ソウルの最も壮麗な場所で帝国の過去を探る

Gyeongbokgung Palace. By LEESUNGWOO - Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=58485729
トラベル・マルティン・シッド誌

現代ソウルの賑やかな通りを歩いていると、600年以上にわたるソウルの帝国の歴史を忘れてしまいそうになる。しかし、高層ビルや賑やかな市場の裏側には、朝鮮王朝の名残がまだ残っており、ソウルに王や女王が住んでいた時代にタイムスリップさせてくれる。ソウルで最も壮麗な史跡を訪れれば、ソウルの王朝時代の壮麗さと豪華さを垣間見ることができる。

景福宮5大宮殿の中で最も壮麗な宮殿

ソウルの5大宮殿の中で最も大きい景福宮は、必見リストのトップに入るはずだ。1395年に建てられ、500年以上にわたって朝鮮王朝の主要な王宮だった。日本統治時代に宮殿の大部分が破壊されたものの、その壮大な建築と複雑なディテールは今でも畏敬の念を抱かせる。

王宮には300を超える建物があるが、最も象徴的なのは慶会楼と香遠亭池である。慶会樓は2階建ての六角形の亭で、池の上に静かに佇み、静かな水面に反射している。最高の景色を見るには、夕暮れ時にこの亭を訪れるといい。池は元々、王が舟遊びをするために造られたもので、池の中心にある東屋は休憩所として使われていた。

毎日午前10時と午後2時に光化門の前で行われる衛兵交代式を見ずして景福宮の旅は終われない。光化門は王宮の正面玄関であり、石造りの土台と何層にも重なった屋根が印象的だ。宮殿を見学した後は、その中にある国立民俗博物館で韓国の歴史、芸術、文化について学んでみよう。

広大な敷地、美しい建築物、歴史的な重要性を持つ景福宮は、韓国の帝国の過去を垣間見ることができる比類ない場所です。壮大な門をくぐれば、景福宮がソウルで最も荘厳で重要な場所のひとつである理由がすぐにわかるだろう。

Changdeokgung(Palace)
Changdeokgung(Palace). By Unknown author – 서울연구데이터베이스, CC BY 2.0 kr, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=103358397

昌徳宮:最も美しい秘密の花園

ソウルの皇室の歴史を存分に味わうには、昌徳宮への訪問が欠かせない。朝鮮王朝が築いた「五大宮」のひとつである昌徳宮は、その保存状態の良い建築様式と見事な庭園からユネスコの世界遺産に登録されている。

1395年に建てられた昌徳宮は、260年以上にわたって王室の主要な居城として使用された。宮殿の敷地内には、華麗な門、玉座の間、管理棟などがある。しかし、見どころは間違いなく秘密の花園だ。78エーカーの広さを誇る秘密の花園は、ガイドツアーでのみ公開されている。美しく手入れされた芝生、絵のように美しい池、繊細なパビリオンなど、迷路のような小道が続きます。春には桜やツツジが咲き乱れ、庭園は活気づく。

シークレット・ガーデンを訪れるには、午前10時、午前11時、午後2時、午後3時に行われるガイドツアーのいずれかに参加する必要がある。チケットは現地で購入できるが、特に繁忙期はすぐに満席になる。事前に宮殿の公式ウェブサイトからチケットを予約することを強くお勧めする。

昌徳宮(チャンドックン)では、朝鮮王朝時代の豪華絢爛な様子を垣間見ることができる。王宮の敷地を散策すればタイムスリップしたような気分になり、シークレットガーデンでは現代ソウルの喧騒から逃れられる安らぎのひとときを過ごすことができる。韓国の首都を訪れたら、この歴史的建造物を訪れずにはいられない。

Deoksugung
Deoksugung. By 서울특별시 소방재난본부(Seoul Metropolitan Fire & Disaster Headquarters) – 서울특별시 소방재난본부(Seoul Metropolitan Fire & Disaster Headquarters), CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=45011886

徳寿宮:古代と現代が出会う場所

徳寿宮は、ソウルにある朝鮮王朝建築の最高傑作のひとつである。朝鮮王朝が築いた「五大宮殿」のひとつである徳寿宮は、城壁の中に韓国の伝統的な建物と西洋風の建物の両方を取り入れている。

古代建築

徳寿宮を囲む古い石垣は14世紀に築かれた。宮殿の敷地内にある大漢門と坤亭殿は、それぞれ14世紀と15世紀に建てられた、ソウルで現存する最古の木造建築物です。特に金井殿(クンジョンジョン)は、二重構造の屋根と床暖房で有名です。

東洋と西洋の融合

1897年、徳寿宮が王宮となった。この時期、高宗は宮殿の塀の中に西洋風の建物を建てることを監督した。伝統的な韓国建築と新古典主義建築のコントラストは、印象的でありながら調和がとれている。西洋風の建物には、石牢殿(ソクジョジョン)や中和殿(チュンファジョン)などがある。

王室の生活を覗く窓

徳寿宮では、朝鮮王族の贅沢な生活を垣間見ることができる。大漢門の前で毎日3回行われる衛兵交代式は、19世紀の王室の行列をドラマチックに再現したものです。徳寿宮内にある国立近現代美術館では、韓国の著名な芸術家の作品をはじめ、20世紀から現代までの美術品を展示している。

ソウルの摩天楼を背景に、古代と現代の建築様式が融合した徳寿宮は、韓国の帝国の歴史と近代化への道筋を興味深く教えてくれる。この壮麗な王宮を訪れずして、ソウルの旅は終われない。

Bukchon Hanok Village
Bukchon Hanok Village. By 서울특별시 소방재난본부(Seoul Metropolitan Fire & Disaster Headquarters) – 서울특별시 소방재난본부(Seoul Metropolitan Fire & Disaster Headquarters), CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=45011881

北村韓屋村:韓国の歴史的家屋が蘇る

北村韓屋村(プクチョンハノクマウル)には、「韓屋(ハノク)」と呼ばれる韓国の伝統家屋が数百軒保存されている。都心にあるこの村には600年以上前から人が住んでおり、朝鮮王朝の伝統建築と文化を体験することができます。

北村韓屋村には、瓦屋根、石垣、床暖房を備えた900軒以上の韓屋があり、その多くが今も住宅として使われている。絵のように美しい通りや路地を散策しながら、韓国の伝統的な生活を垣間見ることができる。一部の韓屋は文化センター、ゲストハウス、レストラン、茶室などに改築され、その美しさを間近で鑑賞することができる。

この村は景福宮と昌徳宮というソウルで最も壮大な2つの王宮の間に位置している。北村韓屋村は、景福宮(キョンボックン)と昌徳宮(チャンドックン)の間に位置し、丘陵地帯にある村の一番高い場所に登ると、韓屋の屋根が連なる歴史的建造物を一望できる。風光明媚な北村韓屋村は、写真撮影に理想的なスポットだ。

村を散策するには、安国駅か景福宮駅から出発し、曲がりくねった道を迷いながら歩こう。見どころは以下の通り:

  • 嘉会洞 – 保存状態の良い韓屋が多く、最も風光明媚な地域。
  • ハンジョンモク・トレイル – 宮殿を結ぶ歴史的な石畳の道。
  • 北村韓屋マウルセンター – 韓屋建築と文化に関する展示。
  • いくつかの禅センター – 禅宗の寺院で、最も古い韓屋のひとつ。
  • 韓屋ゲストハウス – 茶道、書道、陶芸などの文化体験ができるところが多い。

ソウルの近代化が急速に進む中、北村韓屋村はソウルの伝統のオアシスであり続けている。絵のように美しい街並みを散策すれば、現代的な首都の喧騒の中で、古代韓国の魅力に触れることができる。この貴重なタイムカプセルを訪れずして、ソウルの旅は終われない。

Namdaemun Market
Namdaemun Market. By d’n’c – https://www.flickr.com/photos/fukagawa/182679817/, CC BY-SA 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1630060

南大門市場ソウル最大の活気あふれる市場

ソウル中心部に位置する南大門市場は、ソウル最大の伝統市場である。1414年から営業しており、買い物客はソウル帝国の過去を垣間見ることができ、韓国の伝統文化に触れることができる。66エーカーの敷地に10,000を超える店舗が軒を連ね、新鮮な農産物や海産物、衣類、工芸品、キッチン用品など、あらゆるものを購入することができる。

史跡

南大門市場は、ソウル最古の石造りの城門、南大門に隣接している。1398年に建てられたこの門は、ソウルの城壁の重要な一部だった。市場はこの歴史的な門を中心に発展し、15世紀初頭には業者が初めて店を構えた。現在、市場には20世紀初頭に建てられた建物が多く残っており、歴史的な特徴を保っている。

伝統的な商品を探す

南大門市場には、韓国の伝統的な商品がずらりと並ぶ。色鮮やかな伝統衣装である韓服から、手作りの漆器箱まで、ユニークなお土産を求める人には多くの選択肢がある。この市場はまた、高品質の高麗人参、お茶、その他の伝統的な薬草の産地としても知られている。料理人にとっては、キムチ、ビビンバ、プルコギといった定番の韓国料理を作るのに必要な食材がすべて揃う。

バーゲンとソウル文化体験

南大門市場の賑やかな路地では、ソウルの伝統文化に触れることができる。買い物客は、最もお得な買い物をするために売り手と交渉することが求められる。値段は普通の店よりもかなり安いことが多い。買い物の合間に、ホットクやマンドゥ(餃子)などの屋台料理を食べるのもいい。ネンミョン(冷やしそば)やサムゲタン(高麗人参の鶏ガラスープ)などを食べるのもいい。新鮮な食材を求めて青果や海産物を吟味する年配の買い物客や、最新のK-POPファッションを探す若者を観察するのもいい。

南大門市場は、ソウルの活気ある文化、歴史、日常生活を垣間見ることができる。この伝説的な市場を訪れずして、韓国の首都への旅は終われない。迷路のような路地を歩けば、古くからの伝統から現代のトレンドまで、あらゆるものが展示されている。

Dongdaemun Design Plaza
Dongdaemun Design Plaza. By Eugene Lim – commons:File:Dongdaemun Design Plaza at night, Seoul, Korea.jpg, CC BY 2.0, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=68358278

東大門デザインプラザ象徴的な建築とデザイン

東大門デザインプラザは、ソウルの繁華街にある近未来的な複合施設で、ギャラリー、イベントスペース、デザインマーケットなどがある。世界的に有名な建築家ザハ・ハディドによって設計されたDDPは、現代建築の顕著な例である。

エクステリア

DDPの曲線を描くメタリックなファサードは、まるで宇宙船のようだ。そのアルミニウムのパネルは、昼は周囲の街並みを映し出し、夜は照明に照らされて輝く。このビルの流れるようなフォルムは、周囲の箱型の高層ビルと対照的で、ソウルのスカイラインの象徴となっている。

インテリア

内部も同様に印象的だ。起伏のある通路が、洞窟のようなイベントホールやギャラリーを訪れる人々を案内する。DDPには、ソウルデザイン財団や東大門歴史文化公園などの文化施設がある。デザインフェアや展示会など、韓国のデザインを紹介する文化イベントも開催されている。

所在地

DDPは歴史的な商業地区である東大門にある。日本統治時代の1925年に建てられた東大門スタジアムの跡地にある。DDPは、韓国のデザイン遺産と現代性を融合させ、この地域をファッションとデザインの拠点として復活させることを目指している。衣料品、生地、工芸品などのショッピングエリアとして人気の高い東大門市場などの広大な市場に隣接している。

インパクト

2014年のオープン以来、DDPはソウルの象徴的なシンボルとなっている。その近未来的なデザインは、ソウルで知られる宮殿や寺院とは対照的で、デザインとテクノロジーの世界的リーダーになるという韓国の野心を象徴している。DDPは、デザイン愛好家やソウルの現代文化に関心のある観光客を惹きつけている。ソウルデザイン財団のような施設とともに、韓国のデザイナーを育成し、文化産業としてのデザインを促進することを目的としている。

DDPは21世紀の建築の顕著な例であり、ソウルにおけるデザインの重要な拠点である。ギャラリーやイベントを見学すれば、韓国のデザインと文化の未来が見えてくる。この象徴的な建物を見ずしてソウルの旅は終われない。

N Seoul Tower
N Seoul Tower. By CYAN – Own work, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=56630390

南山タワー:素晴らしいシティービュー

Nソウルタワーとしても知られる南山タワーは、ソウルを代表するランドマークのひとつだ。高さ480フィート、展望台からはソウルのパノラマビューが楽しめる。

アクセス

タワーはソウル中心部の南山にある。最も簡単なアクセス方法は、ケーブルカーで山を登ることだ。ケーブルカーはタワーのふもとと明洞駅から出ている。もっと景色を楽しみたい場合は、南山第3トンネルまたはソウル市庁舎から出発する数多くのウォーキング・コースをハイキングすることもできる。

頂上に着いたら、タワーの展望台へ。晴れた日には、漢江(ハンガン)や北漢山(プッカンサン)国立公園など、ソウルの近代的なスカイラインを360度見渡すことができる。夜になると、何千ものイルミネーションが街を照らし、まばゆいネオンの海が出現する。タワー自体にもイルミネーションが施され、ソウルの夜景の象徴となっている。

展望台のほか、ギフトショップ、レストラン、デジタル展望台がある。デジタル展望台では、バーチャル・リアリティやマルチメディアを駆使した展示でソウルの歴史や文化を紹介している。また、テディベア・ミュージアム、ソウル・タワー・プラザ、回転しながらパノラマビューを楽しめる伝統的な韓国料理を提供するレストラン「ハンコック」などもある。

ソウルが “アジアの魂 “と呼ばれる所以を知るには、南山タワーへの訪問が欠かせない。この歴史的建造物からソウルの街並みを眺めれば、ソウルのユニークな個性である古代と現代が混在していることが理解できるだろう。韓国が、活気ある文化を持つ世界的な経済大国へとどれほど進歩したかを知ることができるだろう。

昼も夜もソウルに君臨する南山タワーは、ソウルの不屈の精神の象徴だ。南山タワーに登らずして、韓国の首都への旅は終われない。

Cheonggyecheon, Seoul, 2012
Cheonggyecheon, Seoul, 2012. By Grayswoodsurrey – Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=33097537

清渓川:都会のオアシス

清渓川(チョンゲチョン)は、ソウル中心部の喧騒の中にある自然のオアシスだ。2005年に復元されたこの5.8kmの小川は、ソウルの中心部を流れ、周囲の高層ビルや交通渋滞を忘れさせてくれる。

歴史の場所

600年以上にわたり、清渓川はソウル市民の日常生活において重要な役割を果たしてきた。朝鮮王朝時代、清渓川は交通、貿易、農業に利用された。しかし悲しいことに、ソウルの近代化とともに清渓川は汚染され、やがて舗装されてしまった。復元プロジェクトは、高速道路の下にある小川を発見し、文化的ランドマークとして蘇らせた。

自然の脱出

清渓川(チョンゲチョン)は、都心に静寂な自然空間を提供している。小道や庭園、アート作品が立ち並び、新鮮な空気と緑を求める地元の人々や観光客を魅了している。この小川には現在、22,000種以上の魚類と数種の鳥類が生息しており、生物多様性の回復に成功した証となっている。観光客は、小道を歩いたりサイクリングしたり、野生動物を観察したり、ただ静かに座ったりして楽しむことができる。

学びの場

清渓川の歴史を伝えるプラカード。ソウルの発展における清渓川の重要な役割、過去の生態系、そして大規模な復元プロセスについて学ぶことができる。また、清渓川には清渓川博物館があり、清渓川の変貌と環境上の重要性を記録している。

清渓川(チョンゲチョン)の復元は、賑やかな現代都市においても、自然と文化がいかに共存できるかを示している。生きた歴史の一部を発掘することで、このプロジェクトはソウルのアイデンティティの重要な部分を取り戻し、日常生活の混沌の中に静寂のオアシスを提供した。ソウルを訪れたら、静かな川岸を散策することなしには語れない。

Jogyesa Temple
Jogyesa Temple. By Francisco Anzola – Jogyesa Temple, CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=32183766

曹渓寺ソウルで禅を見つける

ソウルの仏教史を知る上で最も重要な場所のひとつが曹渓寺である。韓国仏教曹渓宗の総本山である曹渓寺は、仏教がどのように韓国文化を形成したかを知ることができる。

寺の敷地に入ると、まず目に入るのが優美な石塔だ。1938年に建てられたこの塔は、寺の長い歴史を物語っている。次に本堂である大雄殿に向かう。内部には、複雑な彫刻が施された蓮の花の上に、巨大な黄金の仏像が鎮座している。この仏像は身体、言葉、心の清らかさを表している。

本堂の周りには、瞑想や講義、儀式に使われる複数の小さな建物がある。訪れるタイミングが良ければ、僧侶たちがお経を唱えたり、儀式に参加したりする姿を目撃できるかもしれない。太鼓や鐘の音、読経の声が響き渡る。

寺院には手入れの行き届いた庭園、池、散歩道もある。散策すれば、仏教の神々や哲学者を祀る小さな祠や像が数多く見つかるだろう。庭園は、桜の咲く春や紅葉の秋が特に見事だ。

寺院を訪れる際に欠かせないのは、寺院で学び生活する僧侶たちを観察することだ。食事の準備や掃除、瞑想など、日々の仕事をこなす彼らの姿を目にすることができるだろう。彼らの穏やかで規律正しい生き方は、仏教の教えの実践例となる。

ジョグジーサ寺院は、喧騒の都会にある静かなオアシスです。境内を散策すれば、仏教の基本原理である「心の持ち方」、「簡素さ」、「自然との調和」を学ぶことができる。何世紀も前に建てられたにもかかわらず、この寺院は現在も韓国文化のアイデンティティを形成し続けている。ここを訪れれば、ソウルの魂の一端に触れることができる。

ソウルで最も壮大な宮殿や寺院のホールを歩き回ると、ソウルの帝国の歴史が生き生きとよみがえる。景福宮(キョンボックン)では、衛兵の交代式が行われ、衛兵が古代の石畳の道を巡回している様子は、あなたを朝鮮時代へといざないます。昌徳宮(チャンドックン)では、秘苑の池や東屋で過去の王族の生活を垣間見ることができる。曹渓寺では、木造のお堂の中に僧侶のリズミカルな読経が響き渡り、韓国の精神的なルーツの深さを思い起こさせる。

ソウルの皇室の史跡は、ソウルの美しさ、回復力、不朽の精神を示している。王朝は興亡を繰り返したが、これらの場所はソウルの高貴で忘れがたい過去の証となっている。ソウルの最も壮大なモニュメントを訪れれば、何世紀にもわたる歴史と深く記憶に残る形でつながることでしょう。

タグ付き:
この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です