「Little Nicholas: Life of a Scoundrel」Netflixのドキュメンタリーシリーズ:魅力的な悪党(と元警視総監)の物語

Little Nicholas_ Life of a Scoundrel - Netflix
マーティン・シド (Martin Cid)

「Little Nicholas: Life of a Scoundrel」は、ネットフリックスのドキュメンタリーシリーズで、Francisco Nicolás Gómez Iglesias、”リトル・ニコラス “として知られる10代の若者を描いている。

よく知られているように、権力あるところに腐敗あり。これは、スパイ映画のような人生を送り、権力に潜入することに成功したニコラスという名のティーンエイジャーの物語である。

“小さなニコラス “は、戴冠式に出席し、社会に潜入し、政治家や実業家と肩を並べ、最終的には最高レベルの便宜供与のネットワーク全体を構築することに成功した。それは、彼の共感能力、野心、そして彼自身を信じる極限まで自分の役を演じさせたユニークな演技力など、いくつかのもののおかげである。

その不条理さゆえにスペインのマスコミの注目を集めたこの物語が、フランシスコ・ニコラス自身と元警視総監ホセ・マヌエル・ビジャレホのナレーションでNetflixに登場する。

ネットフリックスの吸引力はまったくもって驚異的であり、そのドキュメンタリー作品に出演しない者はいない。

ドキュメンタリーについて

愉快で贅沢なこのドキュメンタリーは、私たちを疑心暗鬼にさせるが、非常に面白く、素晴らしい主人公を持つ。若い主人公は、歌い、冗談を言い、ありのままの自分を見せることをためらわない。

魅惑と驚きを引き起こしたその人物は、様々な罪を犯し、最終的に12年以上の実刑判決を受けた。しかし、主人公と元警視総監が語るように、何も明らかではない。司法捜査、スペイン政府高官からの疑惑の電話、奇妙に見えても実際にあった出来事など、スパイシリーズにふさわしい疑念に満ちた事件だからだ。

このドキュメンタリーには、ジャーナリスティックな意味でも、個人的な意味でも、貴重な証言が収められている。捜査官、ジャーナリスト、関係者、そして主人公の実の母親までもが、ニコラスと彼の偉業を懐かしそうに語っている。

いや、残念ながら、関与した政党のメンバーの姿は見えない。

「Little Nicholas: Life of a Scoundrel」は、新たな証言によってこの事件を追体験する機会であるが、何よりも、この魅力的な悪党に再会する特別な機会である。

私たちの意見

Netflixでドキュメンタリーを放送するに値するキャラクターだ。彼は魅力的で、好感が持て、何でも笑い飛ばす。最後まで自分の役に忠実。

スペイン語で言おう:Un puto genio。

「Little Nicholas: Life of a Scoundrel」の視聴場所

Netflix

リトル・ニコラス」としても知られるフランシスコ・ニコラス・ゴメス・イグレシアスとは?

Little Nicholas_ Life of a Scoundrel - Netflix
Little Nicholas_ Life of a Scoundrel – Netflix

スペインの歴史上、フランシスコ・ニコラス・ゴメス・イグレシアスほど世間の注目を集めた人物はいない。エル・ペケーニョ・ニコラス」あるいは「リトル・ニコラス」と口語で呼ばれるゴメス・イグレシアスは、2014年、手の込んだ欺瞞と詐欺の網の詳細が明るみになり、一躍悪名を馳せた。Read more

この記事を共有する
作家、パイプ愛煙家、MCM創設者
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です