「ルース: こころのひかり」(2024年)-Netflixの若い視聴者向けのブラジルの新シリーズ

Luz: The Light of the Heart - Netflix
マーティン・シド
マーティン・シド

「ルース: こころのひかり」は、マリアンナ・サントスダニエル・ロシャ・アザベドガブリエラ・モレイラ主演の子供向けシリーズ。

「ルース: こころのひかり」は、冒険、サスペンス、ミステリー、そして最も重要な魔法と友情に満ちた青春シリーズだ。世界をより良い場所にし、この世界に希望をもたらすことを目指す作品のひとつである。

このシリーズには、無邪気さ、希望、若さ、そして生命、自然、人間性に対する強い信念があふれている。また、サスペンスのタッチもあり、その魅力に拍車をかけている。

プロット

ルスはカインガンのコミュニティで育った少女で、今は過去と、彼女を破滅させるためなら手段を選ばない悪の首長ドン・カルロスと対決するために戻ってくる。

しかし、ルスには先住民族の新しい友人や庇護者、マルコスという優しい先生、新しい学校でのたくさんの友達、そしてルスが行く先々で守ってくれるかけがえのない友達、ホタルがいた。

シリーズについて

「ルース: こころのひかり」は若者向けに作られたブラジルの優れたシリーズである。映画賞の受賞や凝った美学を期待してはいけない。青少年向けのシリーズで、真の主役はティーンエイジャーたちであり、彼らのおふざけや冒険である。

しかし、画期的な作品ではないにせよ、このシリーズには優れたプロダクションバリューがあり、よく練られたショットがあり、脚本もシークエンスの内部構成もテンポがいい。サスペンスとスリラーの要素を兼ね備え(ルスの育児放棄の話には不気味な要素さえある)、典型的な青少年向け作品の枠を超えているため、非常に見応えがある。

ルスにはドラマチックな裏話があり、それがこの物語に味わいを与えている。ドラマチックな(というより悲劇的な)要素は、このシリーズの若々しく希望に満ちたトーンを奪うことなく、完璧に溶け込んでいる。

技術的な面では、優れたプロダクションバリュー、見事な自然の風景、そして、魔法、現実、サスペンスといった交錯する世界におけるコントラストと多様な信念に満ちた素晴らしい国ブラジルを賞賛する機会を与えてくれるシリーズである。

魅力的で心温まる美しいシリーズであり、ターゲットである若者たちにアピールするのに適した要素を脚本にすべて備えている。

お楽しみに!

「ルース: こころのひかり」の視聴場所

Netflix

この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です