『ハート・オブ・インビクタス -負傷戦士と不屈の魂』 (2023) – Netflixドキュメンタリーシリーズ:逆境に打ち勝つスポーツ精神

ハート・オブ・インビクタス -負傷戦士と不屈の魂
アリス・ランゲ
アリス・ランゲ

『ハート・オブ・インビクタス -負傷戦士と不屈の魂』はオーランド・フォン・アインシーデル監督のドキュメンタリーシリーズです。

気分のいいドキュメンタリーをお探しですか?さて、『ハート・オブ・インビクタス -負傷戦士と不屈の魂』はあなたが探しているものではない。このシリーズには、ドラマ、苦悩、そして何よりも痛み–戦闘による重傷を負った退役軍人が、いわゆる「インビクタス・ゲーム」(重傷を負った退役軍人のためのスポーツイベント)に出場するために集う人々の痛み–が詰まっている。

トロントでは、アフガニスタンで兵士として従軍し、現在は退役軍人に多くの恩恵をもたらすこのイニシアチブを推進するために支援を提供しているハリー王子という著名な司会者が、ゲームに華を添えた。

このドキュメンタリーは、太陽と虹ばかりではない。退役軍人が直面する苦難や、彼らが日々どのように痛みや苦しみに対処しているかを明らかにしている。また、彼らがスポーツを通じてこの苦しみを部分的に克服している様子も描かれている。

ハート・オブ・インビクタス -負傷戦士と不屈の魂

ドキュメンタリーについて

確かにハリー王子は登場するが、彼が主役ではない。彼は、退役軍人を前面に押し出し、彼らの人生や苦悩を掘り下げるドキュメンタリーにその姿を提供しているに過ぎない。

説得力のあるドキュメンタリーだが、見るのは簡単ではない。紛争がすでに存在していたコヴィド時代以前のウクライナにも私たちを連れて行く。誘拐事件、競技の組織、競技そのものにまで触れている。

このドキュメンタリーの特徴は、人間的な側面に重点を置いていることだ。生々しい現実と戦争の傷の苦い顔を見せることから逃げない。

その高い制作価値と正直さで、見る価値がある。戦争の苦しみを超えて、日々前進しようと努力する男女が抱えている痛みに直接向き合うことをためらわない。

もしあなたが、幸福についての安易なドキュメンタリーを探しているなら、『ハート・オブ・インビクタス -負傷戦士と不屈の魂』はあなたが探しているものではない。

発売日

2023年8月30日

『ハート・オブ・インビクタス -負傷戦士と不屈の魂』の視聴場所

Netflix

この記事を共有する
フォローする:
アリス・ランゲは、映画に関するあらゆることに奔放な情熱を注ぐコンテンツ・エディター。鋭い観察眼と卓越したストーリーテリング能力で、業界で最も注目される編集者の一人。MCMの映画批評を担当し、観客を魅了している。
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です