『誰がジル・ダンドを殺したのか?』(2023年)|Netflixのトゥルー・クライム・ドキュメンタリーシリーズ

誰がジル・ダンドを殺したのか?
アリス・ランゲ
アリス・ランゲ

『誰がジル・ダンドを殺したのか?』は、著名なテレビ司会者ジル・ダンドの殺人事件に迫る、マーカス・プラウライト監督の実録ドキュメントシリーズである。

ジル・ダンドはイギリスのテレビ界で最も有名で、愛されていた司会者だった。彼女は、犯罪関連のコンテンツを専門に扱う番組『クライムウォッチ』の司会を務めていた。視聴者は、さまざまなタイプの犯罪を解決するためのヒントを求めて電話をかけてきた。

1999年4月26日、ジル・ダンドはボーウェン通りの自宅外で頭を撃たれ死亡した。犯人は無表情で黒っぽいコートを着た男で、現場から逃走するのが目撃されている。ジル・ダンドは病院に向かう途中で悲劇的にこの世を去った。

メディアはこのニュースをすぐにキャッチし、無視できないものとなった。彼女の殺人事件の捜査は今日まで続いているが、犯人は見つかっていない。プロの殺し屋が関与しているとか、ベオグラードの爆弾テロと関係があるとか、さまざまな憶測が飛び交った。女王でさえ衝撃と悲しみをあらわにした。

30人の警察官からなるチームが捜索に乗り出し、メディアはその動向を注視した。

ドキュメンタリー・シリーズについて

『誰がジル・ダンドを殺したのか?』は、その後の捜査を追った3部構成のドキュメント・シリーズである。同僚や知人から始まり、容疑者のリストを探っていく。ベオグラードのテレビ局がNATOに爆破された後、BBCに電話をかけてきたセルビア人個人に対する疑いさえあった。ちょうどその11日前、セルビアの街でジャーナリストが同様の手口で殺害されていたのだ。

捜査は憶測と困難な地形の中を進み、確証はない。その結果、犯人とされた一人の女性差別主義者に有罪判決が下された。
このドキュメンタリーは、主にロンドン警視庁の捜査線とジャーナリストの死をめぐる謎に焦点を当てている。

私たちの意見

真実の犯罪を論じるということは、その成功と繰り返しによって、長年にわたって、そしてこの作品のような何千本ものドキュメンタリーを通して完成されてきた方式について語ることである。彼らは、何がうまくいき、何がうまくいかないのか、どうすれば興味をそそることができ、観客を魅了し、推測、謎、憶測で観客を夢中にさせることができるのかを知っている。

『誰がジル・ダンドを殺したのか?』は、このジャンルが一部で批判されているにもかかわらず、よくできたトゥルー・クライムシリーズの典型例である。

しかし、私を信じてほしい。

発売日

2023年9月26日

『誰がジル・ダンドを殺したのか?』の視聴場所

Netflix

ジル・ダンドについて

1999年4月26日、著名な英国人ジャーナリストでテレビ司会者のジル・ダンドが悲劇的な最期を遂げた。彼女は白昼、自宅の玄関先で射殺され、国民に衝撃を与えた。英国史上最大規模の殺人事件の捜査にもかかわらず、事件は未解決のままだ。この記事では、ジル・ダンドの人生とキャリア、彼女の殺害にまつわる状況、そして現在も続く正義の探求について掘り下げる。続きを読む

この記事を共有する
フォローする:
アリス・ランゲは、映画に関するあらゆることに奔放な情熱を注ぐコンテンツ・エディター。鋭い観察眼と卓越したストーリーテリング能力で、業界で最も注目される編集者の一人。MCMの映画批評を担当し、観客を魅了している。
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です