「オリオンと暗闇」(2024年)Netflixのアニメーション映画:現実と夢とファンタジーの融合

Orion and the Dark
マーティン・シド (Martin Cid)

「オリオンと暗闇」は、ショーン・チャーマッツ監督の映画である。脚本はチャーリー・カウフマン、原作はエマ・ヤーレット

「オリオンと暗闇」は、素晴らしいアニメーションと、バランス、敬意、素晴らしいリズム感で扱われた若い観客に向けた脚本のドリームワークス作品である。今週の金曜日、小さなお子様にも楽しんでいただける素晴らしい映画です。

映画について

「オリオンと暗闇」は、現実、フィクション、イマジネーションの境界線を曖昧にする映画である。ドリームワークス製作のこの映画は、『インセプション』(2010年)に似た世界への旅を、若い観客に提供するが、視点は異なる。しかし、優れた脚本のおかげで、この映画は感動的な物語となり、優しさに満ちているが、深いテーマにも敬意を持って、軽々しくなく取り組んでいる。

この映画は、魔法とファンタジーの遊び方を知り尽くしている。コメディもふんだんに盛り込まれているが、過剰に笑いを誘ったり、場違いな笑いを引き起こしたりするタイプではない。その代わり、この映画は夢や悪夢を掘り下げるこの物語を、怖がったり極端な感情を刺激したりすることなく、笑顔を道しるべにしている。

「オリオンと暗闇」は、あらゆる面で卓越したアニメーション映画であり、その制作と構想は完璧だ。決して飽きさせず、シンプルな方法でメッセージを伝え、安定したペースで展開し、説明的で親しみやすいアプローチで物語を進めている。

脇役は愛すべきキャラクターで、主人公には説得力がある。物語はフラッシュバックで展開し、冒頭から愛らしい。楽しいアニメーション映画である。

「オリオンと暗闇」の視聴場所

Netflix

キャスト

Jacob Tremblay
Jacob Tremblay
Angela Bassett
Angela Bassett
Paul Walter Hauser
Paul Walter Hauser
Colin Hanks
Colin Hanks
Orion and the Dark, this Friday on Netflix
この記事を共有する
作家、パイプ愛煙家、MCM創設者
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です