伝説の1999年マンチェスター・ユナイテッドを描くPrime Videoドキュメンタリー「トレブル 99 〜マンチェスター・ユナイテッド 伝説の三冠〜」

99

Prime Videoで新たに公開されたドキュメンタリー「トレブル 99」は、1999年の伝説的なマンチェスター・ユナイテッドと、その指揮官であるアレックス・ファーガソンの物語を余すところなく描きます。この作品は、当時の出来事を詳細に再現するだけでなく、マンチェスター・ユナイテッドというクラブがなぜイングランドで最も強力なクラブの一つであるかを解説しています。

ユナイテッドの象徴、サー・アレックス・ファーガソン

このドキュメンタリーの中心人物は、何といってもサー・アレックス・ファーガソンです。彼は、当時のユナイテッドのマネージャーであり、1999年にはシーズンの初めにアーセナルに0対3で敗北した後、一度は辞任を表明しました。しかし、その後も彼の指導力と勝利への情熱がチームに注入され、ユナイテッドは再び立ち上がります。

マンチェスター・ユナイテッドの形成とマット・バスビーの影響

「トレブル 99」は、マンチェスター・ユナイテッドの選手たちがどのように育成されるか、そして「バスビー・ベイブス」と呼ばれる若い選手たちを育てたマット・バスビーの影響についても詳しく紹介します。バスビーの精神は、クラブの基盤として今も息づいています。

1999年のチーム:アレックス・ファーガソン、ロイ・キーン、そして他のスター選手たち

このドキュメンタリーでは、1999年のユナイテッドのスター選手たちへのインタビューも行われています。チームのリーダーであるロイ・キーン、フォワードのドワイト・ヨークとアンディ・コール、そしてウィングのライアン・ギグスとデイヴィッド・ベッカム、さらにはその年に引退したゴールキーパーのピーター・シュマイケルなど、多くの選手が登場します。特に印象的なのは、ドワイト・ヨークの登場シーンであり、彼の陽気な性格がこのドキュメンタリーに明るさをもたらします。

トリプルを目指した1999年の長い戦い

1999年は困難な年でした。シーズンの始まりは芳しくなく、チャンピオンズリーグの準決勝ではユヴェントスとの対戦が待ち受けていました。プレミアリーグでは、アーセン・ヴェンゲル率いる若く有望なアーセナルが全ての試合で勝利を収めていました。重要な選手の負傷や、調子が上がらないゴールキーパー、そしてチームを信じない周囲の環境など、数々の困難がありました。しかし、このドキュメンタリーは、それらの困難を乗り越えたユナイテッドの壮大な物語と、その歴史上最高のシーズンを称賛しています。

この感動的なドキュメンタリーを、ぜひPrime Videoでご覧ください。

この記事を共有する
ヴェロニカ・ループはMCMのマネージング・ディレクター。アート、カルチャー、エンターテインメントに情熱を注ぐ。
コメントを残す