バンコクの必見スポット:決定版リスト

バンコクの必見スポット:決定版リスト
トラベル・マルティン・シッド誌

やあ、旅人さん。 次の大きな旅でバンコクをお探しですか? 世界で最も人気のある観光地のひとつであるバンコクには、見どころ、活気ある文化、エキゾチックな料理、見事な寺院が無限にある。 ご心配なく。バンコクで必見の場所の決定版リストをまとめました。 きらびやかな宮殿や神聖な寺院から、賑やかな市場や流行のナイトライフ地区まで、バンコクの最高の魅力を体験できるスポットをご紹介します。 絶対に見逃せないトップ・アトラクションを紹介するので、五感をフルに使って街の魅力を堪能しよう。 このガイドブックには、プロのように街をナビゲートし、この東南アジアの宝石を探索する時間を最大限に活用するためのインサイダーヒントが満載されています。 冒険を始めよう!

グランドパレス(バンコク)
グランドパレス(バンコク)。 By Godstorm23 – 自作, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=139112291

グランドパレスバンコク王室の驚異

グランドパレスがバンコクの必見アトラクションNo.000であるのには理由がある。 この広大な王宮は1782年以来、タイの王政の公邸となっている。 宮殿の城壁の中には、釉薬のかかったタイルや金色の装飾で飾られた寺院、パヴィリオン、王宮などが、まばゆいばかりに並んでいる。

巨大な門をくぐると、その壮大さに圧倒される。 ここで最も有名な寺院はワット・プラケオで、エメラルド仏寺院としても知られている。 この翡翠の彫像は、高い祭壇の上に置かれ、王自身が季節ごとに変える黄金の衣をまとっている。

チャクリー・イビラ・プラサート王座記念堂も見どころのひとつだ。 新古典主義のルネサンス様式で建てられたこの堂では、王室の重要な儀式が執り行われる。 中に入ることはできないが、白い大理石のファサードと金色の尖塔は圧巻だ。

宮殿を存分に楽しむには、早めに到着し、少なくとも半日はきちんと観光すること。 ショートパンツ、ノースリーブ、サンダルは禁止。 500バーツ(約15米ドル)の入場料には、見学可能な王宮のすべての場所への入場料が含まれている。

王室の威厳を堪能したら、門をくぐればバンコクス・ラタナコーシン島の中心で戦うことになる。 この川沿いのエリアは、徒歩圏内に文化的なアトラクションや寺院、市場がたくさんある。 タイの首都で宮殿をテーマにした一日を過ごすには最適だ。

プラ・マハ・チェディ・シー・ラーチャカン
プラ・マハ・チェディ・シー・ラーチャカン。 By Surabutr – 自作, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=35638442

ワット・ポー:寝釈迦仏の故郷

バンコクで必見の寺院といえば、有名な寝釈迦仏があるワー・ポー(War Pho)。

涅槃仏

この巨大な金メッキの仏像は長さ46メートル、高さ15メートルで、釈迦が涅槃に入る様子を描いている。 螺鈿細工の目や、仏陀の足に描かれた108の瑞兆など、細部に至るまで見事である。

  • 仏陀のポーズや仕草に隠された意味を知るには、オーディオガイドを手にするとよい。
  • 保守的な服装で、寺院に入る前に靴を脱ぐ。
  • 人出が少なく、写真に最適な光が差し込む早朝がベストだ。
ワット・ポーの涅槃仏
ワット・ポーの涅槃仏。 By Nawit science – 自作, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=82672279

仏陀以上の存在

ワー・ポーはまた、1,000体以上の仏像とバンコク最大の仏教寺院のコレクションがある。 多くの中庭、礼拝堂、ギャラリーがある複合施設を時間をかけて散策しよう。 ハイライトは以下の通り:

タイの伝統的な図書館で、古代の書物が収められている。

  • プラ・ウボソット(Phra Ubosot)は、複雑に描かれた扉と3層の屋根が特徴的な儀式用のホール。
  • タイの王族の遺灰を納めた91基の仏塔。
  • 緑豊かな庭園には石像がある。

ワットアグは生きた寺院なので、僧侶がお経を唱えていたり、地元の人々がお供えをしていたりするのに出会うかもしれない。 この神聖な空間とその中にあるすべてのものに最大限の敬意をもって接すること。 タイの精神性の核心を垣間見るのに、ワー・ポーほどふさわしい場所はない、

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット
チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット By Azreey – 自作, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=29601479

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット:バンコクの広大な市場

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット(Chatuchak Weekend Market)は、バンコク最大の青空市場であり、観光客にとって必見の場所である。 毎週末、何千もの業者と20万人以上の観光客が、この35エーカーの広大な敷地に押し寄せる。 手作り品や収集品から生きた動物や植物まで、ここでは何でも手に入る。

何を買うか

15,000以上のブースがあり、見て回るには事欠かない。 最も人気のある買い物には、以下のようなものがある:

刺繍が施された織物、シルクのスカーフ、ハンドバッグ、財布などの手作り工芸品。 最良の取引を得るために懸命に値切る。 – 装飾家具、仏像、レトロな玩具などのビンテージ品やアンティーク。 – 新鮮な花、植物、ガーデニング用品。 チャトゥチャックには市内最大級のフラワーマーケットがある。 – ココナッツアイスクリーム、焼きトウモロコシ、新鮮なフルーツのスムージーなど、おいしい屋台料理がショッピングの燃料になる。

訪問のヒント

この訪問を最大限に楽しむために、以下のヒントを覚えておこう:

  • 早い時間帯と週末に限る。 チャトゥチャックは土曜日と日曜日の午前6時から午後6時までしか営業していない。 混雑と暑さを避けるため、開園時間ちょうどに到着する。
  • 動きやすい服装とウォーキングシューズで。 15,000を超える出店が多くのセクションにまたがっており、迷路のように入り組んだ通路を何時間も歩き回ることになる。
  • お得なバーゲン。 最初は高値で取引されることが多いので、最初の提示価格から50~70%引きになるように交渉する。 笑顔でフレンドリーに接し、いい値引きができなければ立ち去ること。
  • 業者用の小額紙幣とペットボトルの水をたくさん持参すること。 すべての屋台でクレジットカードが使えるわけではないので、現金はたくさん用意しておこう。 また、暑い日が続くので、買い物中は水分補給を心がけたい。
  • すべてのセクションを見る 衣服やうんちの部分にソックスを欲張らないこと。 植物園やアートギャラリー、チャトゥチャック公園もチェックして、充実した時間を過ごそう。

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットは、タイの活気ある文化、料理、商業を垣間見ることができる、バンコクの真髄ともいえる観光スポットだ。 この賑やかなバザールを訪れずして、バンコクへの旅は終われない。 一日中、整理されたカオスの中に紛れ込めば、露店の中から隠れた逸品を発見できるに違いない。 楽しい買い物を!

タイ、バーンコック、カオサンロード
タイ、バーンコック、カオサンロード。 By Hmaglione10 – 自作, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=45209448

カオサンロード: 街中のバックパッカー天国

カオサンロードはバンコクのバックパッカーシーンの中心地であり、バンコクを訪れるバジェットトラベラーには必見の場所だ。 バングランプー地区にあるこの象徴的な通りは、夜になると屋台、屋台料理、バー、大勢の旅行者でにぎわう。

ショップ・ティル・ユー・ドロップ

日中のカオサン通りは、漁師のパンツやタンクトップから偽のIDカードや葉巻まで、あらゆるものを売る青空市場に変貌する。 鮮やかなタイシルクのスカーフやハンドメイドのジュエリー、お土産にぴったりな小物などが並んでいる。 最もお得な買い物をするために値切る準備をすること。 市場は1キロメートル以上にも及ぶので、さまざまな屋台を見て回れば何時間でも過ごせる。

地元のように食べる

夜になると、ジュージューと焼ける屋台料理の香りが充満する。 パッタイ、マンゴースティッキーライス、グリルした肉、新鮮なトロピカルフルーツのシェイクなどがある。 冒険好きな人は、バッタ、カイコ、サソリなどの昆虫のフライを試してみよう。 屋台は安いので、5ドル以下でお腹いっぱいになれる。 シンハ・ビールやバケット・カクテルを片手に、群衆に混じってみよう。

パーティーを続けよう

カオサン通りのナイトライフは伝説的だ。 バーでは音楽が鳴り響き、通りでは人々が踊り、揺れ、お祭りの雰囲気に酔いしれる。 他のバックパッカーと知り合ったり、飲み比べゲームをしたり、早朝までバーをはしごしたり。 週末は24時間営業の店もある。 お酒を飲みたい人も、ダンスを楽しみたい人も、新しい友達を作りたい人も、カオサン通りはバンコクで忘れられない夜を過ごせる場所だ。

カオサンロードには、バンコクの自由奔放な精神が凝縮されている。 カオスの中で、志を同じくする旅行者や地元の人々が今この瞬間を受け入れているコミュニティを見つけることができる。 格安バックパッカーにとっては通過儀礼だ。 アムサン・ロードでの一夜を体験せずして、バンコクへの旅は終わらない。

ルンピニ公園、バンコク
バンコク、ルンピニ公園。 By Terence Ong – 自作, CC BY 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2348963

ルンピニ公園:地元の人々と観光客のための都会のオアシス

ルンピンジ公園は、バンコクのコンクリートジャングルの中にある自然のオアシスだ。 80ヘクタールを超えるこの公園は、地元の人々や観光客に都会の喧騒からの逃避を提供している。

美しい周辺環境 ルンフィニ公園は、豊かな緑に囲まれた人工湖など、絵のように美しい風景に満ちている。 公園内には、熱帯ヤシや竹、草花の間を通り抜けるウォーキングやサイクリングのコースがある。 子供たちの遊び場はもちろん、ピクニックやヨガ、太極拳、読書に最適なオープンスペースもある。

人気のアトラクション

公園はエクササイズやレクリエーションの人気スポットとなっている。 ジョギングや犬の散歩、グループ・エクササイズ・クラスを楽しむ地元の人たちをよく見かける。 パドルボートを借りて湖を探検したり、トウモロコシ、マンゴー、ココナッツなどの軽食を売る屋台がたくさん並んでいる。 ルンピニ公園では、特に週末や祝日にコンサートやイベントも開催される。

歓迎される環境

この公園はとてもリラックスした雰囲気で、あらゆるバックグラウンドの人々に開かれている。 子供連れの家族、お年寄り、若いカップルが一緒に楽しんでいる姿を多く見かけるだろう。 バンコク中心部の自然とコミュニティが混在するルンフィンジ公園は、必見の観光地だ。

ルンフィニ公園を訪れれば、都会の喧騒から逃れ、自然環境とコミュニティのオアシスに身を置くことができる。 運動したい人、太陽の下でピクニックを楽しみたい人、南国の緑の中でくつろぎたい人など、ルンピニ公園には誰もが楽しめる何かがある。 この都会のオアシスを訪れずして、バンコクへの旅は終われない。

ヤオワラート通り、バンコク
ヤオワラート通り、バンコク By Ninara from Helsinki, Finland – 4Y1A0775 Bangkok, CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=61352313

チャイナタウン:バンコクの中国文化を体験しよう

チャイナタウンは中国以外で最も古い中国人コミュニティのひとつで、19世紀初頭にバンコクに設立された。 現在は、市場や商店、レストランが立ち並ぶ活気あるエリアとなっている。 曲がりくねった路地を散策し、おいしい屋台料理を味わわずしてバンコク旅行は終われない。

ワット・トライミット訪問

チャイナタウンの中心には、世界最大の純金製の仏像が安置されている仏教寺院、ワートライミットがある。 13世紀のスコータイ様式の像は、5トン近い純金で作られ、高さは3メートルを超える。 寺院への入場は無料だが、黄金の仏陀を見るには少額の拝観料を払う必要がある。

ヤオワラート・ロードのショップ

ヤオワラート通りはチャイナタウンを走る大動脈だ。 金の宝飾品から中国のランテムまで、あらゆるものを売る店が軒を連ねている。 夜になると、麺類や餃子などの中華料理の屋台が並び、通りは活気づく。 焼き肉、イカフライ、新鮮なトロピカルフルーツなどの串焼きを食べながら、通りをぶらぶら歩いてみよう。

SOナナを探索する

ヤオワラートからすぐのSWナナには、キノコやシーフードなどの乾物を売る店が軒を連ねている。 香ばしい匂いとエキゾチックな食材を使った漢方薬の屋台を探してみよう。 サイ・ナナ』では、バンコクの華人コミュニティの日常生活を垣間見ることができる。

道教の神社を訪れる

チャイナタウンには色とりどりの道教の祠が点在している。 最も印象的なのは、龍の装飾が施された入口があるサンペン・レーン・シュライン(Sampeng Lane Shrine)と、バンコクで最も古い道教の祠のひとつであるレン・イー・ア・ラ・シュライン(Leng E,,A la Shrine)だ。 人々が線香を焚き、商売繁盛や幸運を祈る姿を目にするかもしれない。

チャイナタウンは五感の饗宴である。 賑やかな通りや路地をゆっくり散策し、文化的な宝物を発見し、いたるところでおいしい料理に舌鼓を打つ。 ここを訪れれば、バンコクに影響を与え続けている中国について知ることができるだろう。

ワット・アルン:チャオプラヤー川の暁の寺

ワット・アルン、バンコク
バンコクのワット・アルン。 By Diego Delso, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=28363639

暁の寺としても知られるワット・アルンは、バンコクで最も素晴らしい寺院のひとつだ。 チャオプラヤー川の西岸に位置するこの寺院は、その特徴的なプラーン(クメール様式の塔)で有名だ。 高さ70メートルを超える中央プラーンへの急な階段を上ると、川と街のパノラマが広がる。

ワット・アルンは、寺院がライトアップされる日の出と日没の時間帯が特に幻想的だ。 暁の寺という名前は、朝一番の光が寺の表面に反射することに由来する。 寺院を最も魅力的に体験したいなら、夜明け前に到着し、ワット・アルンの背後に昇る朝日を眺める場所を見つけることだ。

境内は毎日午前8時半から午後5時半まで開いており、入場料は50バーツ(約1.5米ドル)。 そこに行くにはいくつかの方法がある:

  • 川下りのボートでタータム桟橋まで行き、そこから寺院まで徒歩約10~15分。 この風光明媚なルートからは、対岸のイークト・アルンを眺めることができる。
  • ター・ティエン桟橋からワット・アルン桟橋まで川を渡るフェリーに乗り、寺院の入口で下船する。 フェリーは頻繁に運航しており、料金は1回3バーツ(0.10米ドル以下)。
  • タクシーかトゥクトゥクに乗り、ワット・アルンまで連れて行ってもらう。 これは最も直接的なオプションだが、ボートで寺院に近づくという体験ができなくなる。

寺院に着いたら、中央プラーンの急な階段を登る用意をしておこう! 登るのは大変だが、パノラマを楽しむ価値はある。 ゆっくりと境内を散策し、雰囲気に浸る。 MIアルンは、忘れがたい印象を残す魔法のような場所だ。 バンコクを訪れたら、この必見スポットをお見逃しなく!

ジム・トンプソン・ハウス
ジム・トンプソン・ハウス 写真提供:D Ramey Logan, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=28070439

ジム・トンプソン・ハウス:熱帯のオアシスと博物館

ジム・トンプソン・ハウスはバンコクの中心にある熱帯のオアシスだ。 伝統的なタイの家屋が立ち並ぶこの屋敷は、かつてアメリカ人建築家でタイのシルク産業の活性化に貢献したシルク商人、ジム・トンプソンの邸宅だった。 現在は、タイの建築と芸術を紹介する博物館であると同時に、バンコクの喧騒から逃れられる安らぎの場所でもある。

手入れの行き届いた敷地内を散策していると、大都会の真ん中にいることを忘れてしまう。 緑豊かなトロピカルガーデンにはヤシの木や色とりどりの花が咲き乱れ、鳥のさえずりが聞こえる。 伝統的なチーク材の家6棟がタイ各地から運ばれ、ここで再び組み立てられた。 美しい木彫りや野外建築など、さまざまな地域の建築様式が見られる。
家屋の中には、ジム・トンプソンが収集した仏像、絵画、工芸品などの東南アジア美術品が展示されている。 タイの芸術と工芸を守るための彼の姿勢は、細部にまで表れている。 また、ジム・トンプソンのバンコクでの生活を垣間見ることができる家々には、私物や本、家具がまるで彼が旅立ったかのように並べられている。

この都会のオアシスを訪れずして、バンコクへの旅は終われない。 ジム・トンプソンの素晴らしい人生や、タイの芸術、文化、建築物についての見識を深めるガイド付きツアーが毎日開かれている。 ツアーの後は、緑と熱帯の池に囲まれた敷地内のレストランやカフェで食事を。 ジム・トンプソン・ハウスは、文化愛好家やバンコクの雑然とした通りから逃れたい人にとって完璧な隠れ家だ。

バンコクのソイ・パッポン
バンコクのソイ・パッポン。 チェーンウィットによる。 – 自作, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=110852986

バンコクのナイトマーケット:グルメ、ショッピング、ナイトライフのホットスポット

バンコクは活気あるナイトライフで知られ、ナイトマーケットはその大きな部分を占めている。 これらの青空市場は、夕方までショッピングや食事、歓談が楽しめる人気のスポットだ。 バンコクで必見のナイトマーケットをいくつか紹介しよう:

パッポンク夜市

バンコクで最も有名なナイトマーケットのひとつ、パッポンクはいつも活気に満ちている。 時計、衣料品、電化製品、土産物など、偽造品が山ほどある。 この歓楽街には、オープンエアのバーやゴーゴーバー、ストリップクラブがある。 たとえ参加しなくても、目を見開かされるような体験だ。

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット

週末しか開いていないが、チャトゥチャック市場は世界最大級の市場である。 15,000を超える露店やショップが、衣類やアクセサリーからアート、書籍、生きた動物まで、あらゆるものを販売している。 マーケットにはお祭りムードが漂い、いたるところに食べ物や飲み物の選択肢がある。 とても人気があるので、早めに行って大混雑を覚悟しておこう。 丸一日かけても飽きることはないだろう。

アジアティーク・ザ・リバーフロント

より高級なナイトマーケットであるアジアティークには、川沿いの楽しく賑やかな雰囲気がある。 1,500以上のブティックと40のレストランがあり、ライブミュージックやイベントも開催される。 質の高いタイの工芸品、衣類、土産物を見つけることができる。 リバー・タクシーに乗って、その魅力を存分に味わってほしい。 毎日午後5時から深夜まで営業。

サイアム・ナイト・マーケット

BTSサイアム駅の近くにあるサイアムナイトマーケットは、安い食事、ショッピング、人間観察に最適なスポットだ。 衣料品、土産物、荷物、電化製品などの商品をバーゲンで見つけ、お腹が空いたら、パッタイ、クレープ、ケバブ、ワッフルなど、タイや世界の屋台料理から選ぼう。 カジュアルで混沌としていて、バンコクらしい。 毎日午後6時から深夜0時まで営業
多くの選択肢がある中で、どのバンコクのナイトマーケットを最初に探索するか決めるのが一番難しいだろう! ゆっくりと、エキサイティングな雰囲気を楽しもう。 きっとあなたの興味を引くものが見つかり、何年も語り継がれる思い出に残る体験ができるはずだ。

これでバンコクの必見スポットのインサイダーガイドを手に入れたことになる。 きらびやかな寺院から水上マーケットまで、バンコクは旅程を埋めるアトラクションに事欠かない。 唯一の難関は、この対照的な活気に満ちた街で何を見るべきかを絞り込むことだろう。 バンコクを初めて訪れる人にも、何度も訪れている人にも、バンコクはいつも新しい驚きを与えてくれる。 さあ、外に出て、この都市が提供するすべての驚異を探検し始めよう。 おいしい料理、フレンドリーな人々、忘れられない光景は、旅立った後もずっと心に残るだろう。 バンコクのいろいろな面を発見して楽しんでください! 他にもリストに加えるべき隠れた名店を発見したら教えてほしい。

タグ付き:
この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です