「CODE 8:コード・エイト Part II」(2024年)Netflix作品。レビュー2人の主人公を楽しませ、効果的に成長させる、非常に価値のある第2弾

CODE 8:コード・エイト Part II
アリス・ランゲ
アリス・ランゲ

「主演はスティーヴン・アメルロビー・アメル。監督はジェフ・チャンで、Netflixで見ることができる。

今日は、低予算にもかかわらずNetflixで成功を収めた映画の後編を紹介しよう。この続編は1作目の定石を踏襲しており、似たようなテンポと美学を持ちながら、より良い効果、より高い予算、同じプロットで構成されている。

ディストピア的な物語の驚きという点では効果が薄いが、視覚的にはより魅力的であり、1作目より改善されている。

CODE 8:コード・エイト Part II
CODE 8:コード・エイト Part II

プロット

犯罪、ドラッグ、社会の違いに満ちたロボット化された世界では、スーパーパワーを持って生まれた者は狩られる。ロボットの守護者は、ほぼ同じように殺傷能力のあるロボット犬に取って代わられた。

コナーの人生は変わった。刑務所から出所したばかりの彼は、コミュニティ・センターで働き、人々を助けながらやり直したいと考えている。一方、ギャレットの人生はほとんど変わっておらず、自分の利益のために他人の弱みにつけ込み続けている。

あるティーンエイジャーが、兄がロボット犬に殺されるのを目撃し、コナーが働く児童養護施設に入所することになったとき、彼は再びギャレットに助けを求めることを余儀なくされる。

このことがきっかけとなり、再び2人は互いに敵対する冒険を繰り広げることになる。

映画について

前作は気に入っていただけましたか?「CODE 8:コード・エイト Part II」は非常によく似ており、第1弾のファンを裏切ることなく、同じ土台の上にストーリーを広げ、面白い続編を提供している。この第2弾は少しダークで、ティーンエイジャー向けではなく、より複雑でよく練られたキャラクターが登場する。

ご存知の通り、この映画はスティーヴンとロビー・アメルの2人の兄弟が主演で、対照的な2人のキャラクターを演じ、2人ともその演技力を披露している。今回は、ディストピア的な設定に主眼が置かれ、特殊効果を駆使したシーンを中心に展開するものの、演技面でより輝きを放つ余地を与えている。

この点では、CGIを多用しすぎることもなく、明らかに『マトリックス』を意識したシーンもあるが、エフェクトだけに頼るのではなく、ストーリーに忠実であることに成功している。

我々の意見

1作目のファンを確実に満足させる映画。エンターテインメント性を維持し、続編としてふさわしく、SF映画の慣例から脱却していないものの、その目的は達成されている。

「CODE 8:コード・エイト Part II」の視聴場所

Netflix

CODE 8:コード・エイト Part II
この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です