ロビー・アメルについてあなたが知らない10のこと

Robbie Amell and Andy Allo in Upload (2020)
ペネロープ・H・フリッツ

デジタル革命のさなかにトロントで生まれたロビー・アメルは、華やかな物語では見過ごされがちな静かな粘り強さでハリウッドの地位を駆け上がってきた。歳のモデル時代から、CWの「トゥモロー・ピープル」のスティーブン・ジェイムソン役で観客を魅了するまで、アメルの歩みは才能と絶え間ない変身の融合を反映し、彼のキャリアを探求するための肥沃な大地となっている。

ロビー・アメル
ロビー・アメル

この記事では、ロビー・アメルの知られざる素顔に迫り、舞台での活躍やキャリアを決定づけるパフォーマンスから、個人的な探求やオフスクリーンでの活動まで、役柄の裏に隠された彼の人生を紹介する。カメラの前で輝くだけでなく、エグゼクティブ・プロデューサーとしての仕事や私生活へのこだわりにも誇りを持つアメルの新たな一面が垣間見える。

生い立ちと始まり

ロビー・アメルの演技の世界への入り口は早く、わずか6歳のときに広告という形で初めてスポットライトを浴びた。演技への情熱はすぐに舞台へと広がり、学校演劇が彼の急成長する才能の舞台となった。このように早くから演技に触れ、やがて飛躍するキャリアの基礎を築いた。

  • 初期の出演:
    • チーパー・バイ・ザ・ダズン2』(2005)で映画デビュー
    • ホラー映画『レフト・フォー・デッド』(2007)への出演

広告や学芸会から銀幕への転身は、アメルのキャリアに大きな飛躍をもたらした。チーパー・バイ・ザ・ダズン2』での映画デビューは彼の可能性を示すものであり、『レフト・フォー・デッド』での役柄は、キャリアを重ねるにつれて明らかになる多才さを示唆していた。

  • 知名度への上昇:
    • ニコロデオン「トゥルー・ジャクソン副社長」シリーズ(2008年)
    • Degrassi: The Next Generation」「Unnatural History」にゲスト出演。

ニコロデオンのシリーズ「トゥルー・ジャクソン副社長」でブレイクし、脚光を浴び、若い層にも知られるようになった。彼の多才ぶりは、「Degrassi: The Next Generation」や「Unnatural History」といった人気TV番組へのゲスト出演でさらに証明され、演技の幅を広げた。

  • ニッチを確立する:。
    • テレビでのキャリアは『デレクとの生活』から始まった
    • フラッシュ」のロニー・レイモンド/ファイアーストーム役で有名になった。
    • Amazonプライム・シリーズ「Upload」主演、「Pantheon」声優
    • 長い道のりの短い歴史』で監督デビュー

ロビー・アメルは俳優業にとどまらず、声優や監督業にも進出した。ライフ・ウィズ・デレク』などの番組でテレビ界でのキャリアをスタートさせ、その後『フラッシュ』でCWのスーパーヒーローの世界でおなじみの顔になった。現在は、アマゾン・プライムの革新的なシリーズ「Upload」に主演し、アニメシリーズ「Pantheon」に声を提供している。短編映画 “The Short History of the Long Road “では監督としての才能を発揮し、彼の多面的なキャリアに新たな一面を加えている。

画期的な役割とキャリアのハイライト

ロビー・アメルのキャリアが決定的な転機を迎えたのは、テレビシリーズ「フラッシュ」のロニー・レイモンド/ファイアーストーム役を射止めたときだった。このキャラクターはすぐにファンの人気者となり、複雑な役柄に深みを与えるアメルの能力を見せつけた。ファイヤーストームを演じた彼は、しばしばキャリアのハイライトとして挙げられ、前作を超える評価を得た。

  • 主なテレビ出演:
    • 「トゥモロー・ピープル」(2013-2014):主役のスティーヴン・ジェイムソンを演じ、SFジャンルでの地位を確固たるものにした。
    • 「フラッシュ」(2014年~):ロニー・レイモンド/ファイアーストーム役のアメルのキャラクターは、シリーズの物語において極めて重要であり、俳優としての幅の広さを見せている。

アメルのキャリアの初期は『ランナウェイ』での活躍が目立ち、それがより重要な機会への扉を開いた。Cheaper by the Dozen 2」のダニエル・マータフ役は、彼にとって初めての映画出演であり、より重要な役への足がかりとなった。長年にわたり、ロビー・アメルは常に挑戦的な役柄を選び、俳優として成長し、エンターテインメント業界での着実な上昇に貢献してきた。

  • キャリアのマイルストーン:
    • チーパー・バイ・ザ・ダズン2」(2005)で映画初主演。
    • トゥモロー・ピープル」を皮切りにテレビの主役に転向
    • フラッシュ』で一躍有名に

ロビー・アメルはテレビと映画の両方で活躍し、熱烈なファンを獲得してきただけでなく、その多才さと技術への献身を証明してきた。家族向けのコメディーからアクション満載のスーパーヒーローシリーズまで、彼が演じてきたキャラクターの幅の広さを見れば、彼のスキル向上へのコミットメントが明らかだ。ロビー・アメルは役を演じるたびに、業界に忘れがたい足跡を残し続けており、今後もさらにエキサイティングな演技を見せてくれるだろう。

私生活

ロビー・アメルの私生活は、スクリーン上のキャラクター同様、豊かで多彩だ。1988年4月21日、カナダのトロントで俳優一家に生まれた彼は、幼い頃から演技の世界に慣れ親しんできた。カナディアン・スタジオ・アクティング・アカデミーで技術を磨き、エンターテインメント界で成功するための舞台を整えた。

  • 家族と人間関係
    • 2016年7月、女優のイタリア・リッチと結婚。
    • 2008年にロマンスを始め、2014年に婚約して次のステップに進んだ。
    • 夫婦の歩みは、ふたりの強い絆の証でもあるが、今のところ子供は作らないことにしている。

2020年1月にアメリカ市民権を取得し、カナダとアメリカの二重国籍者である。撮影現場以外での彼の生活は、趣味や個人的な興味の融合によって特徴づけられ、充実した個人像を描き出している。

  • 興味と情熱:。
    • フィットネス愛好家であるロビーは、自身のワークアウト・ルーティンをしばしばソーシャル・メディアで紹介している。
    • 料理に喜びを見出し、家族と過ごす時間を大切にする。
    • フランス語と英語を流暢に話すマルチリンガル能力。

ロビーの芸術への関わりは俳優業だけにとどまらない。ミュージカル・シアターの経歴を持つ彼は、自身の制作会社Well-Bred Filmsを通じてクリエイティブな世界に貢献し続けている。彼のカリスマ的存在感は、そのセンスとファンとの強いつながりによって補完されている。さらに、武術の腕前や環境保護活動へのコミットメントなど、多彩な才能と信念を持つ人物であることがうかがえる。

オフスクリーン・ベンチャー

ロビー・アメルのスクリーン外での活動は、彼の起業家精神と魅力的なストーリーを見抜く才能を際立たせている。クラウドファンディングで大きな成功を収めたロビーと従兄弟のスティーヴン・アメルは、SF長編映画「Code8」のために、Indiegogoを通じて170万ドルを集めた。この映画は、「特殊能力者」と呼ばれる特殊な能力を持つ人々が貧困にあえぎ、ますます軍国主義化する警察を前にしばしば犯罪に手を染める世界を描いている。

「Code8」の成功に続き、ロビー・アメルがWattpadの人気小説を映画化する『Float』の製作と主演を務めることが決まった。製作は「Code8」と同じコレクティブ・ピクチャーズが担当する。「Float』は、両親の離婚後、アラスカから陽光降り注ぐビーチタウンに引っ越してきたウェイヴァリーの物語。そこで彼女は傲慢な地元の男ブレイクと出会い、魅力的な物語の舞台となる。Float」が生まれたプラットフォームであるWattpadは、クリエイティブなコンテンツのハブであり、約50のプロジェクトが開発中で、デジタルストーリーテリングの分野での影響力を示している。

ワットパッド・スタジオの責任者であるアロン・レヴィッツは、このプロジェクトに対する熱意を表明し、世界的なファンベースと何百万もの読者数を、この物語が世界中の観客を魅了する可能性があることの指標として挙げている。ロビー・アメルの製作への進出は、新鮮でダイナミックなコンテンツをスクリーンにもたらすという彼のコミットメントを示すものであり、エンターテインメント業界における多面的な人物としての彼の役割をさらに確固たるものにしている。

Robbie Amell Used Stephen Amell’s ID When He Was Underage
この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です