブール公園では様々なアクティビティが楽しめます。おもちゃのヨットをレンタルして、公園中央の池に浮かんでみましょう。公園を象徴する緑の椅子で本を読んだり、人間観察をするのもいい。公園にはテニス、チェス、ブール(フランスの球技)のコートもある。手彫りの動物が描かれた子供用の年代物のメリーゴーランドもある。

宮殿と博物館

庭園の一角には、フランスの元老院が集まるリュクサンブール宮殿がある。宮殿内にあるリュクサンブール美術館には、ヨーロッパの絵画、彫刻、工芸品が展示されている。ルーベンス、レンブラント、マティスといった有名な芸術家の作品も収蔵されている。

リュクサンブール公園は、広大な芝生、色とりどりの庭園、噴水、数々のアクティビティなど、パリの中心部にある完璧な隠れ家だ。この象徴的な公園を訪れずしてパリ旅行は終われません。園路を散策したり、子供たちとおもちゃのボートを漕いだり、ただ座って周囲を楽しんだり、のんびりとした午後のひとときをお過ごしください。リュクサンブール公園は、地元の人々にも観光客にも愛されている、パリの宝物のひとつなのだ。

ガルニエ宮
ガルニエ宮。By Peter Rivera – パリ・オペラ座, CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=8104145

ガルニエ宮

豪華絢爛なオペラハウス、ガルニエ宮はパリ観光の必見スポット。1875年に完成したこの歴史的な舞台芸術施設は、シャルル・ガルニエがバロック・リバイバル様式で華麗に設計した第二帝政期建築の代表例である。

息をのむようなグランド・ホワイエ

中に入ると、大理石の階段がある重厚なグランド・ホワイエに目を奪われる。この巨大なホールは、赤いベルベットの座席、金箔のバルコニー、ポール・ボードリーが描いた豪華な天井画で豪華に装飾されている。この壮大な空間は日中も見学可能で、夜のショーに参加すれば、その壮大さを肌で感じることができる。

オルネート・オーディトリアム

2,000席近くある大ホールは、ドーム型の天井から巨大なシャンデリアが吊るされ、まさに豪華絢爛。赤いベルベットの座席、金色の柱、プライベートボックスが舞台を取り囲んでいる。舞台を縁取るプロセニアムには、音楽の寓意を描いた彫刻が飾られている。運よくショーを見ることができれば、まるで金ぴか時代にタイムスリップしたかのような気分を味わえるだろう。

舞台裏ツアー

少額の料金を払えば、楽屋や巨大なステージ、オーケストラ・ピットなど、通常は立ち入り禁止の場所に立ち入ることができるガイド付きツアーもある。ドームに登れば、ウジェーヌ・ドラクロワが描いた天井画を見ることができる。ガルニエ宮には、その歴史を紹介する博物館や、研究者に開放された図書館や資料館もある。

バレエやオペラの公演を観に行くにも、個人で観光するにも、ガルニエ宮は忘れられない体験となる。ベル・エポック時代の遺物であるこのパリのランドマークの壮大さと豪華さに酔いしれましょう。光の都への旅は、この驚異の建築物を訪れずして完結することはないだろう。

オルセー美術館
パリ、オルセー美術館

パリの見どころトップ10 よくある質問

パリには、世界的な美術館や素晴らしい建築物、魅力的なカフェなどがたくさんある。光の都での滞在時間が短いなら、絶対に外せない観光スポットをご紹介しよう。

エッフェル塔

この象徴的なランドマークを見ずしてパリ旅行は終われない。最上階に登れば、街のパノラマビューが楽しめる。夜にはきらびやかな夜景が楽しめる。

ルーブル美術館

モナリザやミロのヴィーナスなど、多くの有名な美術品を所蔵するルーブル美術館は、世界最大級の美術館である。その膨大なコレクションを何日もかけて探索することができるだろう。

ノートルダム大聖堂

フランス・ゴシック建築の最高傑作のひとつ。火災で被害を受けたが、大聖堂は今も印象的な姿を見せている。入場は無料だが、現在も修復工事が行われているため、入場が制限される場合がある。

凱旋門

シャルル・ド・ゴール広場の中央に位置し、シャンゼリゼ通りを見下ろす印象的な眺めが楽しめる。わずかな料金でアーチの頂上まで登ることができる。

オルセー美術館

ゴッホの『アルルの寝室』をはじめ、有名な作品が数多く展示されている。建物自体が元鉄道駅であり、その魅力をさらに高めている。

ポンピドゥー・センター

1905年以降の美術品を展示する国立近代美術館がある。カラフルなチューブのようなデザインの建物は、それ自体が芸術作品である。

サクレ・クール寺院

モンマルトルの頂上に建つ見事なバシリカ。ドームに登ってパノラマの眺めを楽しんだら、魅力的なモンマルトル地区を散策しよう。

ラテン・クォーター

ソルボンヌ大学のある魅力的なラテン・クォーターを散策してみよう。ボヘミアンな雰囲気に浸ったり、本屋をのぞいたり、歩道のカフェでコーヒーを楽しんだり。

リュクサンブール庭園

パリの左岸にある美しい庭園は、晴れた日にくつろぐのにぴったり。地元の人々がテニスやチェスをしているのを眺めたり、おもちゃのボートを借りて噴水で遊んだり、ただ座って人間観察をしたり。

ヴェルサイユ宮殿

パリを一歩出ると、壮麗なヴェルサイユ宮殿が目に飛び込んでくる。豪華絢爛なシャトーと広大な庭園は、パリからの完璧な日帰り旅行だ。

というわけで、パリ観光の必見スポット10選。歴史、芸術、食、文化がぎっしり詰まったこの素晴らしい街は、どこを歩いても間違いがない。しかし、これらのスポットは間違いなくあなたのリストのトップになるはずだ。シャンゼリゼ通りを散策するもよし、ルーブル美術館でモナリザを眺めるもよし、エッフェル塔に登るもよし、魅力的なカフェで雰囲気に浸るもよし。光の都の魔法を一度体験したら、もう「さようなら」なんて言いたくなくなるはず。でもご心配なく、パリはあなたの帰りを待っています。さあ、旅の計画を立てよう。冒険が待っている!

この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です