「Dusty Slay: Workin’ Man」Netflixのスタンドアップコメディ特集

Dusty Slay_ Workin' Man - Netflix
アンナ・グリーン
アンナ・グリーン

コメディアンのダスティ・スレイは、彼独特のホームスパン・ユーモアを披露し、シャツのタッキング、ヒップスター・コーヒー・ショップ、カントリー・ミュージックの謎の解明といったトピックについて洞察を示す。

このコメディ特集では、特にアメリカ的なトーンで、ダスティ・スレイが自身の人生で経験したさまざまな仕事や子供時代について、楽しいエピソードを披露します。

ダスティは非常に速口で話すコメディアンで、冗談の間隙なく、まるで光の速さで次から次へと次々と放ちます。もし一つの冗談がおもしろくなければ、次に進み、最初の冗談を消化するほどの余裕はほとんどありません。

彼のユーモアは古典的であり、洗練や上品さとは異なりますが、ダスティは常に礼儀正しく、皮肉を込めつつも常に楽しく、彼自身の特徴的なスタイルと典型的にアメリカ的なコメディで、彼のさまざまな仕事を経験し、今では私たちに楽しいエピソードを伝えるためにここにいます。

ダスティのユーモアは、国際的や都会的とは言い難いかもしれませんが、自然な愉快さと冗談をひとつ接ぎ木するスタイルをほとんど考えずに行うこの人を知る価値はあります。楽しい時間をお過ごしください。
そして、一生懸命働いてください。

「Dusty Slay: Workin’ Man」の視聴場所

Netflix

ダスティ・スレイについて

コメディー界の新星ダスティ・スレイは、独特のユーモアと親しみやすい語り口で全米の聴衆の心を掴んできた。アラバマ州オペリカでのつつましいスタートから、名誉あるグランド・オール・オープリーでのパフォーマンスまで、スレイの成功への道のりは驚くべきものばかりだ。この記事では、ダスティ・スレイの人生とキャリアを掘り下げ、彼のコメディアンとしての才能を形成し、スターダムへと押し上げた重要な瞬間を探る。もっと読む

この記事を共有する
フォローする:
アンナ・グリーンはMCMのスタッフライター。2004年よりロンドン在住。
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です