カリーナ・カプール・カーン

カリーナ・カプールは、非公式にはベボとも呼ばれ、主にボリウッド映画に出演するインドの映画女優である。両親のランディル・カプールとバビータ、姉のカリスマも俳優であり、映画界に深く根ざした家庭の出身である。そのため、カプールは若い頃から世間の注目を浴びてきた。しかし、彼女が女優としてデビューしたのは2000年、映画『Refugee』でのことで、この作品でフィルムフェア最優秀女性デビュー賞を受賞した。現在までに最も成功した作品のひとつはメロドラマ『Kabhi Khushi Kabhie Gham』で、2001年に海外市場でインド映画最高の興行収入を記録した。

2002年から2003年にかけて、繰り返し演じられる役柄が批判を浴びた後、カプールは、型にはめられるのを避けるため、より要求の高い多様な役柄を引き受け、自分自身に挑戦することを決意した。その結果、2004年から2006年にかけては、彼女の多才ぶりが批評家から称賛されるようになった。映画『Chameli』(2004年)で演じたセックス・ワーカーは、彼女のキャリアにおいて極めて重要な瞬間となり、フィルムフェア特別演技賞を受賞した。その後、高い評価を得た映画『Dev』(2004年)と『Omkara』(2006年)での卓越した演技が評価され、フィルムフェア批評家賞主演女優賞を2度受賞。

2007年、イムティヤーズ・アリ監督のロマンティック・コメディ映画『Jab We Met』で、カプールはフィルムフェア最優秀女優賞を受賞。出演作の興行成績はさまざまだが、カプールはヒンディー語映画界を代表する女優のひとりとして確固たる地位を築いている。インドでは彼女の私生活もメディアの注目を集め、俳優サイフ・アリー・カーンとの交際や、結婚の可能性に関する憶測が頻繁に報道されている。

モリー・セギョン
モリー・セギョン
モリー・セギョンは小説家、映画・テレビ評論家。スタイル欄も担当。
連絡先:molly (@) martincid (.) com
関連記事

返信を残す

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

最新記事