『ケンガンアシュラ』(2019-)シーズン2 – Netflixでアニメシリーズ:格闘技アニメの祭典

ケンガンアシュラ
アリス・ランゲ
アリス・ランゲ

『ケンガンアシュラ』は、ヤバコ・サンドロヴィッチの同名漫画を原作とする日本のテレビアニメシリーズ。ラルクスエンタテインメントが制作、岸誠二が監督を務め、第2シーズンがNetflixで配信中。

このスリリングなアニメは、ビジネス上の紛争がグラディエーターバトルのような激しい戦いによって解決される世界を描いている。

Kengan Ashura
ケンガンアシュラ

あらすじ

『ケンガンアシュラ』の世界では、有力企業や富豪たちが「拳願マッチ」と呼ばれる地下闘技大会を通じて対立を解決している。この試合の歴史は古く、江戸時代には剣闘士が雇い主の代表として大闘技場で戦い、紛争を解決していた。現代では、こうした戦いは人目につかない場所で行われている。

このシリーズでは、”阿修羅 “の異名を持つ闘志あふれる闘士・時田誓馬が最強の座を目指す。もう一人の重要人物は、王馬のマネージャーとなる平凡な中年男、山下和夫だ。二人は拳願戦という危険な領域を駆け巡り、強敵に立ち向かう。

Kengan Ashura
ケンガンアシュラ

シリーズについて

『ケンガンアシュラ』の特徴は、視聴者をハラハラドキドキさせるスリリングなアクションシーンにある。試合は綿密に振り付けされ、さまざまな格闘技スタイルが披露される。各キャラクターが独自の格闘術を持ち、魅惑的なバトルを繰り広げる。3D CGIで描かれているにもかかわらず、アニメーションは戦いの流動性と激しさを効果的に捉え、観客をアクションに没入させる。

試合そのものに加え、『ケンガンアシュラ』は企業政治という競争の世界にも踏み込んでいる。このシリーズでは、さまざまな登場人物の過去と動機が描かれ、勝利のためには手段を選ばないことが明らかになる。ファイターたちとスポンサー企業との交流は、同盟関係の形成やライバル関係の激化など、ストーリーにさらなる陰謀をもたらす。

『ケンガンアシュラ』は、格闘技と企業ドラマのユニークな組み合わせで観客を魅了することに成功している。

マンガのつながり

『ケンガンアシュラ』はアニメだけでなく、ウェブ漫画としても生まれた。原作はヤバコ・サンドロヴィッチ、イラストはダロメオンが担当し、その緻密なプロットと細部まで描き込まれた絵柄が広く称賛されている。アニメ化により、漫画の手に汗握るストーリーが効果的に活かされ、ファンは新たなメディアで激しいアクションを体験することができる。

意見

武侠アニメのファンには、『ケンガンアシュラ』がお薦めである。このシリーズは、激しい戦い、よく練られたキャラクター、魅力的なプロットを提供し、このジャンルの他の作品とは一線を画している。CGIアニメは万人受けはしないかもしれないが、『ケンガンアシュラ』は全体的に爽快でアクションに満ちた体験を提供してくれる。武術、企業陰謀、そして印象的なキャラクターを組み合わせたアニメをお探しなら、『ケンガンアシュラ』はぜひ視聴リストに入れるべきだろう。

シーズン2のリリース日

2023年9月20日

『ケンガンアシュラ』の視聴場所

Netflix

キャスト

Tatsuhisa Suzuki
Tatsuhisa Suzuki
Hayato Kaneko
Hayato Kaneko
Junya Enoki
Junya Enoki
Yumi Uchiyama
Yumi Uchiyama

Tetsu Inada
Daisuke Hirakawa
Daisuke Namikawa
Cho

この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です