「忍びの家 House of Ninjas」(2024):Netflixで配信中の伝統的で懐かしい忍者シリーズ

House of Ninjas
マーティン・シド
マーティン・シド

「忍びの家 House of Ninjas」は、賀来賢人江口洋介木村多江高良健吾らが出演する、デーブ・ボイル監督による日本のアクションシリーズ。

一見普通の家族に見えるが、みんな特殊能力を持っていて、見つからないように隠している。現代の東京の影には、まだ忍者がいる(シリーズによれば)。彼らは普通の人々のように暮らし、蒸留所で働きながら、その活動を隠している。彼らは骨董品を盗み、後で返す。そして何よりも、脅威と戦うことで、影で街のバランスを保っているのだ。

独自のルールを守り、黙々と均衡を保つ秘密結社。

アクションあり、ユーモアあり、陰謀ありの往年のシリーズを観たくはないか?「忍びの家 House of Ninjas」は、80年代の映画やシリーズのスピリットを取り入れたエンターテインメント・シリーズであり、あらゆる要素を少しずつ取り入れることで、Z世代の絶え間ない存在感にうんざりしているノスタルジックな視聴者をきっと喜ばせる、ちょっとレトロな組み合わせに仕上がっている。

シリーズについて

エンターテインメント性が高く、特にテンポとシークエンスの扱いが非常にクラシック。アクションシリーズであるにもかかわらず、過剰な編集や特殊効果を狙っていない。このシリーズは、家族の物語で視聴者を飽きさせない方法を心得ており、アクションシーンとシームレスに融合したちょっとしたスリラーでもある。

80年代の雰囲気、日本の伝統精神、そして当時のポップカルチャーを侵食した忍者神話をふんだんに盛り込んでいる。このシリーズはターゲットとする視聴者をよく理解しており、新しい要素を盛り込んだり、ジャンルを美的にアップデートすることで彼らを裏切ることはなく、忍者というテーマの革命というよりは、ノスタルジックなシリーズを提供してくれている。

驚くような内容か?そうでもないのだが、バランスの取れた良い脚本で、私たちが期待するすべての要素、すなわち、ちょっとしたロマンス、ちょっとした伝統、そして善と悪、街を守る者と侵す者の間の陰謀がふんだんに盛り込まれている。

この場合、ネットフリックスは時代から取り残されたシリーズを提供してくれるが、異なる時代に存在し、同じく時代から取り残されながらも、その精神を維持することを主張する登場人物について語る方法を知っている。目的は達成されたが、その善意とは裏腹に、映画的なインパクトはないかもしれない。

「忍びの家 House of Ninjas」の視聴場所

Netflix

忍者の魅力的な起源:忍びのスパイからポップカルチャーのヒーローまで

封建時代の日本の伝説的なスパイである忍者は、世界中の人々の想像力を魅了してきた。この謎めいた人物は、黒装束に身を包み、忍びの達人であり、大衆文化の象徴的なシンボルとなっている。ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」のような映画から、スリリングなテレビ番組「アメリカン・ニンジャ・ウォリアー」まで、ニンジャの影響は否定できない。しかし、この秘密工作員の本当の歴史は謎と神話に包まれている。続きを読む

キャスト

Kento Kaku
Kento Kaku
Tae Kimura
Tae Kimura
Yosuke Eguchi
Yosuke Eguchi
Kengo Kora
Kengo Kora
この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です