『Creature/クリーチャー』(2023)|Netflixシリーズ。レビューフランケンシュタイン神話を描いたトルコのシリーズ

Creature/クリーチャー
ベロニカ・ループ
ベロニカ・ループ

『Creature/クリーチャー』は、チャアン・イルマクが監督し、タネル・オルメズ、エルカン・コルチャク・ケステンディル、シファヌール・ギュルが出演する2023年のトルコのホラーミニシリーズである。オスマントルコ時代のイスタンブールを舞台に、メアリー・シェリーの古典小説『フランケンシュタイン』を現代風にアレンジした作品。

プロメテウス神話を最も現代的な形で、メアリー・シェリーの1818年版に再び挑む。今回はトルコから、しかも連載形式でやってくる。
原作に多くの自由を与え、脚色し、原作の設定から外すことで、原作のエッセンスを保ちつつ、独特の脚色を成し遂げている。

ケネス・ブラナーの作品と同じものを期待してはいけない。なぜなら、(同じ物語であるにもかかわらず)映画的な扱いにおいて、両者は似て非なるものだからだ。

Creature/クリーチャー
『Creature/クリーチャー』

あらすじ

このシリーズは、生命創造のアイデアに取り憑かれた、優秀だが無謀な科学者イフサン(エルカン・コルチャク・ケステンディル)の物語を描く。イフサンの教え子ジヤ(タネル・オルメズ)も科学に情熱を燃やすが、師匠よりも慎重で倫理的。イフサンが悲劇に見舞われたとき、ジヤは師匠の仕事を引き継ぐ。しかし、ジヤの実験はすぐにひねくれた方向に進み、彼は怪物的な生物(演:エンギン・ベンリ)を作り出す。最初、その生き物は混乱し恐れていたが、すぐに自分が他とは違うことに気づく。また、自分が危険な存在であることも認識しており、人間との接触を避けようとする。しかし、クリーチャーの存在が発覚し、当局からも一般市民からも追われる身となる。クリーチャーは生き残るために戦うことを余儀なくされ、やがて世界が残酷で容赦のない場所であることを知る。

『Creature/クリーチャー』について

同じストーリーで異なるバージョンがあり、今回は、少なくとも製作面では、活況を呈するトルコ産業向けに脚色されている。映画的な素晴らしさはないが、エンターテインメント性のある良い映画化である。

このような世界的に知られ、頻繁に脚色されるテキストが映画化される場合、比較は避けられない。この作品には、ブラナーのカラフルなバージョンのような美的スペクタクルはないし、最初のバージョン(1931年)のような驚きもない。この作品にはブラナーの色彩豊かな美的スペクタクルがなく、最初の作品(1931年)のような驚きもない。その中で、この『Creature/クリーチャー』シリーズは際立っているだろうか?

社会的な問題を掘り下げることなく、映画的なレベルだけを考えれば、『Creature/クリーチャー』はテンポの点でも、壮大なカメラワークや設定による超大作を求めることなく、自分の手の内を明かす方法を知っている映画化という点でも、独自の地位を保っている。カードをうまく使い、ストーリーを十分に変化させることで、新たな舞台で新たな物語を作りつつ、すでにこの物語に慣れ親しんでいる観客にも面白さを残している。

Creature/クリーチャー
Creature/クリーチャー

私たちの意見

多くの点で斬新である:その連続形式と、物語を面白く新鮮にする議論のバリエーションにおいて。映画的には、他の翻案作品のような壮大さがないのが寂しい。しかし、世界は変わる。

そしてこの『Creature/クリーチャー』は、少なくともトルコ映画界にとっては、また新たな大成功となるだろう。

シリーズ予告編

キャスト

Taner Ölmez
Taner Ölmez
Şifanur Gül
Şifanur Gül
Erkan Kolçak Köstendil
Erkan Kolçak Köstendil
Bülent Şakrak
Bülent Şakrak
この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です